マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「フンガー」とは言わない方の

 ろびこ『となりの怪物くん』(講談社)――先日の『季刊エス』(飛鳥新社)で特集されていて、移動中に読もうか――という感じで手に取ったら、これがオモシロイ!
d0026378_22121470.jpg

 「怪物くん」というのが、要するに問題児の由。ただ、校と名のつくところについて思い返すことは何もないだけに、こーいう色々と問題を抱えてる人の方が、親しみがありますな。

 でもなんだろう、単行本もけっこうな巻数が出ていて、ちゃんと人気があるみたいだから、同様の心情のを抱く読者がけっこういるってことなのかな。
d0026378_22153137.jpg

 あとはあれだ、絵がすっきりしてるのが良いね。ハードなエピソードはありつつも、全体にカラッとした雰囲気なので、読んでいて「ついてけねー」みたいな感じはなし。目の描き方なんか、ちょっと『NARUTO』っぽい?
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-31 22:12 | 駄文 | Comments(0)

M・S・G!

 ロックギター界で性格のアレな感じの人を選ぶとすると、必ずその名前が入ってくるであろうマイケル・シェンカー氏。
d0026378_846716.jpg

 悪いことにこっちもそういうアレな情報ばかりを耳にしていて、あまり熱心に聴いてこなかったんだけど、今回同氏が率いるマイケル・シェンカー・グループ(MSG)のライブが放映されてドびっくり。

 タララララっという速弾きもスゴイんだけど、何より驚いたのはチョーキングとヴィブラート。前者は弦を上に引っ張って音程を上げ、後者は押さえたまま弦を揺らす奏法だけれども、それがスゴイ。
d0026378_8473117.jpg

 「奏法」とは言ったものの、基本中の基本のテクニックで、これをやってないギタリストはいないというぐらい普通のこと。それだけに、こんな当たり前のことで感動させられるのかと大ショック。

 ただアレだな、前にジョン・メイヤーがどう上手いのか――と尋ねられて、ものすごく困ったことを思い出す。こういう「ものすごくフツーなこと」「とてつもないハイレベル」でこなすことは、説明しようとしても、むーとなってしまう。
d0026378_8501196.jpg

 特別、変わったことをしてるわけじゃないもんね。変わった弾き方や派手なフレーズだったら、ハタ目にも判りやすいんだけれど、そーいうんじゃないしなー、うーん、みたいな。

 まだまだMSGのライブもチラッと眺めた程度なので、この先が楽しみだー。やっぱり昔のバンドを調べていった方がなんか発見が多いなー。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-30 08:47 | 駄文 | Comments(0)

たまにはロングで

 いっつも顔ばっかり描いているから、たまには全身を描いてみようと。
d0026378_8595312.jpg

 コマが切れちゃってるから靴までは描けなかったけれど、あっ、前に比べたら全身を入れたロングの絵が描けるようになってるか?!

 騎虎の勢いでもう一枚やってみると、手の長さがアレな感じではあるものの、これも案外大丈夫か!
d0026378_914792.jpg

 それにしても、本当に『アコニー』しか読んでないという(笑)。

 こういうラフ絵も、きちんとクリーンアップ(清書)できるようになるといいな。
d0026378_95136.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-29 09:01 | 駄文 | Comments(0)

「モノリス」ではない

 どうした風の吹き回しか、プレイステーション3(本体)の修理を頼まれ、眼前に置かれたその機械を見ると、これは『2001年宇宙の旅』に出てきたアレじゃないの?という感じすらする。どーん。
d0026378_1374018.jpg

 修理といったところで、こっちが半田ごて片手に直すわけではないので、修理に出すまでの手続きをやることになったのだけれど、色々と考えさせられた。

 ゲーム機というところから、パソコンに近い汎用機になっているものだから、単純に、壊れました、じゃあ直してください――というわけにはいかないんだなと。
d0026378_13132034.jpg

 異常個所の記載から、IDの認証機能をオフにし、ハードディスクを本体から取り外す、その上で梱包作業――となると、そうした瑣末な作業が苦手な人には相当な難事だろうと思う。

 ともあれ、作業完了後に実機を動かしてみると、なんじゃこりゃ!というような画像ですな。同梱されていたフツーの端子で接続してこの解像度なのだから、一番キレイに映るというHDMI端子を使ったらどんなことになるのか。
d0026378_1315963.jpg

 『怒首領蜂大往生(どどんぱちだいおうじょう)』を除くと、ゲームから遠ざかっていた昨今、『龍が如く3』(セガ)は楽しみなソフトでもあるので、久々に遊んでみようかな。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-28 13:15 | 駄文 | Comments(0)

ジョイントはこれだ!

