マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017は赤さんマンガ大豊作! 吉川景都さんの『子育てビフォーアフター』が面白い!

d0026378_23380244.jpg
(買って大正解! 吉川景都さんの『こそだてビフォーアフター』。それまでと180度違う行動を取ってしまう著者自身の冷静なツッコミに笑う。購入してから再三再読してるなー。)

とよ田みのるさんのツイッターで紹介されていた吉川景都さん。ザクザクッとした絵柄が気になっていたので単行本化を機に購入。見事にハマった(^∇^)

「それはしないでしょ」と思ってた作者の吉川さん自身が自分のヘンボーぶりに驚きつつ、でもそれを楽しんでる雰囲気が大変すばらしい。

そういやとよ田みのるさんの『最近の赤さん』(現在は成長に伴い「娘さん」に進化)、じゃんぽ〜る西さんの『モンプチ  嫁はフランス人』、そして吉川景都さんの『こそだビフォーアフター』で、なんか赤さんモノをやたら愛読。

愛読もそうだし再読という意味でもそう。赤さんや幼児さんの行動は「へえ」と思う話もあるし、何より自分が3歳以下の頃のことは自覚記憶ないから、「自分はどうだったのかな」というキョーミもある。

でもこれだけ愛読するということは、なんか三作品に「共通した何か」があるんじゃないかな?と考えてしまう。だって赤さんモノなら何でも読むわけじゃないから( ´ ▽ ` )ノ

それで1つ思ったのは「〜〜でなければいけない」「〜〜すべきである」みたいな、価値観の押しつけがないところかな。

近年、ピコピコ系が身近になったことで、インターフェースやUXから捉える心理学がちょっとしたブームになってるけど、なんでもコアになるのは「メタ認知」みたい。

「自分がやってることを自分で意識できる」というのがメタ認知だそうな。これがオレ様ちゃん的な過剰評価でもいけないし、どうせいいんだ的な過小評価でもよくないそう。主観と客観のブレが少ない正確性が大事なんだとか。

自分の場合、愛読するマンガ家さんと言えば石黒正数さんや森薫さんなど。その他の作家さんでもインテリジェンスある人がイイナーと思っていて、その特徴が「押しつけがましくない」かもしれない。

とよ田みのるさん、じゃんぽ〜る西さん、今回の吉川景都さんしかり、そりゃ赤さんと対峙するのは大変な時もあるだろうけど、「その大変な自分を客観視できる」だけのインテリジェンスが共通項かな。

先日、ふとした弾みで数学者の岡潔さんの本を読んだけれど、この人は例えるのがうまい。「自分の胃が痛くてたまらない」という状態が続くと、「自分」と「たまらない」だけしか考えられなくなる由。

で、世の大半はそうである、と話が進んでいくんだけど、それは言ってみればメタ認知が全然ないってことだろう。岡潔さんが文章を集中的に発表してらしたのは1950〜60年代だから、「メタ認知」って言葉はまだなかったろう。あったとしてもメジャーではないはず。

そうすると、赤さんマンガで愛読する・しないの差があるのは、その辺かなー。「大変だ大変だ」でストップするか、「あ、いま自分は『大変だ大変だ』と思ってるな」と思えるかどうか。ややこしい文章だな、これ^_^

でも結局、「押しつけがましくない」というのは、そういう「大変な自分を意識できるスペース」があるからかも。

ーーなんだかやけに小難しい話になったけど、吉川景都さんほか、とよ田みのるさんの作品もじゃんぽ〜る西さんの作品も読めば面白いので、この三作品はオススメです( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
by ulyssesjoycean | 2017-09-15 12:00 | Comments(0)
<< 高田衛さん手による、岩波文庫『... ロックフェラーが面白かったから... >>