マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

BSアニメ夜話 『あしたのジョー』

昨晩の『BSアニメ夜話』は本当にすばらしかった。出演者のコメントがどれもオモシロく、それに対するツッコミの応酬が、見ていて心地いい。
d0026378_19282723.jpg

 で、キモはやっぱり島本さん(笑)。ひとりだけ喋り方がちがうもんな。ただ、発言の骨子はものすごく的確。むしろご自身が理解してることだから、あいだの説明をふっとばしちゃっていて、そういう意味では分かりにくかったかもしれない。
d0026378_19211645.jpg

 ここ最近、神山健治監督と島本先生が立て続けに出演ということで――もうこの二人のビデオを見てるだけで、ご飯三杯はいけます(笑)。ありがとう、NHK! ありがとう、『BSアニメ夜話』
d0026378_19254151.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-31 19:13 | 駄文 | Comments(0)

『セールスマンの死』

ダスティン・ホフマンが語っていたアーサー・ミラー『セールスマンの死』。あのインタビューに激しく心打たれた以上、これはもう、絶っ対に読まなきゃいけない。

 有名な作品だから、きっと中古価格で安く出てるぞ――と思ったら、あにはからんや、ごくフツーの値段。むしろ、ペーパーバックとしては高いぐらい。

 ダスティン・ホフマンが読んで感動したのは英語版だから(当たり前だ!)、できれば原書で読みたいんだけどなぁ。
d0026378_1844522.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-30 18:40 | 駄文 | Comments(0)

「見る」ものと「見られる」もの

200回記念のアクターズスタジオはすごかった。ゲストのダスティン・ホフマンが喋る喋る。ここ最近見た中では、最高におもしろいインタビューだった。
d0026378_19244088.jpg

 では、ダスティン・ホフマンの話芸がすばらしいから、この回はオモシロかったのかというと、それが実はそうではない。そのことに、宮崎駿氏が出演した『プロフェッショナル』(NHK)を見て気がついた。

 同番組をご覧になった方もいるかもしれないが、なんか全体的に暗かった。端的に言って、オモシロくない。「なんか宮崎さんて、気難しそうな人だな」――そんな印象ばかりが残る。
d0026378_1924561.jpg

 ところが、庵野秀明氏の語る「宮さん」は、めちゃめちゃオモシロイ。『ナウシカ』のDVDについているオーディオコメンタリーを聴くと、もうそこに「宮さん」がいるような、楽しいエピソードが次から次へと飛び出してくる。

 「大股ひらいて空飛ぶなんて、はしたなーい。うっしっし」なんて言いながらナウシカの絵を描いていたというのだから、とても同一人物とは思えない。
d0026378_19271034.jpg

 ここで、ハッと気がつく。そうか、『プロフェッショナル』がつまらなく見えたのは、「宮さん」自身がつまらないのではなくて、それを撮影している人がつまらないからなんだ――

 冒頭のアクターズスタジオ、そのインタビューがめちゃめちゃオモシロイのも、聞き手であるジェイムズ・リプトンがオモシロイ人物だからで、そうでなければゲストの魅力も十分には発揮されない。
d0026378_20143398.jpg

 じゃ、どうすりゃいいんだ――と言えば、やっぱり「調べる」しかないでしょうなぁ。前述のリプトン氏は、2週間かけて、インタビューする相手の出演作を全て(!)チェックするのだそうだけれど、やはりインタビューとか対談というものは、本来、そうあるべきだと思う。

 一文字ちがいだけれど、「対談」「怠惰」になっては、やっぱりイカンですよ。

*追記:前田真宏(まえだまひろ)監督のブログに、こんな記事がありました。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-29 19:03 | ヴィジュアリゼイション | Comments(0)

フランス語を聴いてみる

新しくフランス語の会話をはじめるにあたり、手に取ったのがこの『コンヴェルサスィオン』(第三書房)。ずいぶん変わったタイトルのつけかただなぁ――と思ったら、本文に入ると日本語が一言もない。
d0026378_18391334.jpg

 だからダメかというと、実はその逆で、なんだかロボットが喋ってるみたいな日本語を無理くり読まされるよりはるかにいいし、いざ喋るとなったらどうせフランス語で考えなければいけないのだから、その意味でも好都合。

 ありがたいことに、付属のCDもオンリーフランス語。さっそく手持ちのi-Podにデータを転送。これで煩雑なCD操作の手間が省ける。
d0026378_18495472.jpg

 こういう聞き取りの訓練は、ダラダラやるのが一番いけないと恩師に叩き込まれたから、当然そんなことはしない。で、どうするかというと、まず、例文を耳だけで聴いて、その後、スクリプト(脚本)を見ながら聴いて、最後にもう一度、耳だけで聴くようにする――まあ、せいぜい10分・15分だろうか。

 この方式で英語のリスニングをやったら、半年後にはびっくりするぐらい聞き取れるようになっていたので、週に一回の授業でここまでできるなんて!――と、本当に驚いた。やっぱり語学は、いい先生との出会いだなぁ。
d0026378_1962595.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-28 18:32 | 駄文 | Comments(2)

いらないDVDをどうすればよいのか

『エマ』のDVD特装版――予想通り、アニメーションの一話と二話が付きます的な内容だったので、これだったらいらないかな、と思っていたら、作者の森薫氏がゲスト出演したラジオの放送分がつくという――森薫氏の声を聞くためだけに購入したものかどうか、いま非常に迷っている。
d0026378_19484170.jpg

