マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


こんなところにも「History of Ideas」? 科学史家アーサー・I・ミラー

d0026378_23082195.jpg

(そろそろシツコイと言われそうなプロダクトデザイン学習だけれども、ヘンリ・ペドロスキさんの「参考文献一覧」を辿ってたら、このアーサー・I・ミラーさんに辿り着く。版元が「MIT出版局」と聞いただけでワクワクしてしまった( ´ ▽ ` )ノ)

新しい分野の学習を始めると、「これは!」という書き手が見つかるもの。で、そういう人は「この次はこれがいいよ」というのを「参考文献一覧」に記してくれている。

そこから、『技術者の心眼』へ行き、さらにその巻末の参考文献一覧に名前が載ってたのがこのアーサー・I・ミラー。科学史家なのかな?

取り敢えず序文だけでも、とページをめくったら、「History of ideas」の文字が出てきたのでビックリ。ええっ、この人も?!みたいな。
That is the manner in which my essays often end, and that is the way it should be when the history of science is defined broadly enough to be considered part of the history of ideas.

(Arthur I. Miller, "Imagery in Scientific Thought", p. xii, MIT Press, 1986.)

実は先端を行く技術者ほど、視覚的な思考を大事にしている、数値だけを信じて現場や現物を見にいかないのは技術者として大きな欠落を抱えるーー

という風に『技術者の心眼』に書いてあったので、まさにそのまんまのタイトルを執筆してるな、ミラーさん、お、版元がMITだ、なんてのが読んでみようかと思った理由。

まさかそこに「ヒストリー・オブ・アイディアズ」が出てくるとは!という驚き。なんだかお釈迦様の手のひらで踊らされてる孫悟空の気持ちがしないでもないでもない(どっちだ^_^)。

もちろん、History of ideasを一般名詞として使ってる可能性も高いけど、物理学の先人をビジュアルから読み解くなんて手法は、「観念史派」くさいアプローチだよなぁ。

そうそう、前々から気になってたアンリ・ポアンカレさん、この人の学生時代のスケッチもおさめられてた。これがクソうまい。

リアルとか克明に描くスタイルではないけど、フリーハンドでこれだけ迷いない線が描けるということは只者でない。正方形をフリーハンドで描けば分かるけど、だいたい途切れたりハミ出たりするもの。

ポアンカレさん、たしか相当な近眼だったはずだけど。この画力はどこで身につけたんかな。それを言っちゃえば、ポール・ヴァレリーも絵がクソうまいから、フランス的な「一般教養」なんだろうか。

取り敢えず、劇作家の方でないアーサー・ミラーさんが観念史派なのか、注意しながら読んで見たいと思います( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
by ulyssesjoycean | 2017-06-27 12:00 | Comments(0)
<< 打たれ強さ≒「レジリエンス」が... コヤツ、何者⁈ 心理学者マイケ... >>