マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

シッポを立てろー!! 『ガンバの冒険』

ついにDVDレンタル開始となった、出崎統(でざきおさむ)氏の最高傑作『ガンバの冒険』―――スゴイ絵・スゴイ話・スゴイ演出の三位一体を、この機会にぜひ堪能して欲しい。
d0026378_20164431.jpg

 特筆すべきは、芝山努(しばやまつとむ)氏と美術監督・小林七郎(こばやししちろう)氏のタッグによるレイアウト(画面構成)である。ひとつとして怠惰な―――つまり「オモシロクない」レイアウトはない。レイアウトとは、畢竟、遠近法(パースペクティヴ)の問題であるけれども、これについては以前詳述したので、重複は避けたいと思う。生意気なようだけれども、ちょっと絵のことをかじっていると、『ガンバの冒険』が百倍オモシロくなる。それだけでも、色彩構成・遠近法といった絵の勉強をして良かったと心の底から思う。

 『シャンバラを征く者』とレイアウトの法則 
d0026378_2020224.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-30 20:24 | 駄文 | Comments(5)

『新吼えろペン 第四巻』

おれにはまったくわかんねーよ!! 読者の頭がわりーんじゃねーのか!?

(島本和彦 『新吼えろペン』 第四巻 p145)
 島本和彦氏のラジオ『島本和彦のマンガチックに行こう』でこのセリフの裏事情を説明していたが―――実は「カット」される予定だったということである。それがどうした巡りあわせなのか、セリフは残り、しかも読者ウケが良かったようで「メールで沢山いただきました」という風に島本氏もコメントしてらした。
d0026378_192249100.jpg

 もっと言うと、この「先」にあるセリフこそが重要なので、単純に否定の言辞を連ねているわけでは決してない。シェイクスピア『ハムレット』にある有名なセリフ「生きるべきか死ぬべきか」―――実はあの「先」が素晴らしいというのと同じことである。いや、違うかな。
d0026378_19295280.jpg

 『サンデーGX(ジェネックス)』でやっている連載も「どうかしてる」オモシロさで、マンガ雑誌の編集長となった炎尾燃(ほのおもゆる)が、〆切をやぶりまくるマンガ家たちに吼える―――その内容がまた「これ大丈夫!?」というもので、しかし笑えるんだよな。

 こういう「言っちゃって大丈夫!?」というような激しい言辞は、一見マネしやすそうでいて、品のない人がやると、ただ下品な罵詈雑言となって終わる。無沙汰が続く呉智英(くれともふさ)氏なんかが典型であるが、形ばかりをマネしても、氏の持っている一番の魅力―――「茶目っけ」が全然ないために、結局は下品な悪口にしかならない―――誰のことか具体的に頭に浮かんじゃってるけれども、ま、言わぬが花ですな。
d0026378_1950277.jpg

 最近ようやっと気づいたことであるが、「知性とは『品の良さ』である」―――「育ちの良さ」と言い換えてもいいだろうが、「育ち」「生まれ」といったことを言うと、すぐに「金」と結びつけて考えたがる人種がいて、要するにそういうのが「下品」なのである。

 知識量や見識といったものがいかに優れていようと、「品」がなければ、最終的には「人を傷つける」発言が目立つようになって、それが本であろうと実際の人物であろうと、長く付き合っているうちに「いやだな」という風になって、結局は絶縁する。「絶縁」という強い言い方が気に入らなければ「疎遠」と言い換えてもいいが、ま、結果は同じである。

 あれだけ「無頼」の世界を経巡(へめぐ)っても、品を感じさせるのが色川武大(いろかわたけひろ)氏であり、だからこそ『うらおもて人生録』(新潮文庫)があれだけの感動を呼ぶのであって、その逆ではない。それにしても品の良い人ってのは、そういないもんだから、本であれ実際の人物であれ、そうちょいちょい出会えないのが寂しいところ。
d0026378_19594059.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-29 19:21 | 駄文 | Comments(2)

新しいメディアと映画の「つながり」

『マリオ64』に代表されるボタンを押すことで変わる視点、実はこの操作、映画に由来するものである―――レフ・マノヴィッチ『ニューメディアの言語』(MIT press)に教えられた。ここのところ当たりの少ない洋書巡りだったが、これは久々の大ヒット。満塁ホームラン級の名著である。
d0026378_1793992.jpg

