マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ミヒャエル・エンデと宮崎駿

どうした縁で彼の人に、と落語に出てくる文句をもじって言うと、どうしたエンデ(Ende)彼の人に、ドイツの作家ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)にどっぷりはまり込む仕儀となった。しかし、もともとドイツ語で読もうとしていたのはエーリッヒ・ケストナー(Erich Kaestner)であったのが、原書がとりよせられぬということからしぶしぶミヒャエル・エンデにしたわけで、そのエンデにしたって、こっちがドイツ語の勉強を始めなければ生涯手に取らなかったかも知れず、まこと縁(えん/えにし)とは面白い。言ってしまえば、エンデの「はてしない物語(Die undendliche Geschichite)」はそういう話であった。
d0026378_1453279.jpg

 映画「ネバーエンディングストーリー」もファンタジー活劇の良い映画だったと記憶しているが(もう一度見る気がしない)、原作の「はてしない物語」は感動の質がまるで違って、映画の「ナウシカ」と、マンガの「ナウシカ」ぐらい違う、と誰かが言っていたが、いやまったくその通り。別にこの言葉を聞いたからでもないだろうが、「はてしない物語」は読中、宮崎駿氏のマンガのイメージがだぶってしょうがなかった(作品が説教じみているところも含めて)。博学多識のインテリでもある氏のことだから、知ってはいるのだろう。それとも疾駆する奔放なイマジネーションの持ち主はああいうところに行き着くのか。
d0026378_15418100.jpg

 英語では「Ulysses」、フランス語では「Petit Nicolas」「Les Miserables」(あとは巌窟王こと「モンテクリスト伯」)に出会って、引き込まれた結果、英語・フランス語は比較的自由に読めるようになったわけだが、今度のドイツ語ではエンデに出会ったおかげで、ドイツ語は必ずモノになる自信というより確信ができた。ひっくり返せば、その種の入り込み方をしないと語学はモノにならないとも言えて、その意味ではイタリア語は実に雑な勉強の仕方をしたというのもあるが、モラヴィア(Moravia)にもカルヴィーノ(Calvino)にもピンとこなかったことを考えると、イタリア語が不自由なのも頷ける話である。だからといって恩師が手を出しているダンテ(Dante)「神曲(Divina Comedia)」は読む気があんまり起こらない、というより、日本語で一度読んだがピンとこなかった。ま、当分はエンデ三昧だけれど。
d0026378_15202338.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-31 14:49 | Comments(0)

哲学はカンベンとも言ってられない

スタフォードを介し、バクサンドールを介し、美学・美術のことを調べていると、18世紀において美術啓蒙(enlightenment)主義が切っても切れない関係にあることが分かってくる。つまりは哲学(philosophy)。現代において、哲学とは「知を愛する」という原義から離れ、もはや厄介なイメージしかなく、それが本当かどうか確かめたくても、まず哲学書と思想書の翻訳にロクなものはないので、確かめようがない。しかし、当時の哲学がどんな状況だったか、その右左が分かってくると、スタフォード氏の著作がもっとオモシロクなりそうな予感がするので困り果てている次第(スタフォード氏についていくためなら何でもやる)。新分野の勉強をするときは、ひとまず各種新書(岩波・講談)講談社選書メチエから入ることにしているので、当面の敵(ということもないが)はこの二冊。
d0026378_23385753.jpg

d0026378_23403743.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-30 23:33 | 駄文 | Comments(0)

Blood +と剣道(3) 座頭市

レイアウトの話はさんざしたので、今回は『ブラッド+』と剣道(剣術)について。
d0026378_21143258.jpg

 知識のある・なしに関わらず、『ブラッド+』の初回放送を見た人ならば、日本刀を持ったときのアクションに違和感を感じた人は多いはず。こういう武術がらみの話になると、おそろしく詳しい人がいたりするのでうかつな話はできないが、多少割り引いて、与太話と思って聴いていただきたい

 日本刀アクションにおける違和感を具体的に言うと、刀を構えたときの重心が高い位置にある。つまり「ひざがまっすぐ伸びた状態」になっている。

 ぜひ新聞紙で棒でも作って、各自で試していただきたいが、その状態(ひざがのびている)で剣(といっても新聞紙の棒だが)を振って、斬るようにしてみよう。恐らく力の入った振り方はできないはずである。

 その状態から、右足(利き脚が左の人は左)を正中線よりに若干前に出し、左足を少し後ろに引く。そしてまっすぐ伸ばしている脚から力を抜いてみよう。ひざがすっと落ちて曲がった状態になる。そして両足のかかとを、ごく軽く(一センチほど)浮かせるようにする。その状態から、前に踏み込んで剣(新聞紙バー)を振るようにする。ひざを伸ばした状態とは随分違うと思う。
d0026378_20324745.gif

