マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


デコボココンビはいつの時代も 『POWERS OF TWO』

d0026378_20320258.jpg


(コンビになると何倍ものパワーになる2人っているよナー、というのを研究したらしい、『POWERS OF TWO』。申し訳ないことにまだ読めていないけど、レノン+マッカートニーも出てくるそうだし、「人はなぜチームを作るのか」に以前から関心あるので、何とか手にしたい。英治出版から税込2,484円で発売中)

ドン・キホーテとサンチョ・パンサのように、デコボココンビ、でも息はピッタリな2人組は必ずいるものみたい。

ーーというより、何かがうまくいくのはそういうコンビが出来たときのように思える。レノン+マッカートニーしかり、ジブリの宮崎駿+鈴木敏夫しかり。

自分の周辺でも、そう言えば、という例がいくらも見つかる。両極端な2人だけれど、コンビになるとパワーが一気に増す、みたいな。

で、たまたま面白そうだと思って手に取った書籍を見ると、ありゃ、序文が夏目漱石さん。

ソーセキ先生は序文の類はまず書かないイメージあるだけに、これは珍しい、なんでだろうーーと読み進めたら、漱石を朝日新聞に迎えた人だった。

夏目先生が新聞小説家として朝日と契約したことは知ってるし、また、悩みに悩んで決断したとも聞いてるけど、決心した大きな理由が当時主筆を務めていた池辺さんとのこと。

その池辺さんは豪放磊落を地で行く西郷隆盛みたいな人だったそう。その人物に接して非常に安心した、なんてことが序文に書いてある。

漱石さんの方は神経過敏、胃弱の話はしょっちゅう出てくるし、仕方なく行ったロンドンでも大いに調子を崩してる。

でも一方で、弟子たちには(その欠点を含めて)愛されているし、そりゃ神経質だったろうけど、それ以上に「器の大きい」人だったんだろうなーと。

そういうピリピリした漱石さんが、西郷ばりの池辺さんに出会って安心した、というので、ウーン、こんなところにも名コンビがいたのか、なんて。

そもそもの西郷さんにしても、相棒は瘦せぎす長身の大久保利通だし、なんでこう「真反対のふたり」がセットなんだろう。

その辺りをPOWERS OF TWOで知りたいのだけど、ザンネン、まだそのタイミングがやってこない。

いくら真反対のふたりと言っても、狙ってできるわけではないのが名コンビの難しいところ。その辺もフォローされてると嬉しいんだけど。

[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-22 12:00 | Comments(0)

これは武術の達人の域! マンガ家つばなさんの脱力‼︎!

d0026378_10450345.jpg

(「七女」こと『第七女子会彷徨』など、独特の作風をつらぬくマンガ家のつばなさん。石黒正数さんの作品を読み始めたあたりで、つばな、平尾アウリ、という名前を同時に知ったような。平尾アウリさんの言語感覚もスゴイけど、つばなさんは脱力の脱力という気がする。徳間書店から全10巻で発売中。Kindle版はよりお求めやすいとのこと)

中島敦の短編に弓矢の名人が出て来るのがあったけど、なんか東洋武術は極めていく過程でドンドン力を抜いてく雰囲気ある。

何年前だったか、伊集院光さんのラジオで「ふつう」というコーナーあり。面白いことじゃなくて普通のことを言うという内容。

オモシロを目指す人が何年かに一度ハマるポイントらしいけど、幸いにしてオモシロ目指し方面ではないので、リスナーとしては大変オモシロかった。「ライオンには近づくな」とか( ´ ▽ ` )ノ

脱力したことって、むしろ言うのが難しいと思うようになったけど、この道の達人がマンガ家のつばなさん。

「お湯おいしい」というツイートを見たときは震えたな♪( ´▽`)。それ、わざわざ言うこと?!と。

今回さらにそれを超えて「水おいしい」も登場。酔拳の達人が酔っ払いながら相手をなぎ倒していく感じ。修行の成果なのか、単に酔っ払ってるのがうまくいってるだけかは見分けがつかないけど、みたいな( ´ ▽ ` )ノ

一年くらい前かな?「自分の目にとまるコトバ」をメモるようにしてたんだけど、ナルホド、自分のアンテナはこの辺に反応するのか、というリサーチ目的だったけど、つばなさんのツイートもその時に見つけたんだよなー。

例のボールを投げて捕まえるのが流行った時には「オフトンGO」とか(^∇^)。むしろ言えない!という境地だな、これは。七女でも「席とっチャイナ」「これくだチャイナ」とかあったし( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-15 12:00 | Comments(0)

