マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


高山宏セレクション、フレッチャー『アレゴリー』は4/29発売予定!

d0026378_17503946.png
(ロザリー・コリーの『パラドクシア・エピデミカ』と並び、前々から名著と名前の上がっていたアンガス・フレッチャーの『アレゴリー』。白水社のPR誌を読んでて、おおついに!と思っちゃった。4/29日に白水社から税込8,208円にて発売予定)

白水社の「高山宏セレクション」、次は『アレゴリー』みたい。ロザリー・コリーとほとんどセットで語られてた印象あるので、感慨深いものが。

表紙の絵柄、オディオン・ルドンだと思うけど、これ、アレゴリーとどういう関係にあるのだろう。押見修造さんのマンガ『惡の華』にもドドーンとモチーフとして使われてたけど、ルドンのこと、そういえばサッパリ知らない。

本体そのものは勿論として、「訳者あとがき」を楽しみにしてるんだけど、担当した伊藤誓さんはどんな文章を綴るのかな。すでにフレッチャー作品は複数手掛けてるけど、刊行する今、どんなことを感じてらっしゃるのか。

なんにしても、今月末には店頭に並ぶのだろうから、原書も相当なボリュームだったけど、翻訳書もどんな迫力なのか眺めてみたいところ( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
by ulyssesjoycean | 2017-04-16 12:04 | Comments(5)
Commented by 右往左往 at 2017-05-25 12:03 x
どうも度々お邪魔してすみません・・・。フレッチャー「アレゴリー」第五章のサブタイトルに「ピクチャレスク」とあったので思わず買ってしまいました。表紙のルドンの絵は中の図版に載っていましたね。私は出版社の内部事情は全然知らない者なのですが・・まだ日本語版の出ていない(出版社都合?)スタフォードの未訳の本もこの異貌の人文学シリーズから出せたりしないのでしょうかね??
Commented by ulyssesjoycean at 2017-05-25 12:53
>右往左往さん

コメントありがとうございます\(^o^)/

>スタフォード、異貌の人文学シリーズから

ああ〜、スタフォードの未訳作品というと、『エコー・オブジェクツ』『フィールドガイド〜』(編著)『象徴と神話』の3作品があるなと思い至りました。

『ボディ・クリティシズム』以外は全て産業図書から出版されているので、そちらで版権取得などの権利関係もされているのかもしれません(*あくまで推測です)。

翻訳もそうですが、スタフォード自身の新著も無沙汰が続いているので、待ち遠しく思っていたりします。
Commented by 右往左往 at 2017-05-26 11:13 x
早速お答えいただいて有難うございます・・。オルフィックヴォイスやパラドクシア~等の翻訳、アナウンスされてから出版されるまで数十年掛かっているので高山ファン(の特に年配の人達)はちょっと心配しているのだと思います・・。
本来ならボディ・クリ、アートフル等主著を優先して次々翻訳出して頂いた(特に2000代に入ってから)だけでもかなり有難い事なのだと思いますが・・。
産業図書さんに関しては出版されている人文系、哲学系の本のラインナップを見る限り間違いなく最高の出版社だと思いますが・・色々条件整えて満を持しての出版という事なのかもしれませんね(千両"訳"者でない場合が多すぎる等と高山さんもどこかで書いておられましたが)。楽しみは後に取っておいた方が良いということでしょうかね・・学魔先生には長生きしてもらいましょう・・。まあEcho ObjectsとSymbol&Mythは既に原著を購入しましたが、やはり高山語で読みたいですし・・(というか原著読みにくい英語なので・・)。長文失礼しました。。
Commented by 右往左往 at 2017-05-26 11:17 x
度々すいません・・訂正です。
×2000代→〇2000年代
Commented by ulyssesjoycean at 2017-05-26 12:21
>右往左往さん

コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

>原著、読みにくい英語

スタフォードさんはアレもコレも一文に詰め込まれるので、読むときはこちらも気合を入れます(^∇^)。

スタフォードさん関連の情報あったら、このブログでも引き続きフォローしていきたいです。
<< この人が気になる! ドイツを統... 食えないオジサン、エドマンド・... >>