マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「遅読の王」

 所用あって書店に立ち寄ったついでに、夏目房之介の最新刊『本デアル』(毎日新聞社)を立ち読みする。思わず、「なんニャー?!」と叫ぶくらい、かわった「つくり」の本。
d0026378_18334091.jpg

 今まで、自著の中で繰り返し「本を読むのが遅い」と吐露されていた夏目氏が、今回はじめて「どのように」読むのが遅いのかを披瀝している冒頭序が大変オモシロかった。

 マンガの分野でも「視線誘導」ということが言われていて、それと同様に、本の読み方・活字の追い方もその観点から研究したら面白いのではないか――
d0026378_18405274.jpg

 ただ、そういった関心ということだけでは割り切れない部分が「本を読む」ことにはあるのだと以前たしなめられて、おおっぴらにそうしたことは言わなくなったな。

 無理やり関連づけて言うと、絵を描くようになってはじめて、マンガに描いてあるものが目に入るようになったという経緯があるので、この辺、「認知科学」の分野とモロに関わってくるから難しい。
d0026378_1841678.jpg

 そうした面倒な議論はさておき、日経の新刊書案内に教えられた、羽生善治×柳瀬尚紀『勝ち続ける力』(新潮社)がむちゃくちゃオモシロイ!
 
 『フィネガンズ』当時のから十数年をはさんでの対談本で、それだけに両者の言葉がすごいのなんの。これはまた後日あらためて。
d0026378_18431796.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-31 18:33 | 駄文 | Comments(2)

続篇は作らねぇ!

 ここ最近、各種ロボットアニメをたくさん見て、で、その区切りとして(?)『コードギアスR2』がやっと終わる。
d0026378_14361547.jpg

 もう続編は作らないぞ!という覇気を感じる「つくり」でしたな。売れた以上、もっと作れ、作りたい、作らせてもらえないでしょうか――等々の思惑をぶった切った!

 それにしても同作、主なファン層の方々は、誰に感情移入して見ていたのだろう。西尾鉄也氏目当てに購入した『アニメージュ』の裏をめくると、一位にルルーシュ(主人公)が来てるんだけど。
d0026378_1443014.jpg

 いわゆる「親しみが持てる」キャラクター造型でないし、立ち位置的にも、自分がそこにいる――といった感情移入は難しい気がした。門外漢としてはね。

 並み居る面々も、相当にアクが強いから、そういう感情移入というよりは、個々の関係性に集中して見てるのかな――って。
d0026378_14431152.jpg

 ただ、全部見終わって、もうこれでもか!というほど、ウケそうな要素を詰め込んでいるのはエライなーと思った。列記してると、それだけで文章がうまるぐらい(笑)。

 その中で、あっ、これは今までなかった切り口かも――という発見もあったんだけど、それはまた後日、何かの機会に。
d0026378_1451256.jpg

 (電脳コイルにもアキラとタケルという少年キャラがいたんだけど、この要素に特化して作りますか!というのは、なんかウケる気配がしたな。

 あとは単にこっちが知らないだけで、もう流行ってるんだよ!みたいなこともある?)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-30 14:42 | 駄文 | Comments(0)

居酒屋なのに

 通りを歩いていると、とんでもない名前の居酒屋を見つける。その店名がなんと『重力の虹』。トマス・ピンチョン!
d0026378_19201129.jpg

 最近読んでヒットだったのは、小林章夫『おどる民だます国 英国南海泡沫事件顛末記』(千倉書房)

 種村季弘氏が言及していた詐欺師ジョン・ローに端を発する大混乱。金融史みたいなものですな。
d0026378_1859453.jpg

 英文学から文化史へとアプローチしていた小林氏の著作だけに、読みやすいし、面白い。タカヤマ文化史チャートが頭にセットされていると、より分かりやすい。

 「スパイ」としてのデフォーへの言及もあるし、「プロパガンダ・マシン」として各方面の文筆家(スウィフトも!)を集めてたお偉いさんの話など、非常に読み応えがある。
d0026378_195161.jpg

 英国文学はいっときハマりすぎたせいもあって、今はちょっと食傷気味なのだけど、こういう文化史という切り口からの英文学史はやはり良いですな。

 で、英文学に食傷して、仏文学でいま読んでいるのがスタンダール(でも英訳)。
d0026378_19101592.jpg

 「なんでもひがんで考えてみることから生じる情熱」とは、まったくその通りだな――という内容がビシビシ出てきて、これもここまで徹底すると、マイナスのヒーローという感じがする。

 ただ一番読んでいて感心するのは、スコット・モンクリーフ氏の英訳。最初から英語の小説なんじゃないの?と思うほど、すばらしい訳文。すげー。
d0026378_19104120.jpg