京都の「キタロー」が良い感じ♪( ´▽`)

d0026378_21135474.jpg

(「食わず嫌い」の最たるものが日本思想。福田恆存さんは愛読、長谷川如是閑さんも飄々としたところを好んでいたけど、それ以外では人名がスッと出てこないもの。でも「今までやってないことやる」ブームで西田さんに触れたら大変良かった。岩波文庫はじめ刊本多数)

妖怪アンテナの方でもなく、3人でコントをやる方でもなく、「京都のキタロー」と言えば「西田幾多郎」(いま考えた(´∀`))。

名前に「梅」がつくエライ人が京都にたくさんいたようだけど、「西洋コジキ」(©︎西脇順三郎)のスタンスで来てしまったので、どうにも食指が伸びなかった。申し訳なし。

ただ最近は哲学思想の方が面白くなり、その結果、キリッとした顔のキタローさんに興味が湧いて来た。

で、たまたま手に取ったらこれが面白いのなんの。カント哲学をやった人らしいけど、その辺のバックグラウンドあると、割に入っていきやすい。

京都のキタローさんは大正時代に活躍してたようで、まだ定訳が決まらない用語にはいちいちドイツ語の原綴りを振ってくれてるのもありがたい。

最近は哲学思想と経済学が二大関心になってしまったけど、「ものの考え方」は色んなところに影響与えてるから、ヒョイとしたところで接点見つかるのが楽しいところ。

先日とりあげた統計学のトマス・ベイズさん、予感的中で1702年イギリス生まれの人だった。やっぱり「経験論」のジョンロックと同時代人!

色んな分野に首を突っ込んでると、そういう「おや、ここにも」という発見が多くなって来て嬉しいな( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-13 12:00 | Comments(0)

著者名がツライ! チクセントミハイ『FLOW』

d0026378_18031116.jpg

(「集中力が高まって没頭した状態」という意味の「フロー」。教育心理学とかでちょいちょい聞くようになった言葉だけど、フローの言いやすさに反して、著者名がミハイ・チクセントミハイという東洋人には困難な読み方。仕方がないので「竹善」「富杯」という風に和風にして無理やり覚えました( ´ ▽ ` )ノ)

チクセントミハイという明らかに東欧系の心理学者の仕事が気になってきた。

音楽や絵画に没頭して時間を忘れる、みたいなことだけど、あれをちゃんと体系的に扱おうや、という。

プロダクトデザインの分野でもしばしば言及されるので、ご本家がどんな話をしてるかは確認したいと思います(^∇^)
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-11 17:57 | Comments(0)

「◯◯統計」は「確率のピカレスクロマン」?

d0026378_23250415.jpg

(大きな情報がどうした、というのをよく耳にするこの頃。ちょうど数学の学習もしてるところだし、昔からなぜか確率だけは得意[*まだマシの意]だったので、どれどれと見ていくうちに、ヘンリー・フィールディングの傑作小説『トム・ジョーンズ』を思い出した。朱牟田夏雄さん訳の岩波文庫は超超オススメ)

「風が吹けば桶屋が儲かる」セオリーと何か通じるものを覚える、大きな情報がどうのこうの。

天邪鬼なので、流行りものにはあまり関心なかったのが、数学を学ぶうちにラプラースとか、ゲーム理論とか、そっちの方にも馴染みができるように。

で、ラプラースさんじゃない方の流派をポツポツ調べ始めると、おや、これは「イギリスの17〜18世紀」と関係がありそうだぞ、という気がしてくる。

この辺り、タカヤマ学派お馴染みの「ディスコース」というアレ。旅をしながらロンドンを目指すというピカレスクロマン。「旅もの」の小説がやたら流行ったのが18世紀という。

で、そんなことはなーんにも知らなかったころ、読んでただただオモシロイと感激したのが、ヘンリー・フィールディングの『トム・ジョーンズ』。岩波文庫では「ジョウンズ」になってた気が。

朱牟田夏雄さんの訳で読んで感激し、その後ぶ厚い原書を読破して、それ以来原文で本を読むのが楽しみになったようなもの。実際、それくらい冗談満載で楽しい一冊だった。

で、その後に哲学思想の方に行くと、イギリスの18世紀は「確からしさ」をテーマにしてたと見えてくる。ジョン・ロックさんのも「ascertain」という表現がやたら出てくるし。

道の向こうから「人影」がやってくる、どんな人かはわからない、近づいてきたら「服装」が見えた、商人のようだ、話しかけたら「ロンドンに店をかまえるXXさん」とわかるーー

