マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

猫エンカウント

 「猫があらわれた! どうする?」――いや、どうもしないんだけど。今日は出先で猫エンカウント率が高かったなー。三匹。
d0026378_18415979.jpg

 「これで私の機嫌も直る」は二葉亭四迷の『平凡』より引用だけれど、実際そうだね。日向ぼっこしてる動物がそばにいるというのは、いいもんですな。

 動物好きではあるけれど、いわゆる「〇〇ちゃーん!」的なかわいがり方はしないし、そういうのより、人間以外の生き物が目の前にいることが嬉しい。
d0026378_18465522.jpg

 なんつーか、人間しか出てこない話をあんまり耳にすると、うーん、この世には人間以外の動物もいて、ちゃんと生きてんだけどな――とか、つい思ってしまうからなー。

 で、一番いいのは、そういったこっちの厄介な想念は、猫からすれば知ったことじゃないからね。その「知らねーよ」感が徹底してるのが、とりわけ猫の気がするけど、これは猫に訊いてみるわけにいかない。
d0026378_18502790.jpg

 猫ってそういえば、なんかツイてる言い回しとかあるんだっけ? 明日発売とばかり思っていた(事実、オビにはそう書いてある)新訳『ダブリナーズ』(新潮文庫)が売ってたから。

 いやー、猫と、猫好きの柳瀬尚紀氏が訳した同作が呼応したのかね(それは考えすぎ)。
d0026378_1921075.jpg

 (手元の『熟語本位英和中辞典』で「cat」の項を見ると、ちょうどいい具合に、「it is enough to make a cat speak(猫も呆れてものを言ひさう)」という例文が出てましたな。

 『ダブリナーズ』は読み始めたぐらいなのでまた後日! でもオモシロイよ!! 解説読んでビックリ。すげーよ柳瀬さん!!!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-28 18:42 | 駄文 | Comments(0)

クルチウスの名前が

 手紙を書くときの参考に――という、ある種さもしい根性から読み始めたプルーストの書簡集。困ったことに、ある程度取材の目的を達してしまうと、丁寧にやっているとキリがない。
d0026378_18165954.jpg

 ――ということで、かなり勢いをつけて速読していたら、最後の最後に、「エルンスト・ローベルト・クルチウス」の名前が出てくる。

 タカヤマ学派にはおなじみ、グスタフ・ルネ・ホッケのお師匠さんですな。要するに、書評してくれてありがとうという、御礼の文面。
d0026378_18175122.jpg

 クルチウスはドイツ人で、書簡はフランス語で書いてあったけど、仏語にも堪能な同氏なら問題はなかったでしょうな。氏にはバルザック論もあるし。

 そういえば、クルチウスのドイツ語は読んだことないなー。篠田一士(しのだはじめ)氏いわく「それほど難しくない」ということだけど、『ヨーロッパ文学とラテン中世』みたいなものでは、巨大すぎて読むに読めない。
d0026378_182958.jpg

 それにしても、クルチウスって、プルーストと同年代(1922)に活躍してた人なのね。もっとずっと後の人だと思ってたよ。

 追記:前々から考えてたんですが、トラックバック機能を「停止」に設定しました。アレな感じのものが大多数ですし、自分が愛読しているブログでも、リンクまでは確認しても、トラックバックまでは――という印象だったので、これだったらつけなくてもいいかなと。
d0026378_18395152.jpg

 コメント欄はそのまま継続しますので、ひとつよろしくお願いします。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-27 18:17 | 駄文 | Comments(0)

同じじゃん!

 ついにレンタル解禁となった『スカイ・クロラ』。運よく解禁日に借りることができたけれど、その翌日にも同じ店にたまたま立ち寄ったら、見事に全部レンタルされてましたな。なにしろ劇場で見られたのはわずか一ヶ月だったからなぁ。
d0026378_18401063.jpg

 で、今回あらためて見ると、あー、すばらしい!と感じたシーンが、まるっきり『イノセンス』と一緒。カーステレオからジャズっぽい音楽が流れてて、夕暮れを四人でドライブ。

 『イノセンス』でも、バセットハウンド(犬)のシーンを別にすれば、バトーとイシカワが車に乗ってるシーン、あれが一番見ていて心地いい。
d0026378_18431048.jpg

 ただ不思議なのは、相当アレコレ聴く音楽でも、ジャズだけは唯一積極的に聴かないし、先日言ったとおり、三半規管が極端に弱いので、車それ自体にも深い関心はなかったりする(案外、巨大ロボットものが苦手なのもそれか?!)。

 それが映画のワンシーンになると、琴線に触れるものがあるのだから――ただそういったことを抜きにしても、実際すばらしいシークエンスだと思う。
d0026378_18525641.jpg

