マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:美しい洋書たち( 5 )

『存在としてのアート』 西炯子

久しく手を出していない洋書であるが、MIT出版局のHPに行くと、こんな華麗な装丁の本が見つかった。『存在としてのアート』なんて日本語に訳してしまうとまるで面白味がなくなるが、あまりにすばらしい造本なので、一冊もっておきたいという気持ちにさせられる。
d0026378_17241269.jpg

 『月刊フラワーズ』を立ち読みするたび、西炯子(にしけいこ)氏のマンガを買おうかどうしようか迷うので、それならいっそ買っちまおうと思いたったのだが、なんにゃー、単行本が売ってないとは。やはり大きな書店へ行かないと手に入らないのだろうか。
d0026378_17365812.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-11-03 17:25 | 美しい洋書たち | Comments(0)

美しい洋書たち

『ボディ・クリティシズム』の巻末についている膨大な参考文献書目を精査し、和書で20冊近く、洋書で幾冊も見つかったのだが、これがまた美しいものばかり。図版をアップしておくので、ぜひ一度御覧あれ。
d0026378_19462785.jpg

d0026378_19463791.jpg

d0026378_2005566.jpg

d0026378_19481083.jpg

 十八世紀の絵画はどれも明るく活き活きとしていて素晴らしい。ジャン・バプティスト・グルーズフラゴナールワットォ―――どれも良い。やはり『エミール』の世紀だからか、子供が画題となっているものが非常に多い。エリザベト・ヴィジェ・ルブランなんか典型的にそうだけれども、やはり目にして不快感のないもの―――というのは重要である。ちょこちょこやりだした『MOTHER 3』も何が良いかといえば、不快感のなさ―――それに尽きる。こういうものが増えてくるとこっちとしてはありがたいのだが。
d0026378_19512279.jpg

(ジャン・バプティスト・グルーズ)
d0026378_1951358.jpg

(フラゴナール)
d0026378_19514536.jpg

(ワットォ)
d0026378_19553399.jpg

(ヴィジェ・ルブラン)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-05-17 19:47 | 美しい洋書たち | Comments(2)

美しい洋書たち

例によって参考文献を精査した結果、美しい本が数点見つかる。在庫切れのものもあるが、画像をアップしておくので一度御覧になっていただきたい。
d0026378_17504885.jpg

d0026378_1751522.jpg

d0026378_17512571.jpg

d0026378_17514354.jpg

 内容的にもオモシロそうであるが、どれもこれも在庫切れの挙句に中古価格が沸騰、とても手が出る値段ではない。ブックデザインに凝っているから、当然値段もそれ相応のものになる―――とは分かっていても、それにしても高すぎじゃないですかい。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-17 17:51 | 美しい洋書たち | Comments(0)

美しい洋書たち

例によって美しい洋書を御紹介。画像をアップしておくので、一度御覧あれ。本当にマサチューセッツ工科大学の出版局は垂涎の作品をどしどし出してくれる。
d0026378_2015392.jpg

d0026378_20151273.jpg

d0026378_20153570.jpg

d0026378_20154611.jpg

d0026378_20174163.jpg

 特にこのオーウェン・フラナガンの本は素晴らしい(MIT出版局ではないのだが)。こういうブックデザインを見ると、この分野における彼我の格差を思い知らされる。いやほんと、こういうのが一冊あったら、飾っておきたいもの。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-07 20:16 | 美しい洋書たち | Comments(0)

美しい洋書たち

行き詰ったら高山宏!という合言葉のもと、またしても美しい洋書が見つかる。画像をアップしておくので、見ていただきたい。ハル・フォスターノーマン・ブライソンユベール・ドレフュス、どれもこれも垂涎のデキ。
d0026378_9102466.jpg

d0026378_912428.jpg

d0026378_9122470.jpg

(↑これはMITの本ではないから、デザインにはちょっと不満だけれども、内容はオモシロそう)

 そして、かねがね欲しいと思っていたジョナサン・コール『About Face』(MIT press)、やはり廉価なペーパーバックが出ていたようで、ついに購入。こういう優れたブックデザインの本が、日本のちょっと「アレな」感じのハードカヴァーより安価で手に入ることを考えると、彼我(ひが)の懸隔(けんかく)を嘆磋(たんさ)せずにはおられない。今まで買った和書中、心の底から本当に素晴らしいと思えたのは、新潮社から出ている(た)『吉田健一集成』ひとつあるのみ。パッと見は普通だが、薄いカヴァーを外した姿は、無駄という無駄を削ぎ落とした完成品。当の吉田健一だって、こう言っているではないか。
 洗練された趣味などというのは、およそ無駄を省くということと同じでない限り、単に気障であって、それ故にこれも省くべき無駄なのである。

(吉田健一 『三文紳士』 p160)

d0026378_9155183.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-03-04 09:26 | 美しい洋書たち | Comments(0)