ハッキリしないものが旅をしながら確実になっていくのを、ムツカシイ言葉で「蓋然性」とあらわすそうだけど、こういうのが大変に流行してた世紀の由。

だから18世紀の作品や思想には、probable, certain,といったワードがやたら出てくるのだな、ナルホド、なんて。

以上のまんまのことを、なぜか「統計学」をやっていて感じた次第。ラプラースさんじゃない方の流派は、「向こうからやってくる誰かさん」を統計学にアレンジしたものみたい。

どんな人か段々わかってくるにつれて内容も変わっていくというのは、『トム・ジョーンズ』と一緒じゃない?という。ジョン・ロックでもいいんだけど。

いま手にしているものには伝記的な情報はないのでまだわからないけど、ロックの同時代人だったりしたら笑うなー。自分のカンとしては、それこそ「確実」なものなんだけど♪( ´▽`)。
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-07 12:00 | Comments(0)

必要なのは「正規表現」! プログラム武者修行

d0026378_00265567.jpg

(「正規表現」というワード自体はどっかで聞き覚えあったけど、実際の運用方法を見ていたら「自分に必要なのはコレだ!」と直感する。しかし、表題がMasteringなのはいいとしても、値段もマスター並みなのはどうなのよ、という気分に。価格は50ドル弱。゚(゚´Д`゚)゚。)

「別に作りたいモノがない」と気づいてしまった後のプログラミング学習はなかなか入り口を見つけづらい。やろうかなというものが、まんまフリーソフトになってたりするし。

せっかくの機会だからと、アリス物語に出てくる怪獣や、リンゴのスイスイ素早いや、赤い宝石なんかの解説書を見ても、今ひとつピンと来ないでいた。

が、そういう参考書の中に「正規表現」というのを見つけ、「コレだ!」と感じる。作るでもない、言語でコーディングでもない、自分に必要なピコピコ要素はコレだよ!と。

データの中から必要な情報だけ取り出す際、「こんな風に取り出すからよろしく」と事細かに指定することもできるけど、「正規表現」を使えば一行で済んだりする。

要は、コレとコレとコレを、アレとアレで拾ってね、という指定をするのが「正規表現」みたい。合ってるかわからないけど、自分的にはそう( ´ ▽ ` )ノ

で、その正規表現の考え方は、「取り出したい情報をどーやってふるいにかけるか」ということだから、発想的にはまさにプログラミングの根本の部分。

山本貴光さんや平山尚さんのプログラミング本では、言語や技術の前の前、「人間の発想を、人間じゃないピコピコにどんな風にやらせるか」というのがキモになっていた。

個別の言語や技術を扱ったものにも良書はあるけど、その根本の発想からフォローしてるものは少ない。それはもう「分かってるでしょ」というところからスタートしてる雰囲気。専門書だから当然のことだとも思うけど。

ただ一方で、最初の発想が置き去りにされていていいのかな、という気もする。何にもない時代なら嫌でも基礎から身につくだろうけど、「なんでもある」現在、ピコピコの性能も桁違いだからこそ、いっちばんキホンをやった方がいいのでは、なんて。

ピコピコ関係は、詳しい人と詳しくない人の差があまりに大きく、歩み寄りの意識を持って前向きに善処して行きたい、と言ってるだけではどうにも、と。

あまりに落差が大きいと、そこを埋めるところからスタートしなきゃいけないので、双方の労力がトンデモない。ごくわずかの人だけがピコピコ使う時代ならともかく、使う人の数は桁外れに大きくなってるわけだから。

その間に橋をかけるものはないんかね、と常々思ってきたので、「正規表現」はある種のパズルとしても楽しみになる気がする。ソフトウェアを作らないまでも、必要な情報だけ取り出したい、ってことはあるから。

ーーそんな次第で正規表現やろう!と思ったけど、詳しい人にとっても有用な知識なのと、その割に個別の言語ほど需要ないせいか、参考書がワーオというお値段。画像の方ではMasteringと凄そうだから、凄くないのを探すあたりからがスタートかな。
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-05 12:00 | Comments(0)

「難しい」を「小分け」にするのが大事みたい、でもそれがタイヘン!

d0026378_10580376.jpg

(「小分けスキル」の連想で、「味ごのみ」を思い出す^_^ でもよくよく考えたら柿の種は食べても味ごのみを選んだことない気がしてきた。)

