マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


打たれ強さ≒「レジリエンス」が気になる

d0026378_19535430.jpg

(「心が折れやすい」というキーワードを聞いて、おや、何か大事なことが含まれてる気がするーーと、めぼしいところを漁ってたら「レジリエンス」に辿り着く。ワードとしては知ってたので、自分の脳内Googleに何か引っかかったのはこういう理由か。レジリエンスというより、「打たれ強さ」みたいな切り口も多いみたい)

先日、話の弾みで聞こえてきた「心が折れやすい」云々というエピソード。鬼太郎の妖怪アンテナよろしくピーン!と来るものがあり、その理由は「レジリエンス」にあったみたい。

勇気がどうしたとか、精神がいっぱいなこととか、最近やたらと心理学系のキーワードを耳にするけど、レジリエンスもその一つ。

『齋藤英和』を引いてみたら、「反撥、反撥力」「(機械)彈復動」「元氣、快活」なんて語義が紹介されてる。マンガ版『風の谷のナウシカ』で知った「弾性」ということかな。

ゴムボールをぎゅっと握ると、また元に戻るという、あんなイメージ。実際、レジリエンスの関係資料に目を通すと、「不撓不屈の精神」みたいな大げさなものでなく、「ヘコタレても回復できる能力」と解説されてる。

ヘコタレ時には文章化して整理する、運動をする、音楽を聴く、などの手法があるよーーと、どれも敷居の低い感じ。特別なものではないとも言えるかも。

ただこれ、レジリエンスを必要としてる人が身につけるのはいいとして、「レジリエンスが必要な『自分以外の人』」に対するアプローチなんてあるんだろうか。

結局、冒頭の話はそれがカギになっていて、レジリエンスがないと本人も困るけど、受け身が取れないとその余波が周囲にも及んでしまうという。

ーーなもんで、レジリエンスを「第三者に対して導入する」なんて出来るのかな、あるとすれば知りたい、と思ったのが脳内Googleさんの直感だったみたい。

「受け身」と言ったけど、レジリエンスもそんな「身体的な感覚」なんじゃないかなー。自転車に乗るのを言葉では説明しづらいように、レジリエンスの説明を聞いて、それで身につくものでもないような。

という疑問というか、ここを掘ってくと何か出て来るぞ、という山師的な予感もあり、合間合間にチェックはしていきたい。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2017-06-28 12:00 | Comments(0)
<< アルベール・カミュの師匠、ジャ... こんなところにも「Histor... >>