 『失われた時を求めて』の訳者として名前を記憶していたんだけど、実際、すごい力量の持ち主だったんだなぁ――と。

 英訳のタイトルも、『Remembrance of Things Past』だもんね。最近出てるらしい新しいのは『In Search of Lost Time』とかいう題名で、その時点で「フランス語を置き換えただけじゃん!」とガックリする。
d0026378_19245761.jpg

 それにしても、くだんの居酒屋はなんでまたそんな店名にしたのか。「なんとなく」ではゼッタイ出てこない名前でしょう、これは。

 完全自炊派のこちらとしてはあんま行く用事もないだろうけど、なにか機縁があったら聞いてみたい。案外、小説のタイトルを屋号にしてる店とかってけっこうあるのかな? 居酒屋ではないにしても。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-29 18:59 | 駄文 | Comments(0)

トリがいない

 必要あって自分のスケッチ帳から動物の絵をアレコレ引っ張り出す。
d0026378_18363471.jpg

 当然、前に描いたものより、今のものの方が鑑賞にたえるクオリティではあるんだけど、それとは別に気づいたのが、トリがいないということ。

 唯一の例外はペンペン(エヴァンゲリオン)ぐらいで、ここにトリの絵があるとおさまりがいいんだけど、さすがにペンギンではな――と二の足を踏む。
d0026378_18364933.jpg

 別にキライなはずじゃないんだけどね。早朝のスズメはなかなか風情のあるものだし、所用あって北海道に行った際の一番の思い出は、東西に長い公園で、ハトを飽かずに眺めたことだし。

 ま、ないのはしょうがない――ということで、自分のシュミで「カエル(アマガエル)」を描いたのだけど(出典は冬目景)、うーん、カエルって、嫌いな人多いかな。
d0026378_1837101.jpg

 別な種類を「クソリアル」に描いたのではそれこそ拒否反応があるかもしれないけど(自分だってヤだしね)、これぐらいだったらいいかなぁ――と。

 必要とするベクトルとかわいい路線の兼ね合いで「ネズミ」もあるか――と思ったら、残念、こっちは資料がないよ。あんまネズミを観察する機会もないしな。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-28 18:37 | 駄文 | Comments(0)

「ドラクエごっこ」

 例によって、唯一楽しみに聴くラジオ番組で、「ドラクエごっこ」という言葉を耳にし、思わず「うわー、自分もやったよ!」と感激する。
d0026378_19123032.jpg

 当時はテレビゲームに対するネガティブな反応も大きかったし、人の家で遊ぶにしても、その時分の『ドラクエ』「ふっかつのじゅもん」制だから、そもそも細かく区切って遊ぶようにできていない。

 ――で、考えついたのが「ドラクエごっこ」。拾ってきた木の棒やおなべのフタを「そうび」して、四五人が列をなし、山や空き地を練り歩く。のみ。
d0026378_1912571.jpg

 そりゃそうなんだよね。向かいの空き地にはモンスターとか出ないしな。むしろ出てこられたら困るし。

 そんな遊びがあったこと自体すっかり忘れていたので、愛聴するラジオ番組を通じて「同好の士」がいたと知る驚き。自分たちだけじゃなかったのか!と。
d0026378_19231794.jpg

 今はそんなことしないだろうな――と思ったけど、そこが素人の浅はかさ。他ならぬ今日、「らいだーきっく!」とジャンプしてる子供を発見してちょっと笑った。そもそも何ライダーだよ?!と。

 そういや、アニメーションはいまだに関心あって色々見るけれど、特撮だけはズコーンと抜けてる。調べもの関係で見たこともあるけど、いまひとつ楽しみ方が分からなかったんだよなー。
d0026378_1927996.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-27 19:13 | 駄文 | Comments(0)

べど~ん

 昨日の予告(?)通り、「猫尺」の模写をひとつ。今回も下書きゼロの一発勝負!
d0026378_18144824.jpg

 おお! ちゃんと描けたんじゃない?!と、手ごたえを感じる。人間もコンスタントにこのぐらい描けるようになればいいんだが・・・・・・

 そういえば、敬愛する夏目房之介氏が本を上梓されたとか。『本デアル』(毎日新聞社)という、マンガも含めた書評集の由。
d0026378_18192480.jpg

 (アマゾンの発売からするとまだ先だけど、書店店頭にはもう置いてるのかな? 出先の用事がてら確認確認!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-26 18:15 | 駄文 | Comments(0)

猫尺!