方々で色んな話を読んだり聞いたりしてまとめると、「難しい」を「小分け」にできるかどうかがキモに思えてきた。

プロダクトデザイナーさんのインタビューに目を通すと、多くの方が「小さい頃はモノを分解して遊んでました」というエピソードを話される。

『ガンダム』でメカニックデザインを手がけた大河原さんもその趣味の持ち主だったし、また仕事場の一部は「工場」として、色んな工具が据え付けられているという。

その他、大工さんでも超のつく優秀なプログラマさんでも、やはり同様の趣味があったようだ。庵野秀明カントクは「パチンコ台の『裏側』を眺めるのが好きだった」由。

で、冒頭に戻るんだけど、機械や道具を分解するのはいいとして、「機械でも道具でもないもの」を小分けにするにはどうしたらいいんだろう。

どうもこの、「小分けにする」「分けたものをカテゴライズする」「それぞれに優先順位をつける」というのが、相当に高度なスキルを要する雰囲気。

最近「スキマ時間を使ってキャリアアップ!」的なフレーズをよく耳にするけど、「スキマ時間で出来ること」に「細分化」するのがタイヘンみたい。

何で読んだか忘れてしまったのが残念だけど、この「味ごのみ6パック」みたいな小分けスキルがない場合、「全部いっぺんにやれる時間を確保してからやろう」と思うそうな。

例えばトータル3時間かかる内容の場合、「3時間まるっと確保できたら」初めて着手できる、みたいな。でもなかなかそんなタイミングないし。

で、小分けスキルの場合、3時間=60×3=180分と計算して、やることを分割。Aは10分で出来るから移動中にやろう、Bは30分かかるからあの待ち時間に、Cはそもそも後回しでいいや、なんて風に。

ところが人間のやることは、そもそも曖昧なので、機械と同じように分解するわけにはいかない。機械の分解だって工具と知識が必要だし。

仮に小分けにできたとしても、それにどう「優先順位をつけるか」がまた難題。優先順位というと堅苦しいけど、「やり始める順番」みたいなことか。

で、小分けアンド順番がつけられないと、「全部がいっぺんに片付く、『逆転満塁サヨナラホームラン』が欲しい!」となる様子。

で、どうにもホームランが打てそうにないと見えてくると、「野球はやめてサッカーにします!」と、別な種目に行っちゃう。

でも確かに、「なんで手順に『順番』をつけられるのかな?」とは思う。だって優先順位って、ムズカシイ〜フツウ〜カンタンを、「やってみる前に」推測できなくてはいけないでしょ。

しかもムズカシイ〜カンタンと感じる内容も、「人によって異なる」から、AさんにはカンタンなこともBさんにはムズカシイし、その逆も然り。

「心理学」と名のつく分野では、とにかく「メタ認知」が大事みたい。「自分のことを外から『客観的に眺める』能力」と言われてるけど。

またこの「客観的」というのがクセモノで、内実と大きくかけ離れてちゃいけないよ、と。オレ様ちゃんもいけないし、シンジ君的な態度もアウトという。

さてではどうするか、というと、どうにもならないな( ´ ▽ ` )ノ。ただこうやって「なんでかなー」をまとめておくと、別な人から「こうかなー」が返ってくる場合あるので、それをヒントにしてやってくほかなし(^∇^)
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-02 12:01 | Comments(0)

キテるネーミング! 平尾アウリ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』

d0026378_16123074.jpg

(端正な絵柄と真逆ベクトルを行く、キテるネーミングセンスを持つ稀有のマンガ家・平尾アウリさん。『推しが武道館いってくれたら死ぬ』とか、『青春の光となんか』など、言葉づかいに言いしれぬセンスを感じる)

マジメな話が比較的続いてしまったので、たまにはマンガも読みたいな、という話。

しかしなまじ絵を描くようになった分、マンガの方が熱心に読み込むので、活字の単行本より時間がかかるという不可思議な現状( ´ ▽ ` )ノ

以前から気になっているマンガ家として、平尾アウリさんがいるけど、新作とばかり思っていた『推しが武道館いってくれたら死ぬ』も、え?! もう3巻が出てる?

平尾アウリさん、絵柄もいいけど、ギャグセンスたまらないものがある。愛読してた『OとKのあいだ』でも、どシリアスな展開か?というところにちょいちょい笑いの成分が放り込まれる。

独特なマンガを描かれるつばなさんも、「お湯おいしい」とかツイートしてたり( ´ ▽ ` )ノ。それ、言う必要なくない?!というところまで力を抜けるのがスゴイ。「オフトンGO」とか♪( ´▽`)

敬愛するマンガ家のとよ田みのるさんもボチボチ商業誌での連載をスタートされるのかな、という雰囲気なので、もうちょっとマンガを熱心に読みたいです。
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-07-01 12:01 | Comments(0)