 これだけ感銘を受けたのだから、せっかくの機会、描けるかどうかはともかくとして、そのシーンだけでも絵コンテにしておこうかな。

 ただ最近気づいたんだけど、自作のコンテ用紙だから、テレビや映画のフレームとは比率が違うのな。4:3か16:9なんだって。サイズが合わないはずだ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-26 18:48 | 駄文 | Comments(0)

ドクターイエネコ

 基本的に、月末はマンガ雑誌の発売がかたまっているため、ちょいとした「マンガ祭り」状態なのだけれど、うーん、やっぱ『トモヒャク』おもしれーな。
d0026378_18284411.jpg

 とよ田みのる氏の『友達100人できるかな』(正式タイトル)だけれども、買ってよかったとしみじみ思う。

 明日は『別冊花とゆめ』だもんね。つーか菅野文氏の『オトメン』目当て。
d0026378_1830381.jpg

 それでいうと、まだタイミング合わず『Fellows!』を読めてないのが申し訳なし。

 「T」ではじまる身近な書店に在庫がない(置かなくなった)ため、出先で買おうとすると、月刊誌のボリュームは持って帰るのがキツイ。
d0026378_18342724.jpg

 そういや『プ~ねこ』に、「ドクターイエロー」をもじって(?!)「ドクターイエネコ」というのが出てきたけど、なんだろう――と思って調べたら新幹線のことだったのね。

 すげーな、三半規管の弱いこっちにとって、新幹線は例外的に負担の少ない乗り物なのでありがたく思っていたけど、こんな車両があるとは。


[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-25 18:30 | 駄文 | Comments(0)

今日から『アニメ夜話』!

 テレビそのものを見なくなった現在、唯一と言っていいほど楽しみにしている番組――『BSアニメ夜話』(NHK BS2 0:00~0:55)。
d0026378_1827630.jpg

 だだらにつけっぱなしの状態にするのではなく、本当に見たい番組を本当に見たいときに見ればよい――と常々思っているので、こういうのはちゃんと見る。

 以前、夏目房之介氏の著作を読んでいたら、『マンガ夜話』が一定の人気を博したことについて、いつくか要因を分析しながら、「視聴者を馬鹿にしなかったこと」というのがあって、思わず膝を打った。それだよ!
d0026378_18295056.jpg

 見ていて「なんかイヤだな」と思うことが多くなったから、見なくなったという非常に分かりやすい構図だったんだけど、そうか、「イヤだな」と思う理由は、そういうことだったんだ――

 もちろん、全部が全部そういう「つくり」だと思わないけれど、なるほどなぁ――って。
d0026378_18372781.jpg

 ただあれだな、先日日経新聞を読んでいたら、デジタル化云々の記事で、「テレビはお茶の間でもっとも安価な娯楽」という文章があって、これも目からウロコ。

 内容とか、観る側の態度とかは考えていたけど、こーいう視点はなかったので、ビックリすると共に、そう考えると腑に落ちる感じがした。



 ――といったような、どことなく殺風景な感想はともかくとして、今日の『アニメ夜話』は楽しみだなー。『ジャイアント・ロボ』だもん。次の日が『海のトリトン』で、その後が『攻殻SAC』だから。

 『海のトリトン』はあれですな、OPというより、洗濯物を干すときのテーマソングですな。「す~い~へ~い~せーんの終わりには、あああ~」と歌いながら、Tシャツなどをハンガーにかける。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-24 18:27 | 駄文 | Comments(0)

うつのみや!

 「SF巨大ロボットもの」がどうにも苦手だと公言していて、だから自分から手に取ることはなさそうな作品でも、そこはそれ、ご縁あればちゃんと見てみよう――というのが、今回の『創聖のアクエリオン』
d0026378_18334966.jpg

 お話にはノレなかったけど、やたらレベルの高いアクションシーン+CG戦闘シーンにはびっくり。そしたら第二話の冒頭で、「なんだ!?」というような作画シーンが出てくる。

 アップになったときのフォルムが西尾鉄也氏そっくりだったので、まさか?と思ったら、西尾氏の師匠(?)うつのみや理(さとる)氏だった。
d0026378_18362482.jpg

 これがもうスゲー! フラッと身体がゆれて、画面奥に高速で移動するスピード感、ショックで倒れこみながらも、ヒザで衝撃を逃がして前のめりに突き進むとか――

 久々に作画だけでゾクゾクするシーンで、こういうことがあるから、「えー、いいよー」とかでなくて、やっぱ機会があれば見ておくべきなんだな――と思う。



 この先の話数も、そういうことなら見てみないと。お話や脚本については(狙ってるかもしれないとはいえ)アレな感じでキビシイけれど、このアクション作画のためなら、見ます。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-23 18:35 | 駄文 | Comments(0)

クリンナップ

 ――といっても、野球の話ではないのです。最近足踏みが続いている絵の話なのです。最近、ラフ画ばかり描いていたので、ちょっとクリンナップ(清書)もしてみようと。
d0026378_187293.jpg