 『逆境ナイン』のCDつき特別版は、声優の内海賢二(ラオウ)氏や池田秀一(シャア)氏が参加した、一時間弱のドラマCDだったので、「2000円? ぜんぜん高くないよ! むしろ安いぐらい! もう単行本は持ってるけど!」と、喜んで買った。内容もすばらしかったし。

 で、『エマ』の第二期、そのプロモーション映像を見てみましたが――ああ、やっぱり!
d0026378_19574172.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-27 19:48 | 駄文 | Comments(0)

高山宏から由良君美へ

つまり、古いものをちょっと視点をずらして別の文脈に入れると、とてもおかしくなる。あまりテクストとしては違ってないんだけど、少しいじって新しい文脈に入れたために、読者は二つの文脈を愉しめるのです。

(由良君美 『メタフィクションと脱構築』 p203)
 井上ひさし氏との対談で、ずばっと歯切れのいいことを言っている――こういう言葉に接すると、本当に嬉しくなる。
d0026378_2019814.jpg

 由良君美(ゆらきみよし)――高山宏氏が師事した先生らしい、というので読んでみたら、これが本当にオモシロくて、哲学出身なだけに内容はかなりハードだけれども、なんだろう、痩せた難解に堕さないというのか、「テツガクしてる」わけでは全然ないあたりに、非常に心ひかれた。
  
 これで高山宏氏との師弟対談でも残っていれば、なにも言うことはなかったのになぁ。
d0026378_20321391.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-26 20:16 | 駄文 | Comments(2)

『島本式』

ひっくり返した時点で限界突破だ!!

(島本和彦 『島本式』 p71)
 島本和彦的なマンガを描くにはどうすればいいか――それを解説した同人誌『島本式』がようやっと手元に届く。で、読んでみると、これがけっこうハードな内容なので驚いた。
d0026378_19444898.jpg

 テーマやプロットを作るだけ作っておいて、そして落としどころも決めたうえで、それを根底から「ひっくり返す」セリフを出す――元ネタとなっている三作品(『ガンダムSEED』『仮面ライダーV3』『ジャイアントロボ』)を見ていないせいなのか、これがすっと入ってこない。

 『島本式』自体はとてもオモシロイんだけれど、これってどういうことなのかなぁ――と思っていたら、「Xへの期待をどんどん高めていって、さて急にYを与える」、これがユーモアだという一節に出会って、なるほど!と、膝を打つ思いがした。
d0026378_19464511.jpg

 これを言ったのは哲学者のカントで、ということは、島本和彦氏の言っていることも哲学の範疇に入るのだろうか。

 そのあと、やっぱり元ネタを確認しておかないとな――と思って『ガンダムSEED』の総集編を見ましたが、これがあまりにもアレな内容だったので、むしろ、この作品をちゃんとパロディにできるなんて、島本さんはエライなぁ――と、ヘンな感動の仕方をしてしまった。
d0026378_19551469.jpg

(噂には聞いていたけれど、これはちょっとスゴイ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-25 19:33 | 駄文 | Comments(0)

桜蘭高校ホスト部 最終章

ついに終わってしまった『桜蘭高校ホスト部』――最終回は主力スタッフが集結し、すごい作画レベルになっていた。特に、手綱をにぎりしめた時の主人公ハルヒの表情は、焦りと決意が同時に感じられるような力のある絵柄で、久々に見入ってしまった。
d0026378_19102369.jpg

 それにしても、最後の最後まで――いろんな意味で――すっさまじい作品だった。第一話からこんな絵(下図参照)が出てくるんだもの。

 でも、これを下品にやらないで、ちゃんとエンターテイメントにしてくれた監督の五十嵐卓哉氏に感謝。
d0026378_2064388.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-24 19:10 | 駄文 | Comments(0)

『アオイホノオ』 後編

えっ、なんだ、コレは!?

絵、絵が、動いてるじゃないかー!??

(島本和彦 『アオイホノオ』 ヤングサンデー16号 p161)
d0026378_19282183.jpg
 庵野秀明(実名)の描いたパラパラマンガに衝撃を受けた瞬間――そのほかにも、あだち充が『みゆき』の連載をはじめた時のショックや、高橋留美子に心を持っていかれる驚きが、マンガという形でびしっとおさえられている。

 「『うる星やつら』が始まったときって、こんな気持ちだったのか!」――と、追体験させてしまうのだから、島本和彦氏の演出力はすごい。これはマンガ批評としても、けっこうエポックメイキングなことなのではないだろうか。

 ただひとつ惜しいと思うのは、どんどん盛り上がって、さあこれからっていうところで終わっちゃうこと。「続きはねぇのかよ!」みたいな。アンケートはもちろん出したけれども、ぜひ単行本一冊分ぐらいの、シリーズものになってほしい。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-23 19:07 | 駄文 | Comments(0)

森薫『エマ』 第八巻

ついに表紙が発表となった、『エマ』(エンターブレイン)の最終巻。それにしてもこの絵柄は・・・・・・
d0026378_1904093.jpg

 それと「DVD特装版」となっているけれど、いったいどんな内容なのだろう。「アニメーションの第一話だけが付きます!」みたいなものだったらいらないが、作者の森薫(もりかおる)氏が登場するのであればぜひ欲しい。
d0026378_191482.jpg

(画がうまくなりすぎて、第一巻のころの絵柄とはまるで印象が違う)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-03-22 18:47 | 駄文 | Comments(0)