アルベール・カミュの師匠、ジャン・グルニエ

d0026378_11042923.jpg

(あちらの友人から「オミヤゲ」として手渡された、ジャン・グルニエのエッセイ。アルベール・カミュの師匠なんだよ、と教えてもらう。ロジェ・グルニエは知ってたけど、ジャンの方のグルニエさんは知らなかった。)

アルベール・カミュの師匠筋として、Jean Grenierさんの本を手渡される。カミュはフランス語に入門した際、児童書の次として勧められたんだっけ。L'Étrangerだったかな。全編複合過去で書かれたやつ。

その後、吉増剛造さんと羽生善治さんの対談にカミュの『シーシュポスの神話』が取り上げられてて、またそれからしばらく経って目を通す必要あり、そっちも読んだんだった。

『シーシュポスの神話』はいまだに印象に残る作品で、カミュはすごい作家だな、と敬愛の念を持っている。顔もカッコイイ♪( ´▽`)

*カミュと同時代人のサルトルには親近感を持てずにいるけど、これもその辺が理由かな

で、お師匠さんのことは全くかすりもしてないので、自分にとっては完全に未知の作家。どんな人なんだろ、と思ってたら、序文はカミュさんが書いてるのな。

またそれがいいんだ。アルジェリア生まれのカミュ青年がたまたま手にしたグルニエの一冊で陶然。それまでも考えてはいたが、この一冊がキッカケで作家として立つ覚悟を決めた、云々。

でまた、青年時代の熱狂的な憧れがスタートだから、グルニエさんともしっくり行かなくなった気配あり、そうした回想にはグッと来ますなぁ。

このLes Îles、オリジナルは1933年に世に出ているそうな。ウルフやエリオット、ジョイスといった「モダニズム」の時代とも重なってるけど、そういやその時期のフランス作家は意識しなかったかも。

一時期愛読したヌーヴォー・ロマンの作品群は、1940〜1950年代に書かれたのじゃなかったか。そうすると、ヌーヴォー・ロマンの一歩手前で、モダニズムのちょっとあと、みたいな。

貰った手前もあるので、ちゃんと楽しんで読みたいなと思います( ´ ▽ ` )ノ。カミュさんはアルジェリア生まれだけど、グルニエさんもフランス語圏のどっかなのかな?
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-06-30 12:01 | Comments(0)

打たれ強さ≒「レジリエンス」が気になる

d0026378_19535430.jpg

(「心が折れやすい」というキーワードを聞いて、おや、何か大事なことが含まれてる気がするーーと、めぼしいところを漁ってたら「レジリエンス」に辿り着く。ワードとしては知ってたので、自分の脳内Googleに何か引っかかったのはこういう理由か。レジリエンスというより、「打たれ強さ」みたいな切り口も多いみたい)

先日、話の弾みで聞こえてきた「心が折れやすい」云々というエピソード。鬼太郎の妖怪アンテナよろしくピーン!と来るものがあり、その理由は「レジリエンス」にあったみたい。

勇気がどうしたとか、精神がいっぱいなこととか、最近やたらと心理学系のキーワードを耳にするけど、レジリエンスもその一つ。

『齋藤英和』を引いてみたら、「反撥、反撥力」「(機械)彈復動」「元氣、快活」なんて語義が紹介されてる。マンガ版『風の谷のナウシカ』で知った「弾性」ということかな。

ゴムボールをぎゅっと握ると、また元に戻るという、あんなイメージ。実際、レジリエンスの関係資料に目を通すと、「不撓不屈の精神」みたいな大げさなものでなく、「ヘコタレても回復できる能力」と解説されてる。

ヘコタレ時には文章化して整理する、運動をする、音楽を聴く、などの手法があるよーーと、どれも敷居の低い感じ。特別なものではないとも言えるかも。

ただこれ、レジリエンスを必要としてる人が身につけるのはいいとして、「レジリエンスが必要な『自分以外の人』」に対するアプローチなんてあるんだろうか。

結局、冒頭の話はそれがカギになっていて、レジリエンスがないと本人も困るけど、受け身が取れないとその余波が周囲にも及んでしまうという。

ーーなもんで、レジリエンスを「第三者に対して導入する」なんて出来るのかな、あるとすれば知りたい、と思ったのが脳内Googleさんの直感だったみたい。

「受け身」と言ったけど、レジリエンスもそんな「身体的な感覚」なんじゃないかなー。自転車に乗るのを言葉では説明しづらいように、レジリエンスの説明を聞いて、それで身につくものでもないような。

という疑問というか、ここを掘ってくと何か出て来るぞ、という山師的な予感もあり、合間合間にチェックはしていきたい。
[PR]
# by ulyssesjoycean | 2017-06-28 12:00 | Comments(0)