 ラフ原の状態でがっくり来てたのが、こうしてクリンナップするとちゃんと見られるじゃん!みたいな。

 ラフはこれ(↓)だもんね。これに薄い紙を乗せて(今回は丸善の原稿用紙を乗せて)線をなぞって。
d0026378_1895763.jpg

 いやー、折口信夫(おりくりしのぶ)氏関連で『電脳コイル』はもっかい見てたんだけど、先日の会合でフランス人男性が同作のことを分かってくれて、すっげーうれしかったんだよね。「知ってんだー!」みたいな。

 方々でそれ関係の絵を描いちゃあ、知ってる人が全然いないという状況を体験していたので、海彼(かいか)の地でそれを知ってる人がいる!なんていうのはものすごく嬉しい。
d0026378_18155296.jpg

 (今度そういう機会があったら、もっとちゃんと話して、楽しい想いができるようにしてあげたいなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-22 18:08 | 駄文 | Comments(0)

継ぎ歩、穂?

 ちまちまと続けているフランス語(会話)の練習も、日々のラジオのおかげで聴き取る方はどうにかなってきて自信はついても、話す方はまったく覚束ない。
d0026378_1810408.jpg

 でもこういう「畜生!」という歯がゆさが続けていくモチベーションになるし、よくよく考えたら、英語のときもこういう風にしょっちゅう癇癪を起こしていたな。

 その英語つながりで言うと、必死こいてフランス語を聴き取るのに集中しているときに、英語の方がまだしもできるはずだからそっちで説明しようと思っても、人間の脳みそは、そう都合よくはできていませんな。いたずらに混乱するだけで。
d0026378_18163740.jpg

 なんだっけ? 脳みそっていうのは、ある言語を覚えると、それに対応する区画ができるとかで、だからそっちに集中してるときは、そううまく切り替えられないという。

 で、今回得た反省というか教訓が、「継ぎ穂(つぎほ)が足りない」ということ。
d0026378_18203636.jpg

 そんな人間、ゼロから文章を組み立てて考えてるわけじゃないから、ある種決まりきった表現とか、そういうのがある程度ストックされていて、それで「つないで」いけるというか。それを全然知らない。

 先日おぼえた「quoique non」とか、使ってみたんだけどね。まず人称変化と、それに伴う動詞の活用がグダグダ。英語にすると「He say I knows」的な感じ。
d0026378_1830931.jpg

 ま、それはそれ、新しいテーマとして受け止めるとして、そういえば『スカイ・クロラ』のDVD(レンタル版も)が、今月の25日に出るそうですな。

 映画館では、例によって一時間ちょっとで集中力が切れちゃったので、その一時間ではすげー面白かったんだけど、後半どうだったのかが、もうよくわかんないから。もういっぺん、ちゃんとDVDで見ておきたい。
d0026378_18332869.jpg

 (見終わったあとのメモがすでに「どうかしてる」もの。個人的には、主人公たちがメシを食べに行く「ダニエルズ・ダイナー」のおかみさん[?]の声がステキだったなー)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-21 18:11 | 駄文 | Comments(0)

売ってねーのな

 昨日いただいたコメントがキッカケで、「体脂肪計」というものに興味がわく――だけじゃなくて、新たなやる気も出るだろうし、これは実際に購入しようと。
d0026378_227308.jpg

 これがいいんじゃない?というのがあったんだけど、出先の用事ついでにヨドバシで実物を見てこようと思ったら、売ってねーのな。

 同じメーカーのものはあったんだけど、その上位機種というのか、言ってしまえば高価なものが多くて。機械は実際に見た上で購入したいと思っていたので、あれー?!という感じ。
d0026378_2294833.jpg

 (うーん、むしろドンキとか、そーいうショップに行ったほうが見つかるのかなー)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-20 22:07 | 駄文 | Comments(0)

5キロは長い!

 メートルはどうか知らないけど、キロも長いねー。最終目標のところまでのキログラムも長いのなんの。
d0026378_19263238.jpg

 まあ、そりゃそうなんだよね。マックスでキングスライムだったときからすれば、30とか、それぐらいは落としてるはずなんだから、一度下げ止まって当然。

 ただ困ったことに、運動量自体はフーホーフーホー言ってた頃の10倍ぐらいになったけど、なまじ体力がついた分、そのぐらいでは汗もかかないし息も乱れない。
d0026378_19291438.jpg

 うーん、こっから先、もう一段身体を絞るには、なんかネクストステップが必要なのかね。調べたらやっぱり、食べもの飲みものの総量は、すげー少なくなってんだよな。それでいてビタッと止まってるんだから、手の打ちようがない。

 栄養士の方とか、そーいう人の話を聞いてみようかな。聞いてみたいっていうのもあるし。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-02-19 19:30 | 駄文 | Comments(2)