マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「くってんじゃねぇよ!」

 いやー、『マジ歌レボリューション』は最高ですな。前作は「マジ」の部分に比重がかかっていて、今回はどーしても「笑い」にベクトルが傾いてるけど、それでもスゴイ。
d0026378_1934537.jpg

 中でも、お笑いトリオ『東京03』の角田(かくた)氏と、新人マネージャー大竹氏の共演がすごすぎる。

 ときおり、ご縁あって人前で演奏したり歌ったりする機会ある中、このレベルはすげぇよ!と。テクニックだけじゃなく、曲としてのクオリティが高い!
d0026378_19105498.jpg

 これだけうまくなって、ここまでクダラナイことをやるというのが素晴らしい。『東京03』がこっちに来ることあったら、ライブ行ってみたいもの(笑)。

 あとはなんだ、『マジ歌』のライブDVDが近日中に出るとか。これも要チェックだなー。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-31 19:08 | 駄文 | Comments(0)

空色グラデーション

 ここんとこ水彩をやってなかったなぁ――と思い、久々に絵筆をとると、実にいい青空が描けた!
d0026378_18102123.jpg

 ――みたいなことだったら良かったんだけどね。実はこれ、グラデーションの練習で描いた絵の、裏側。

 私淑する小林七郎氏の名著を手に取ったら、筆の使い方のところで、グラデーションのやり方が書いてあったからやってみたんだけど、これがさっぱり。
d0026378_1813310.jpg

 書いてあったやり方で三枚ほど練習してみて、そのうちの2枚は良いとか悪いとかの次元にすら達していないので、まいったなぁ――と思って、そのうち比較的にマシだったののがコレ(↑)。

 ちゃんとした絵になんねぇなぁ――と思い、乾いたところを裏返すと、冒頭の画像になったという次第(トリミングではあるけど)。
d0026378_18191560.jpg

 一番上のに、以前描いたナウシカをのっけたら、割にちゃんとしたカットになるんじゃない? (でも二つの絵の彩度が違うかなー)

 水彩もいーんだけど、水張りしてから全体が乾くまでの過程がやりきれないから、コピックとか、ポスターカラーとか、ちょっと目先をかえてみようと思う。
d0026378_18242680.jpg

 (さすがに小学校時代の絵具と筆を、そのまま使うというのもいかがなものか――とか思ってきたし。やっぱり色を塗ることについても、ちゃんと一回、先生につきたいなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-30 18:11 | 駄文 | Comments(0)

ワンモア猫プレイス

 ネコというのも、案外なところにいますな。いつもと違う道を通ったら、発見!みたいに。
d0026378_2016565.jpg

 ビックリすると、歌舞伎役者が見得を切るようなポーズとなり、そっちにむしろ驚く。

 時間をおいて同じ道を通ったら、またその寝っぷりがすごい。
d0026378_20183428.jpg

 いやー、ネコだけじゃなくて、犬も描きたいんだけどね。なかなかフリーの犬って出会わないでしょ。事務所を通してくれ――じゃないけれど、必ずニンゲンがそばに引っ付いているから。

 その点ネコはフリーだから。気質にもよるけれど、こちらが非礼をはたらかなければ、スケッチする時間ぐらいはくれたりする。
d0026378_20211355.jpg

 (色川武大氏のもの言いじゃないけれど、ネコも顔つきが一匹ずつ違うし、人相ならぬネコ相?

 むこうも、じ~っと見てるしね。あんま失礼のないようにしたいんだけど)
d0026378_20263421.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-29 20:21 | 駄文 | Comments(0)

きたぜ『マジ歌』!

 一部でアツイ支持を受けている『ゴッドタン マジ歌選手権』(テレビ東京)、その新作『マジ歌レボリューション』を、やっと購入!
d0026378_18435048.jpg

 まだごく一部しか確認できてないけど、それでも大爆笑。コンビニエンスストア『ローソン』での限定販売らしく、アマゾンで探すと、1000円定価が高くなっている。

 じゃあ、ローソン行ったらあるんだ――と単純に考えていたところ、必ずしも全店舗共通で扱っているわけではないみたい。出先の用事ついでに――どころの話ではなかったよ。結果、ローソンを五軒も廻る羽目に。
d0026378_18525723.jpg

 お笑い関係は、嗜好が各人で分かれるところだけれども、これはオススメですな。第一作は、レンタル店にフツーにおいてあるので、興味のある方には強力推挽したい。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-28 18:42 | 駄文 | Comments(0)

ケーキ屋よりは

 ご縁あって名を聞き知ったものはなるべく目を通す習わしにしているので、そういった流れで手に取ったのが河内遙(かわちはるか)『ラブメイク』(集英社)
d0026378_195853.jpg

 新刊がどどどっとまとめて出たらしく、その中の一冊ということみたい。

 絵柄や服の描き方に光るものを持っているマンガ家さんという印象。機会あれば、「ケーキ屋さん」の方もチェックしてみよう。
d0026378_1983073.jpg

 (鷲田清一さんではないけれど、やっぱり身につけるものをきちんと描いていてくれるマンガ作品は、読んでいて安心しますな。)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-27 19:09 | 駄文 | Comments(4)

コピック売ってないよ

 たいへん優秀な画材として評判の高い「コピック」――売ってないのな。そりゃ、売ってなさそうなとこに行ってしまったからなんだけど。
d0026378_18323623.jpg

 ただ、マーカータイプのようなので、色を混ぜて使うってこと、できるのかなー?

