マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

『天才柳沢教授の生活』

ここのところマンガらしいマンガを手にとっていないから、ここはひとつ、山下和美氏の『天才柳沢教授の生活』を読んでみようか。
d0026378_2013185.jpg

(ただ惜しむらくは、表紙のデザインがあまりパッとしないこと。アマゾンで見た限りでは、やはり文庫の方が売れているみたい)

 そういえば、こちらも長の無沙汰のMIT出版局。新しいところでは、これなんかが良さそう。
d0026378_2033673.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-30 20:02 | 駄文 | Comments(0)

聴いてわかるフランス語ニュース

『コンヴェルサスィオン』の次はこれ! オモシロイことを期待!
d0026378_201243.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-29 20:01 | 駄文 | Comments(2)

吉田健一とセイヤーズ

楽しみにしていた『吉田健一対談集成』(小沢書店)、その中で、吉田健一氏が、ちらっとドロシー・(L)・セイヤーズのことに触れていた。名前しか知らないから、今度読んでみるのにちょうどいいかもしれない。
d0026378_2038038.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-28 20:38 | 駄文 | Comments(0)

岡田斗司夫の『プチクリ学園』

ここのところアレなイベントが続いていたので、こういうものを見ると、本当にエネルギーを与えられる。アップしたのは誰だか知らないが、感謝!

 岡田斗司夫の『プチクリ学園』:ゲスト島本和彦
 
 第一回

 第二回

 第三回
d0026378_18453528.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-27 18:39 | 駄文 | Comments(0)

四面指し

『はてしない物語』戦。一日に二ページ三ページかというペースで、ようやっとアルファベットの「V」までたどり着く。これを読みきれば目標のドイツ語2000ページに到達。
d0026378_20253234.jpg

 対『ユリシーズ』戦。使用されているボキャブラリーを綿密にチェックしながら、とうとう十五挿話の『キルケー』まで来た。こっちもくたびれたが、相棒の『ランダムハウス英和大辞典』(小学館)も相当にくたびれた様子。
d0026378_202549100.jpg

 対『コミュニケーションの仏作文』戦。『コンヴェルサスィオン』のリスニングを二周したので、今度は仏作文。フランス語はけっこう一生懸命に勉強したつもりだったのに、いざ書く段になると「学校」という単語すら出ないありさまで、情けなく思われる。まだまだ序盤。
d0026378_2028461.jpg

 対『今昔物語』戦。日本語を鍛えなおそうと思い、これもまたボキャブラリーを綿密に調べながら読み進める。分量が分量なので、そうすいすいとは進まない。中盤戦にさしかかったところ。
d0026378_20322331.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-26 20:23 | 駄文 | Comments(0)

吉田健一対談集成

もっとも尊敬する文士なだけに、その著作のほとんどに目を通していたと思っていたけれど、『吉田健一対談集成』(小沢書店)なんて書物があるとは知らなかった。

 新潮社から出た『吉田健一集成』は、日本の出版物の歴史に名が残るぐらい、とてつもなく美しい造本。小沢書店のこの対談集は、どんな装丁になっているだろうか。
d0026378_19235859.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-25 19:24 | 駄文 | Comments(0)

今昔物語

福永武彦氏が訳した『今昔物語』(ちくま文庫)がすばらしくオモシロイ。説話文学というだけあって、ひとつひとつの挿話が短くて読みやすいし、そこかしこに「ああ、あれの元ネタってこれだったんだ!」という発見がある。

 芥川が着想を得た『芋粥』はまだだろうか。『杜子春』は、『唐代伝奇集』とかいう原本で読んだら、全然ちがう話だったからなぁ。
d0026378_2004169.jpg

(これは元ネタとは違うけれども、博雅が琵琶を鬼から取り返す話は見つけることができた。清明はまだ出てこない)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-24 19:52 | 駄文 | Comments(0)

『時をかける少女』

前評判はウソではなかった。脚本も演出も作画もとにかくすばらしくて、なにより映画としての出来がものすごくいい。久々に映画の「中に」いることができた、稀有な作品だと思う。

 それにしても、なんで声優を使わなかったのかなぁ。宮崎駿氏の作品も、ある時期からぱったりと声優を使わなくなったし、そういった例はここ最近、枚挙にいとまがない。やはりアニメーションの監督をつとめなければ分からない、「何か」があるのだろうか。
d0026378_18384797.jpg

(レイアウトは圧巻のひとこと。一場面一場面がむちゃむちゃカッコイイ。監督の細田氏はさすが!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-23 18:39 | 駄文 | Comments(2)

ぺてん師の英語

換金することを、英語で「realization」というらしい。そのことを種村季弘(たねむらすえひろ)氏の『ぺてん師列伝』に教えられる。兌換(だかん)を「redemption」と言ったり、搾取を意味する「exploit」が、もともとは鉱山用語だったなど、経済関連の英語にはけっこうオモシロイものが多い。
d0026378_18543252.jpg

 英語といえば、昨日放送された将棋ソフト「ボナンザ」と渡辺明竜王の対決、それについての米長邦雄(よねながくにお)氏の発言が、英語にしたらオモシロイんじゃなかろうかと思い、ためしに書いてみた。
It is interesting to hear that the development of computer technology brings some kind of humanizing "emotion" into the inhuman computating calculations.
d0026378_19362019.jpg

(左が渡辺明竜王。右が、ソフト開発者の保木氏。それにしても、将棋をほとんど知らない人がめちゃめちゃ強い将棋ソフトを作るのだからオモシロイ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-22 18:50 | 駄文 | Comments(0)

エコー・オブジェクツ

期待の一冊、バーバラ・スタフォードの『エコー・オブジェクツ』(シカゴ大学出版局)。小さいながらも表紙の画像がアップされたのでご紹介。ペーパーバックも、三ヶ月と待たずに出るみたいだし。
d0026378_19284887.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2007-04-21 19:29 | 駄文 | Comments(0)