 で、本式にやって打ち込む姿というのがこれ
d0026378_20345184.jpg

 無論、リアル(本物)リアリティ(本物らしさ)は違うから、そこを混同してはいけないのだが。そしてまた『ブラッド+』にイチャモンをつけているのではなくて、この部分が良くなると(という言い方も誤解をまねきそうだが)、もっと面白くなのるのではないか、という話。もしかすると、作り手側は、前述の重心だのなんだのの話を全て分かった上で、「高校生の女の子が重い日本刀ぶんまわす」という描写をしているのかもしれず、やはりうかつなことは言えない、ということになる。

 そして実写の世界で殺陣(たて)ということになれば、亡き勝新太郎(かつしんたろう)氏『座頭市』シリーズに勝るものはない。殺陣、ということで言えば、勝新太郎氏の実兄・若山富三郎氏がゲスト出演された(当時のクレジットは城健三朗)『座頭市・千両首』を見ていただきたい。勝新の居合いも素晴らしいが、若山富三郎氏の「先生お願いします!」「うむ」といって、懐手をした状態から、目にも留まらぬ速さで二人を斬って、刀を回転させて鞘にもどす、あのシーンのカッコよさというのは絶後である。
d0026378_205499.jpg

 コミカル度が一番高く、かつ殺陣も素晴らしい珠玉の一本ということになれば『座頭市関所破り』。モノクロ時代の座頭市は全体的に暗いので、カラーになってから、5作・6作目あたりからの方がオススメ。また18作以降(『血煙街道』、『喧嘩太鼓』)、勝新太郎氏の「およし~なさいよぉ~」という例の歌がつくようになるので、そちらもオススメしておく。
d0026378_2113588.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-29 20:14 | 駄文 | Comments(0)

「つなぐ」知性 美術と科学 

未曾有の災害・戦争がおこり、世界が拡大・拡散していく過程で、ばらばらな世界をひとつに「つなぎ」とめるという知性のあり方、これを「マニエリスム(mannierism)」という。なんだこれ、まるっきり現代のことじゃないか、と、高山宏氏の最小にして最大の名著『奇想天外英文学講義』を読んだときに感じたわけで(御本人も同書の中でそうおっしゃっているが)、じゃあその「つなぐ」知性ってどういうもの、となる。
d0026378_1714204.jpg

 それをはっきりと言ってくれたのが、ほかならぬバーバラ・マリア・スタフォード氏。
 プラトンの時代から、言葉(論理)が上で絵(イメージ)が下、という上下層序はおかしいのではないか。

 絵は頭を使わなくても分かる、とマイナス面ばかりを言うが、仮にそういう面があったからといって、絵(イメージ)のもっている「見て分かる」という力を全否定することはないはずだ。

 映像の垂れ流しをただ見ることと、理念を持って構築(デザイン)された絵(イメージ)を読み解くことを、同一視するのはおかしい。
 
 素晴らしいデザインを持ったイメージこそが、「知っていること」と「知らないこと」をつなぐことができる。

d0026378_1845460.jpg

(Photo credit: Humboldt-Universität zu Berlin, P. Petersen, Berliner Thyssen-Vorlesung. from http://home.uchicago.edu/~bms6/BMS_Thyssen-2-5x8-Low-Res.jpg)

 読みやすいように多少リライト(rewrite)したが、こういう刺激的な、それでいてポジティヴな主張というのは、それまで聞いたことがない。批評(criticism)というと、アレとコレが「違う」、とにかく差異否定の言辞ばかり、それでいて本人はけっこう極楽とんぼに日々を生きている、これはまんま高山宏氏による「グッド・ルッキング」のあとがきだけれども、同じことを少なからず感じていたのは確か。しかしどうしたものやらと迷霧をさまよっているときに、言葉(論理)じゃなくて絵(イメージ)だ! とスタフォード氏から教えてもらえたのは、干天の慈雨というより天啓。ジョイスはこれをエピファニー(顕現/epiphany)といったけれども、まさにそういう感じ。
d0026378_17325099.jpg

 そういった経緯で、それまで見向きもしなかった美術書・視覚光学・色彩・遠近法を手に取り、勉強をし、多少とも右左が分かってくると、いかにそれまで「適当に」イメージ(映画/アニメーション/マンガ/絵画)を見ていたか、本当にただ「見ていた」、ということを思い知らされ、愕然とする。