 あとはやっぱり、描けないのを画材のせいにしちゃいかんだろう――と(笑)。いやー、先日のアコニーが、ホント、アレな感じだったからなぁ。
d0026378_18344893.jpg

 ニガテな女の子ではなく、自信あるオッサンや動物で腕をみがいた方がいいかもしんない。

 それで「よし!」と勢いをつけて、また新しい画題に挑戦するとかね。とりあえずカエルか?
d0026378_1839688.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-26 18:34 | 駄文 | Comments(2)

「神様家族」は「彼岸過迄」

 色々の関係から、一巻の次は五巻という、変則的な読み方になってしまった『神様家族』(MF文庫J)
d0026378_18541949.jpg

 その表紙に着想を受けた水彩が自分としても非常に満足のいく出来になったので、もうちょっと読んでみようかな――と、思った次第。

 それと同時に読んでみるのが、夏目漱石の『彼岸過迄』(岩波書店)
d0026378_18553099.jpg

 高山宏『かたち三昧』(羽鳥書店)でも同書の骨格として位置づけられていた漱石論、漱石はちょっとな――という思いがあったんだけど、漱石なりの探偵小説がコレだ――と言われては、読まないわけにはいきません。

 実際、その冒頭文が、けっこうすっとぼけたこと言ってて、笑っちゃうんだよね。ずっとニガテだ!と言ってきた作家の文章がオモシロくって、実は、しまった!とか思っていたりする。
d0026378_18592764.jpg

 あとは、みなもと太郎氏の『風雲児たち 幕末編』の最新15巻が、とてつもなくオモシロイです。

 幕末ってこんなことやってたんだ――から、当時のネットワークのあり方が、今と基本的に変わらないことなど、読み応えがスゴイ。
d0026378_1932714.jpg

 (これの旧版を揃いで学級文庫に備え付けてくれていた小学校の先生には感謝あるのみ。でも、いま顧みて、読んでるのは自分だけだったような気が・笑)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-25 18:55 | 駄文 | Comments(2)

『幻獣辞典』が図書室に

 各種単行本と同じぐらい楽しみにしている、隔月誌『コミックビームFellows!』(エンターブレイン)
d0026378_18282625.jpg

 やはり宮田紘次(みやたこうじ)氏の圧倒的な画力とエンターテイナーぶり、しおやてるこ『たまりば』のだらけたオモシロさ、百名哲『演劇部5分前』のかっとんだギャグセンスなど、やはり買ってよかったと思う。

 残念なのは、みな絵が特徴的なので、そうそう模写ができない――ということ。宮田氏なんか、読者サービスの絵柄を壁紙に設定してるぐらいのファンなのに、そうそう似てる絵があがらない。
d0026378_18321866.jpg

 誰か気づいた人がいてくれると嬉しいんだけど、図書室の本に、シレッとボルヘス『幻獣辞典』が入ってましたな。さすがに表紙までは書いてなかったけど。

 そんなハードな本読みっぷりも伺える宮田氏、作者近況の欄に、『サマーウォーズ』見に行くって書いてあったけど、見に行ったのかね。こっちは例の『破』すら行ってないよ。
d0026378_18365956.jpg

 (ちょいちょい小耳に挟む評判がすごいんだよね、『サマーウォーズ』。でもやっぱり、この分だと絵コンテの方が先になるかなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-24 18:33 | 駄文 | Comments(0)

千葉繁さんがご出演

 本日の『アニメギガ』(NHK BS2 深夜0:20~1:00)に、声優・音響監督の千葉繁氏がご出演!
d0026378_1852461.jpg

 今日の分の更新に入れ忘れたので、追記。すでにして、同HP内で氏が行う次回予告動画にメロメロ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-23 18:52 | 駄文 | Comments(0)

で、どうなった?!

 どうかな――と言っていたアコニーの着彩作業、まいられーい!という感じでやってみたら、(実力的に)時期尚早。
d0026378_8264051.jpg

 どーにもうまくいかんね。やってみて分かったのは、「黒」の濃淡で影色を指定するのが難しい――というのと、もっと明るい色を使いたい!ということ。

 鉛筆書きの下絵は、似てないとはいえ以前の模写より格段に書き易かったので、いけるか?!とか思っちゃったんだけど、塗るのはまだだわー。
d0026378_829492.jpg

 こういう、明度の低い、うすぐらーい色遣いで塗ってると、日が照ってるとこのような、明るい色にしたい!と思いますな。これは自分の嗜好なんだろうけど。

 それにしても、『アコニー』(講談社)の二巻はすばらしいね。冬目氏初の「コメディ」だということで、一巻よりもぐっとエンターテイメント性が増し、読みやすさ・オモシロさ共に大アップ!
d0026378_8325236.jpg

 そう思ってる人が多数いるのか、書店店頭でも目立つところに平積み状態で、これはファンとしても嬉しい。『トモヒャク』『アコニー』『Fellows!』と、マンガ三昧。

 人文関係の調べものもしてるので、それもある程度コトが片付いたらまとめてアップしよう。案外なことに、漱石の『彼岸過迄』がオモシロイんだよねー。
d0026378_8354027.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2009-08-23 08:29 | 駄文 | Comments(0)