 ひと月のこのあたりになってくると、どういう仕組みなのか気分が参ってきて、しかしそれと同時に楽しみにするマンガ雑誌が複数出る頃合だから、それでなんとかバランスが取れるという按配。
d0026378_1944948.jpg

 「わかった、わかった」というぐらい激ホメしているとよ田みのる氏の『友達100人できるかな』は、今回も立ち読んだ瞬刻にして購入を決意。生きる意力の源ですな。

 ただ今度の話数は、お話とは全く関係のないところで死ぬほどビックリする。偶然にしても、「うおっ!」となるような確率でしょう、これは。
d0026378_1965471.jpg

 あとは久しぶりにこの「レジ猫」に出会えてよかった。それと「猫尺」

 島本和彦先生ではないけど、「一日100ガンプラ[通貨単位]で!」とか、ヘンな単位に弱いなー。
d0026378_19103277.jpg

 (さすがに今日はヨレってるのでアレだけど、「猫尺」は必ず模写しよう)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-25 19:06 | 駄文 | Comments(0)

レモンでない方のCC

 今一番人気――ということで、(ヒットの)参考になるものあればと、ご縁あって観続ける『コードギアスR2』
d0026378_12341570.jpg

 更に言うと、人気になっているキャラは描けた方がいいのでチャレンジするも、こっちの志向とはハナから合わない絵柄のため、似せる気にならない。

 じゃあ、自分の志向の範囲内で、ぎりぎりの妥協点を探すと、こんな感じになるか――というので、ガスガス人気キャラの「CC(シーツー)」を描いたらこんな感じに。
d0026378_12345643.jpg

 上記パッケージ中の緑色の髪のおねーちゃんがこうなるんだから、もはや似てるとか似てないとかではないな。

 でもやっぱり、こういうのは描いてると「うぐぐぐぐ」という感じになるので、オジサンと動物の方が、性に合ってる。
d0026378_12381154.jpg

 先日たまたまスケッチブック持参する機会あり、酔余、ボールペンで色々描いてくださった方のラクガキを見ると、愛着を持ってそうした絵を描かれているものはやっぱり全然ちがう。

 自分の場合、スケッチを眺めていくと、オジサン方面との完成度の違いに愕然とする。つーかオジサンは、そもそも下書きゼロの一発書き。それでいて、若いニーチャンは全然ないんだよな。
d0026378_12474524.jpg

 これはもう、前田真宏[まえだまひろ]氏をイメージして描いたのだろう。ご本人のファンだから。

 あとの一発書きシリーズでいうと、『ナウシカ』に出てくるクロトワとか。
d0026378_12504255.jpg

 そういうことで言えば、とよ田みのる氏の『ラブロマ』に登場するヒロイン・根岸さんは、「うぎー」っとならずに楽しく描ける例外的なキャラクターだろうか。

 あ、同作の杉本さんも、楽しく描けるな。
d0026378_12543292.jpg

d0026378_12544866.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-24 12:35 | 駄文 | Comments(0)

秒速7センチメートル

 高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』(講談社文芸文庫)は面白かったなぁ。間に中上健次や調べものが挟まったので、読了するまで時間がかかったけど。
d0026378_18233522.jpg

 巻末の年譜を見ると、高橋氏は学生運動のアレやコレで安部譲二一歩手前な施設に行き、そこでセカンドインパクト直後の葛城ミサト状態になった由。

 ハードな話題なのでぼかして書いたけれど、要するにそういう状態からのリハビリとして小説を書き始めたとか。
d0026378_18252013.jpg

 ちゃんと『フィネガンズ』への言及もあったりしてね。これでもうこっちは嬉しくなってしまう。ヤナセ訳が出る以前だから。

 まだテレビを見ていた当時、深夜の競馬番組に出てくるヘンなおじさん――という認識しかなかったけど、うーん、これはもうちょっと読んでみようかなぁ。
d0026378_18273816.jpg

 (その柳瀬尚紀氏と対談した折の、「日本文学、ああ、これはもう省略だ」のワンフレーズがものすごく気になっている。手法としてはバーセルミを使っている云々。

 それにしても高橋氏は、いつ、どのようにして英語を覚えたのだろう。自分では読んだことないけど、翻訳作品もあるとかないとか)
d0026378_1831166.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-23 18:23 | 駄文 | Comments(0)

サー、イエッサー!

 思うところあって購入した『ファミ通』――その中の伊集院光氏のコラムに、『フルメタルジャケット』をパロディにしたゲームの存在を教えられる。



 まあ、ミニゲーム集みたいなものらしいんだけど、「おまえを今日から『ぬるぬる』と呼ぶ!」というところから始まり、どんな名前をつけられても、即座にAボタンを押して「サー、イエッサー!」と答えるしかない由。

 『ファミコンウォーズ』のCMも、まさにそれ。このCMを見てた当時は分かんなかったなぁ。ただ先日聞いたお話では、海兵隊をパロったのはこちらが先だとか。



 いま読んでるスタンダールの『赤と黒』(英訳)も、赤(軍隊)か黒(神父)か悩む話だね。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-05-22 19:22 | 駄文 | Comments(2)