 そして現在、アチラの美術史では、マーティン・ケンプ(Martin Kemp)・マイケル・バクサンドール(Michael Baxandall)を筆頭に、科学(science)を用いて美術(art)を読み解くという、スリリングな知的試みの真っ最中。しかしよく考えれば、美術、つまりアート(art)は、ラテン語のars(技術/業)から来ているわけで、昔は美術も技術も渾然一体となった「術(ars/arte)」であるから、最大の美術家レオナルド・ダ・ヴィンチがヘリコプターを発明した科学者・技術者でもあったわけで、べつに驚くにはあたらない。科学と美術を、「分」けて考える現代の方が、分野の細分化が極限まで進んでしまったという証左だろう。
d0026378_17581747.jpg

 長い長い前フリをしたけれど、ようするにマーティン・ケンプの「アートの科学」を購入したわけで、届くのはまだ先だけれども、楽しみでしょうがない、ということ。バクサンドールは英語の関係でシンドかったが、マーティンにケンプとくれば、これはもうイギリス人でしかありえないわけで(アメリカ人かもしれないが)、内容がすっと入ってくる英語のはず。鶴首して待つ。
d0026378_1759250.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-28 17:15 | ヴィジュアリゼイション | Comments(0)

バーバラ・マリア・スタフォード(和訳)

アカデミズムの領域で革新的かつパラダイム破りの書き手の一人、バーバラ・マリア・スタフォード、先ごろ現在の知的関心を氏のHP上で更新して、こうある。

来し方を眺めてみると、私の研究は多視覚物、もしくは無数の空間的プレゼンテーションをチャート(見取り図)化することであって、その範囲は近代(アーリーモダン)から電子メディアのまさに現代のことまでであった。 イメージング・アート/視科学/パフォーマンス・テクノロジーの間にあるもの(インターセクション)を常々研究しているが、私は今まさに身体と具象化した経験にこれでもかと焦点をあてるまでに範囲を広げた。ここのところ私がものするエッセイ/論文は脳科学が私たちの見方(view)を変えつつある、その革新的な方途を精査するもので、感覚中枢(sensorium)および基本とする仮定の数々は変化し、それは知覚(perception)・感覚(sensation)・情動(emotion)・心的イメージ・私であるという主体/主観(subjectivity)にまで及んでいる。現在、私はイメージの認知史の執筆に従事しているところ。(バーバラ・マリア・スタフォード translated by Shirokuma)
 「脳科学が私たちの見方(view)を変えつつある」と、こうある。これこそまさにこっちも焦点をあてていることではないか。何日だか前に、同じ観点から視科学に焦点をあてた「視覚と光学の三世紀」と題したものがこのブログにアップされたのを御存知のはず。評判もよく反応も良かったテーマの一つであったわけで、あちらこちらへと書き散らすこのブログにしては図抜けたものと、その顔こそ見えないが、見ている方々に受け止められたのだろうか。
d0026378_2033542.gif

 脳科学・認知科学・美術史・視覚光学・絵の持つ力こそ、今日の複雑かつ錯綜した言葉狂いの批評を先に進めるエネルギーをもつものだと、この「つなぐ方途」をこそ、喧々諤々となって主張して久しい、これと同じ足跡に、バーバラ・スタフォードがいる。氏が切り開き精査する、それと同じ道をこちらでもついていく、ひとりではない。

 和訳 シロクマ
d0026378_2052626.jpg

 写真:バーバラ・マリア・スタフォード
(Photo credit: Humboldt-Universität zu Berlin, P. Petersen, Berliner Thyssen-Vorlesung. from http://home.uchicago.edu/~bms6/BMS_Thyssen-2-5x8-Low-Res.jpg)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-27 19:32 | 駄文 | Comments(0)

Barbara Maria Stafford

One of the most inovating and breaking-through the pradigm writer in the academic field, Barbara Maria Stafford, whose current interests are revised on her own home page recently, said:

Taking the long perspective, my research has charted the polyopticalities, or multiple means of spatial presentation, characterizing the early modern period up to and including the contemporary era of electronic media. While always working at the intersection of the imaging arts, the visualizing sciences, and performance technologies, I have now expanded my intense focus on the body and embodied experience. My recent essays examine the revolutionary ways in which the brain sciences are changing our view of the total sensorium and inflecting our fundamental assumptions concerning perception, sensation, emotion, mental imagery, and subjectivity. I am currently engaged in writing a cognitive history of images.(Stafford M. Barbara, http://home.uchicago.edu/~bms6/current.html)


 "the brain sciences are changing our view", she said. That is what I am also focusing on. Few more days ago, you recognized the same point of view on optical science was posted on this web log titled "triple centuries of optics and visions". It was one of the best well-accepted and well-reactioned theme and prominent out of this digressed to and flo fragments for anonymus viewers.
d0026378_16264288.gif