 オモシロイ本ほど読む速度が遅くなるため、まだ半分も読めていないが、1839年年前後に映画やコンピュータの原型がダゲール(Daguerre)バビッジ(Babbage)といった人物によって作られた―――などなど、新情報が目白押し。いきおい、読むのは遅くなる。
d0026378_17101072.jpg

 新しいテクノロジーとメディア、戦争と文化の関わりを説く名著といえば、フリードリヒ・キットラー『グラモフォン・フィルム・タイプライター』(筑摩書房)をおいて他にはないが、入手しづらいのが難点。やはりこれも図書館頼みか。
d0026378_17195752.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-28 17:10 | 駄文 | Comments(0)

『風雲児たち』と『陽だまりの樹』

みなもと太郎氏の傑作歴史マンガ『風雲児たち 幕末編』の第9巻が発売と相成ったが、この辺りから手塚治虫氏のこれまた傑作歴史マンガ『陽だまりの樹』とクロスオーヴァーするようになってきている。両方読んでいると、共通するキャラクターの描き方が違うので(当たり前だ!)、そこもまた楽しめる。
d0026378_18452222.jpg

d0026378_1847723.jpg

(アニメーションもあり)

 クロスオーヴァーということで言えば、この辺りから西洋近代史(クリミア戦争)と日本の歴史のつながり―――つまり同時代性が見えてくる。

 なまなか勉強とはいえ、アチラの歴史・文学・美術・思想を17世紀から20世紀まで視野に入れることができるようになったが、それと日本の歴史がどういう歩み方をしているのか―――フランス革命がおきたころ(1789年)に日本はどういう状況だったのか、またはイギリス清教徒革命(1649年)当時、日本の政治状況はどうなっていたのか、これがまるで「実感」として分からない。
d0026378_1853064.jpg

(歴史書としてはバツグンのオモシロさ、サイモン・シャーマ『富めるが故の惑い』)

 その「彼我」の懸隔を埋めるべく、松岡正剛(まつおかせいごう)氏らが編集したのが『情報の歴史』(NTT出版)だという。残念ながらこの書物を手にしたことはないが、『情報の歴史を読む』といったガイド本―――にしては大変な質量だったが―――これがとてつもなくオモシロイ。松岡正剛氏がこっちの視界に入ってきたのはこの一著からである。
d0026378_19173149.jpg

 「歴史」書なんだから、「歴史」の話が始まるのかと思いきや、なぜかビックバンによる宇宙の誕生―――これが冒頭になっている。なぜ?というのは「情報の本質」と関係があるからで―――興味のある方は、氏の『知の編集工学』(朝日文庫)をお読みになられると良い。
d0026378_19195860.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-27 18:46 | 駄文 | Comments(0)

『蟲師』 アニメ羅生門

『蟲師』の第四巻も素晴らしいデキだったが、こういう作品がフッと出てくるから日本のアニメーションは恐ろしい。「実写よりアニメの方が」というのはバカなことをだが、「何かが出てくるかもしれない」という「期待感」は、申し訳ないが、アニメーションの方が強いと言わざるを得ない。
d0026378_19413828.jpg

 結局はこの「期待感」―――これが日本のアニメーションを支えているのではないだろうか。『攻殻機動隊 S.A.C』『巌窟王』といった「試み」が成立するのも、悲しいかな、日本ではアニメーションの世界をおいて他にはない。こういうものが出てくる「かもしれない」というのと、出てくる「はずがない」というのでは、市場という巨大な、しかし実体のないものを支える上では大きな違いであろう。
d0026378_1946162.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-26 19:42 | 駄文 | Comments(0)

フェミニズム暗夜行路

フェミニズム系の著作にも手を出してみるか―――というところで読んだ『クローゼットの認識論』、これが悲しいぐらいオモシロクない。
d0026378_1719393.jpg

 オモシロクないものが如何にオモシロクないかということを説明するのは好まないので止めておくが、この分だと「ホモソーシャル」という概念提示をした『男同士の絆』も、そう期待はできない。
d0026378_17215961.jpg

 高山宏つながりで研究社リアクションシリーズを全て読み、『美人』『黒服』などはフェミニズム的視点があったのだが、これも結局は不発に終わったという印象が強い。この手のもので一番の収穫は、エリザベト・ヴィジェ・ルブランという画家を教えてくれた『美女の歴史』(知の再発見双書)ということになる。それにしても高っけぇよなぁ、ルブランのポスター。
d0026378_1730162.jpg

d0026378_17303229.jpg

(『ヴィジェ・ルブラン夫人とその娘』)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-25 17:23 | 駄文 | Comments(0)

