マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第二号!

 週刊ペースよりは、月刊でゆっくり読みたい――と思うマンガ雑誌の中でも、なんと半期に一回(!)というすごい雑誌が『ユーロマンガ』(飛鳥新社)。でも実際、それぐらいじっくり時間をかけて読みたいほどの、濃密な内容。
d0026378_192499.jpg

 ヨーロッパのマンガ作品に関心はあっても、作家ごとに本を買っていくというのは色々な意味で難しいので、こうして四作品をまとめて「本」として読めるのはありがたい。

 そう思っている人が多かったのか、一号が好評だったらしく、第二号は色んな書店で目にするようになった。それにしても、近所の「T」ではじまる青と黄色の店にも売っているのには驚いたなー。
d0026378_198316.jpg

 あとはあれだ、全体に訳文の日本語が読みやすくなったような。ブッキッシュなところがすーっと抜けて、口語的になったというか。ニコラ・ド・クレシーの「純粋に犬的な視点」(同上、p101)には思わず笑った。

 案外(といったら失礼なのか)クレシー氏が朗らかにおかしい、コミカルな絵柄を描かれているのに驚いた。「こんなの笑うだろ!」という絵一枚の力。そのうち形だけでも模写しよう。動物だし。
d0026378_19122668.jpg

 近々(3月15日)同じ版元から、毎回毎回「どうかしてる」ぐらいオススメってる『季刊エス』が出るので、そっちにも何か関連情報があると嬉しいな。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-03-13 19:05 | 駄文 | Comments(4)
Commented by becco at 2009-03-13 22:22 x
第二号のタイトルを(mixiで)見て、ユーロマンガかなと思って来ました(笑)
私、まだ入手してないです…!
ド・クレシーの模写、いくつか挑戦しましたが玉砕です^^;
でも楽しいですよねぇ。カワイイ表現も意外に多いし。                             
Commented by ulyssesjoycean at 2009-03-14 07:38
 コメントありがとうございます。

 >カワイイ表現も意外に多いし

 これが一番ビックリしました。動物好きとはいえ、主役のアザラシ君(?)はいまひとつノレないな――なんて思っていたところ、今回の犬(?)との合わせ技にやられました(笑)。

 >ド・クレシーの模写

 私の場合、筆を使って色をつける段階にまでは至ってないので、鉛筆で形をとるぐらいだと思うんですが、「色」にまでステップアップすれば、またクレシー氏のすごさがはっきりするだろうなぁ――と思っています。
Commented by カズキ at 2009-03-14 21:26 x
色をつける時に、われわれは暗い方の色を重ねていきがちなんですが、クレシーの場合は明るい色で起こすというか。ハッキリと、そういう描き方をしているコマがあるんですね。
で、それって、やっぱりヨーロッパ的の油絵的な感覚というか。
その色の出し方がわたしは大好きで、それはもうちょっと異性に感じるような魅力を感じてしまいます。
Commented by ulyssesjoycean at 2009-03-15 08:04
 コメントありがとうございます。

 >色をつける時に

 あー、やはりそういう方法論みたいなものがあるんですね。

 今度お会いしたときには、ぜひそのお話を聞きたいです。

 今ふっと思ったんですが、「実物を見ながらクレシー氏のすごさを知る!」みたいなことも、やってみたらけっこうオモシロイんじゃないかと。
<< もう出てた I got no "... >>