 Brain science, cognitive science, art history, visual optics and imagery power have the energy to step forward nowadays complicated and perplexed logopholia criticism, this "way of connecting" that I have been arguing and manifesting from time to time, on the same footsteps which she, Barbara Stafford, is. We(not the "I" alone) follow the same way which she is going to explore and examine.

written in English and posted by Shirokuma
d0026378_1633514.jpg

Photograph of Barbara Maria Stafford
(Photo credit: Humboldt-Universität zu Berlin, P. Petersen, Berliner Thyssen-Vorlesung. from http://home.uchicago.edu/~bms6/BMS_Thyssen-2-5x8-Low-Res.jpg)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-27 16:01 | 駄文 | Comments(0)

アニメ夜話 第六弾

今回のアニメ夜話シリーズ、感想は「すべった!!」。いかに達者なコメディアン・芸人であろうと、「すべる」時はあるもので、それが不幸にも三夜続いてしまった、それが今回のアニメ夜話ではなかっただろうか。良くなかった時の分析をするのは好まないのだが、前々から気になっていたことも含めて、大ファンである声優の千葉繁氏が出演された『うる星やつら』の回をちらっとふりかえる。
d0026378_11404129.jpg

 まず、焦点(番組内のテーマ)がどこにあるのか分からなかった、というのが大きい。
1:千葉繁さん(出演した声優)の話なのか
2:原作との違いなのか
3:製作スタッフの話なのか
4:作画の特徴なのか
5:アニメ史的な意味なのか
6:自分にとっての『うる星』なのか
 このどこに焦点があるのか分からないので、見ている側が混乱してしまう。どれか一つの柱を立てて、それを中心としながら別の話題に移っていく、そうすれば、というよりそうしたかったのだろうが、公開収録ということもあり、どの話に絞るか決めかねているうちに、時間がきてしまい、どの話題も中途半端な印象になってしまった。

 あとはゲスト配置だろうか。普通のテレビ番組として出演された飯島愛氏、ピントのずれた発言(と言葉遣い)に、見ていてカチンときた人は多いはず。しかし飯島愛氏はそういうタレントさんであって、問題はむしろ、そういう人に仕事を発注した製作会社の方だろう。

 またマンガ家・江川達也氏は、あきらかに『うる星』にのっていない。テンションが非常に低いので、ガンダム特番の時の、板野一郎氏を前にしての嬉々とした喋りっぷりはまったく見られない

 こういったもろもろのことが重なって「すべって」しまったわけだけれども、それにしても製作会社の「アマゾン」は毎回キャスティングが底意地悪く、ゲスト選定に品がない。エヴァの回にわざわざ「痛い」人を連れてきたり、空気の読めないタレントを連れてきたり、もちろん美術監督の小林七郎(こばやししちろう)氏や『巌窟王』前田真宏(まえだまひろ)氏を連れてきて下さったことには感謝しているが、人を不快にさせるような意図のキャスティングはどうかと思う。

 また岡田斗司夫氏のHPに日参している方なら御存知だと思うが、『クレヨンしんちゃん オトナ帝国』の回は、強引な編集がされていて、オンエアでの結論がまるっきり逆になっている、収録後も打ち合わせをしたのに、と岡田氏がコメントされていて、そういう仕事のしかたは、番組が成功する云々以前の問題、仕事をする人間としてのモラルの問題である。

 ただ唐沢俊一氏も「テレビ業界の人は、まったく別な生き物」と日記でコメントしておられるから(事前連絡なしでその場になっていきなりカメラを回したり)、そういう族(うから)なのかもしれぬ。だからといって納得はできないし、しない。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-27 11:39 | 駄文 | Comments(0)

学術書にこそ『サービス精神』

視覚・神経美学系の三冊、『美を脳から考える』『脳と視覚―何をどう見るか』『見る脳・描く脳』、これがことごとくドン外れ。
d0026378_14523175.jpg

d0026378_14541414.jpg

 人に楽しんで読んでもらおう、という姿勢がまるで見えない。サービス精神が足りない。もちろんこれは冗談が入っているとかいないとか、そういうことではない。

 よく、学術書・研究書は内容が分かるだけでいいから余計なことはするな、という方がいて、そういう発言にはそれ相応の根拠があるのだろうが、そういう人は精神が貧しいとまではいわなくとも、考え方に光がない

 こっちが傾倒するバーバラ・スタフォード(Barbara Stafford)も、サイモン・シャーマ(Simon Schama)も、博覧強記の碩学であって質・量ともに学術的にハードな著作をどしどし世に送っているけれど、どの著作にも「楽しんで読んでもらおう」という意識がすみずみまで行き届いている。