『百鬼夜行抄』 新刊目白押し

今市子『百鬼夜行抄 14巻』(4/22)、島本和彦『新吼えろペン 4巻』(4/19)、あずまきよひこ『よつばと! 5巻』(4/27)、みなもと太郎『風雲児たち 幕末編 9巻』(4/26)、この外にも和泉かねよしの番外編もあり―――楽しみが続く。
d0026378_18223924.jpg

d0026378_18244834.jpg

 これであとは森薫『エマ 第七巻』を残すのみとなった。最終回が載った『コミックビーム』は読みにがしてしまったから、あとは単行本でチェックするしかないわけで―――それもまた楽しみである。
d0026378_18273855.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-24 18:22 | 駄文 | Comments(0)

バクチと賭博の用語集

マックス・ビアボーム(Max Beerbohm)という知ってる人は皆無に等しい作家がらみで、「賭博」について調べる必要性が出てきた。バクチ関係の用語は特殊なものが多く、英語で「stakes」「croupier」「counter」「bank」というのが、日本語の何に相当するのか、知らぬ存ぜぬでは済まされない。
d0026378_20445434.jpg

 文体については阿佐田哲也(色川武大)、語彙については森巣博(もりすひろし)―――これがまあ、見たことも聞いたこともないような言葉が、ズラリ並んでいる。参考のためにいくつか紹介してみよう。
 札束(ズク)
 元賭金(もとだま)
 賭金(こま)
 打たれ越す
 森巣博氏の文章はオモシロイのだが、残念ながら性に合わず、しかしバクチ打ち―――氏の言い方に倣えば「賭人(とにん)」―――の考え方が見えたのはありがたかった。なにせこっちはバクチに全く興味がないから、「カジノ」でなく「カシノ」が正しいというのも、はじめて知った。

  バクチ関係の勉強での、一番大きい収穫はなんといっても色川武大(いろかわたけひろ)氏の「再」発見だった。オモシロイ人だというのは前々から知っていたが、『うらおもて人生録』を読むまでは、ここまでとてつもない大人(うし)とは思っていなかった。すみません。
d0026378_2122559.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-22 20:45 | 駄文 | Comments(0)

「坊や哲」の人生録

『麻雀放浪記』で知られる色川武大(阿佐田哲也)氏の『うらおもて人生録』がとてつもなく素晴らしい。ぶっきらぼうに語りかけてくる言葉に涙があふれて止まらない―――というのは、久しくなかったことで、そういった意味でも、福田恒存(ふくだつねあり)氏の『私の幸福論』と表裏一体をなす傑作。

 ただひとつ難点を言えば、入手しづらいということ。福武書店版の全集(『うらおもて人生録』は12巻に収録)で確認していただきたい。福田氏の著作と併読をオススメする。
d0026378_20451799.jpg

(『うらおもて人生録』は収録されていないので、あしからず)
d0026378_20491272.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-21 20:45 | 駄文 | Comments(0)

女子マネ、大地に立つ

『女子マネージャーの誕生とメディア』に出てくる女子マネージャーへのインタビューがむちゃむちゃオモシロイ。女同士の人間関係に激しい嫌悪感を抱いて女子マネに―――細かいエピソードが語られたりもするが、その辺は知らないことにしておいて、やはり話題は「ホモソーシャル」だろう。
d0026378_17134573.jpg

 「男性だけの、女性が入れない集団」という風に単純な解釈をしていたが、実際の意味はちょっと違って、その条件に「同性愛嫌悪」「女性蔑視」があり、しかもそれに対応するような女同士の集団はない―――これが「ホモソーシャル」であると、E・K・セジウィックという学者が『男同士の絆』で解き明かしているらしい。
d0026378_17145245.jpg

 『ホモセクシャリティの歴史』だかなんだか、それの書評に「居酒屋で男同士が話し合っているのを見ると、本当に男は男が好きなんだな、と思う」といったコメントがあり(むろん評者は女性で)、これはどっちについての意見なのだろうかとヘンに記憶に残っているが、E・K・セジウィックの本を読めば、この辺、示唆を受けるであろうことは間違いなさそうである。今まで縁遠かったフェミニズム系の著作にも、手を出してみるか。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-04-20 17:15 | 駄文 | Comments(4)