マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アニメ夜話は、また収録してるらしい。(いしかわじゅん)

唐沢俊一氏が、裏モノ日記で、

文字で語るとき とテレビのトーク番組で語るときとでは論というものは性質がまるで違ってくる。テ レビの場合、限られた時間内でこの線に沿って話を盛り上げるという演出上、まず語 ることありきで、データは補助線の役割。今回はとにかく、この補助線上で語るよ、 というワク決めでしかない(しかなくもないが、まあ、しかない)。そこがテレビの 限界であり、また、テレビならではの視点が出て面白くなってくるところでもあるん である。唐沢俊一 裏モノ日記 6月7日)

「BSアニメ夜話」についてのコメント。こういうタレントならざる人の「テレビ」視点が面白い。そういえば夏目房之介氏も

テレビ的につくられる人格をそのまま信じもしないし、それが本人とまったくちがうとも思わない。両方とも、その人なのである。(中略) 漱石が千円札になった1980年代、僕がマスメディアで「漱石の孫」を演じることに、いわば「あらたな人格」をつくっていく面白ささえみいだすことができる気がしたのは、つまりそういうことだ。むろん、過剰な露出と演出は自分の輪郭をどんどん溶かしてしまうので、うまく制御しないと精神的にアブナくなるが(夏目房之介 漱石の孫 p78)

d0026378_20551137.jpg


なーんてつらつら引用してきましたが、とうとう「いしかわじゅん」氏のHP上に、
アニメ夜話は、また収録してるらしい。
はたして、本家マンガ夜話(シロクマ注1)は消滅してないだろうか。

やっぱり終わったんじゃないっすかね。「視聴者が見たいもの」「出演者がやりたいもの」との乖離がはっきりし、番組の長期化による定型化とモチベーションの低下が拍車をかけた、ということでしょうが、「終わってしまった」というのも一つの言い方であって「マンガ夜話はその役目を果たした」という言い方もできるはずで、少女マンガと少年マンガの「文法」の違い、なんて、そもそも「マンガの文法」というような言い回しが定着し、使えるようになったのは、マンガにまつわる印象批評を脱却する大きな一歩だったのではないでしょうか。「終わった」と言って私小説的な愚痴を並べるより、功績を讃えた方が生産的な気がする、ということにして逃げておく。

注:マンガ夜話(まんがやわ)。NHKBSが誇る日本一の教養番組、であるかどうかは知らないが、「ただ読んでいた」マンガに「なんとなくではない」読み方を、書き手側から発信してくれる唯一のテレビ番組ではあったわけで、この番組によって夏目房之介・いしかわじゅん・岡田斗司夫の名前が記憶に残り、その後のマンガ論の土台を作った、というかマンガ論なんてものの存在を認めた、などというのは少々口幅ったいが、事実そうである点は大いに評価できるが、こういう番組に対していまだに「批評なんてものは必要ない」という意見が散見されるのは困ったもの(存在を否定しちゃあいかんよな)。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-06-21 20:39 | 駄文 | Comments(0)
<< 天主さまをお助けください(Sa... ふーかは足ふといな!(よつばと) >>