 図版のレイアウト・本文の構成・段組・活字の大きさ・表紙などなど、こういったことに実に気を配って、つまり読む人のことを考えた造本になっている。それが端的に分かるのが、どんな学術書にもついてくる巻末の参考文献一覧。普通はアルファベット順に「ただ」参考文献が並んでいるだけだが、それでは「どこが参考になったのか」は分からない。それをこの二人は、重要な本については、「これはこういう意味で重要だ」といったことを書き添えていてくれて、実にありがたい。そういう著者の作品は信頼するし、だからこそ多少高くても、買って手元に持っておこう、という気持ちになる。

 だからもし、参考文献を丁寧に紹介していたり、分野ごとにまとめて読みやすく気を配っているものならば、まずその著者は信用して良い(翻訳本でも同じこと)。それを日本でちゃんとやっているのは、しかし高山宏だけか、すぐに思い浮かぶのは。寂しい話である。
d0026378_15264222.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-26 14:54 | 駄文 | Comments(0)

巌窟王 第九巻

メインキャストの平川大輔氏をして「何も言うことはありません」と言わしめたアニメーション『巌窟王 18話』は、『エヴァ』以来久しぶりに、良い意味で胸の奥がざわつく、生理的な痛みと感動がない交ぜになった傑作。『エヴァ』で言うと、友人(トウジ)が乗り込んだ黒いエヴァを、ダミープラグに支配された主人公(シンジ)のエヴァが徹底的に破壊しつくす、あの回を見たときの印象に近い。
d0026378_13185231.jpg

 またエヴァのメイン作画スタッフ・鈴木俊二氏が、この『巌窟王』でも作画監督として活躍されており、何かショックなことがあったときに、目(眼球)周辺の描写が解剖学的にリアルな絵になる描写をしたのは鈴木氏ではないか、と思っていたら、ビンゴ! 17話はやはり鈴木俊二氏が作画監督を担当されていた。

 そして巨大な鎧に乗って戦う戦闘シーンは、全て3DCGアニメーションだったので、そうか、もう手書きでなく、メインの戦闘はCGになってしまう時代か、と寂寞とした思いで見たけれど、違うな。これだけの凄惨(せいさん)な場面を手書きでやっては、あまりにも生理的な痛み・恐怖が「生々しい」ものになってしまう。3DCGだから、これ、なんとか見られるけれど(それでもこっちには充分キツかった)、手書きの「絵」ではきっと見られない。

 18話のラスト、そこに至るまでの演出が素晴らしい。素晴らしいんだけれど、これだけハイレベルな演出が、日本ではアニメーションでしか見られない、というのは、ちょっと寂しいけどね。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-25 13:20 | 駄文 | Comments(1)

今月のよつばと! 吼えろペン

今月号の『サンデーGX(ジェネックス)』『電撃大王』がオモシロイ、というより、その中の『よつばと!』『吼えろペン』がとてつもなくオモシロイ。立ち読み中に笑いをかみ殺すのがツライほど笑った。
d0026378_208415.jpg

(こちらは電撃大王に連載)
d0026378_2083229.jpg

(こちらはサンデーGXに連載)

 『よつばと!』はちょっと下品なネタではあるけれど、作者のあずまきよひこ氏は上品な作風(というより資質)だから、それほど下品にならない。おそらく同じネタをやって、どうしようもないほど下品になる(なってしまう)作家さんもいるだろう。

 この『品』を説明するのに、いつも引き合いにだすのが(ファンの方には相済まぬけれども)、『とんねるず』石橋貴明(いしばしたかあき)氏と木梨憲武(きなしのりたけ)氏。別に下ネタを話すわけではないのに、石橋氏にあるえげつなさが、相方の木梨憲武氏には感じられない。もしくは、SMAPの中居正広氏に露骨にあるものが、同じジャニーズのTOKIO(シロクマ注・1)のメンバー五人にはまったくない、と言えば、わかりやすいだろうか。

注:TOKIO(トキオ)。ジャニーズのアイドルグループ。五人が出演している「メントレG」「鉄腕DASH」は非常にオモシロイ、というより、番組内に人を傷つけるものがない、つまりは上品さがあって、毎週欠かすことなく見る数少ないテレビ番組。見るたび思うのだが、国分太一氏の喰いっぷりは実にウマそうで、「メントレ・レストラン」など、番組を見たあとの強烈な食欲をどうするか、毎度苦労する。音楽については触れない。
d0026378_2038596.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2005-10-24 20:08 | 駄文 | Comments(0)