 「人生いかに生きるべきか」といったようなことが「哲学」だと思っていたけど、どうも全然ちがうらしい。「ブンガクしてる」のと「文学」の違いみたいなものかな。
d0026378_13555921.jpg

 実際、先日までせっせと行っていた佐々木果氏の講演でも、哲学が非常に大きな位置を占めていた。やはり概念とか認識とか知覚を考える場合、哲学は外せない由。

 それとも関係してくるけど、先日から、割合と自由に洋書資料を借覧できるようになったので、これを機会に縁遠かった哲学・思想系の著作にも手を伸ばしてみたい。
d0026378_13551392.jpg

 いやー、ああいう本当の意味で知的な方が参照しているのだから、それに多大な感銘を受けた以上、知らぬ存ぜぬでは済まされない。少なくともメルロ・ポンティとヒュームは確認しなくては。

 なんでわざわざ洋書資料かというと、迷惑する人があるといけないから婉曲に書くけれども、英仏独伊羅を覚えたけっこう大きな理由が、哲学・思想の翻訳を読まなくていいようにする――というのがあったりする。
d0026378_140221.jpg

 事実、だいぶ前になるけれども、まとめてロラン・バルトの著作を確認したとき、そのことを痛切に思い知った。原書を読むと、そうした想いも手伝って、つくづくと「バルトさん、勿体無いなぁ」と感じる。

 だいたいが、昔の学者って、みんな哲学者だしね。ジャンルが他になかったという。ディドロ、ダランベール、ヴォルテール、ルソーなどなど、18世紀にオモシロイ本を残した人たちは、残らず哲学者だったし。
d0026378_1493047.jpg

 原書で読むと、どれもみんなとてつもなくオモシロイというところがまた、泣かせるところ。パスカルさんなんかも、けっこう楽しいことを言ってるんだよね。

 まあ、そうした苛立ちはともかくとして、ぜひとも見てみたいと思っていたロベール・クライン『形と了解可能なもの』が英訳で見つかったのが大変に喜ばしい。
d0026378_1462472.jpg

 (中を見ると、「マニエリスム」という言葉がバシバシ出てくるから、高山宏氏が『かたち三昧』で言及するのも判る気がする)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-27 13:56 | 駄文 | Comments(1)

水彩でふにゃ顔

 ここのところめっきり遠のいていた水彩――発売となった『アフタヌーン』から、『アコニー』の表情があまりに良かったので、興がのって描いてみる。
d0026378_8412591.jpg

 おっ、これは割合にいいんじゃね?というものができたな。ピントが合うと、すぱーんと描けて嬉しい。

 それにしても、『アコニー』もこういう柔らかな表情がたくさん見られるようになって良かったな。ギスってる感じがすーっと抜けていってるというか。
d0026378_844754.jpg

 (ちょっと調べてみたら、古くからの冬目ファンの方でも、そういう印象を持たれるみたい)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-26 08:42 | 駄文 | Comments(0)

石川九楊『近代書史』

 超巨大本『近代書史』(名古屋大学出版局)をようやく読了。
d0026378_18464222.jpg

 こっちは書道を実践しているわけではないから、ほとんど「図録」として読みきった感じ。明治時代の要人から、夏目漱石、吉増剛造氏の書まで網羅しているのが嬉しい。

 「巨大」といえば、毎月の心の支えたる『月刊アフタヌーン』(講談社)。今回も『友達100人できるかな』に涙し、『アコニー』では実に良い表情が見られたので、近く模写もしてみたい。
d0026378_18483023.jpg

 そうそう、北道正幸『プ~ねこ』も再開したしね。一回4ページの連載なのに、先月号は載ってなくてビックリ。

 動物だけは、コンスタントに描けるようになっておきたいところ。やっぱり「何も見ない」で描けるようになるというのがひとつの目標だからな。
d0026378_18555673.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-25 18:48 | 駄文 | Comments(0)

佐々木果、「萌え」と「BL」を読む(1)

 先日までまとめ作業を行っていた佐々木果(みのる)氏の講演会――実はあれで一日目の内容だという、なんニャーな分量。
d0026378_8585085.jpg

 二日目(「萌え」と「BL」)についてもご要望をいただいたので、今日からアップしていくけれども、さすがにあんな分量になってはやりきれないので、かなりザックリザックリな感じでひとつ。回数的にも三回ぐらいにしようと。

 それにはもうひとつ理由があって、転写するのでない限り、このブログで「萌え」という言葉を使ったことはなくて(Bloom系と呼び変えたり)、BLについても同談。だからこそ聞きにいったというのもあるんだけど。
d0026378_925869.jpg

 佐々木氏の講演の主たる内容としては、まずその「萌え」「BL」を別々に扱うのではなく、歴史という枠の中において、一緒に考えてみよう!ということだった。

 それでのっけから『フレッシュプリキュア』(笑)。つまり、「女の子向け」「男の子向け」というカテゴリーがあるが、それを各種テレビアニメのOP映像から見ていこうという流れ。(*当日使用した映像は最新のものだったので、絵柄が違います)
d0026378_913375.jpg

 「女の子」ばっかりが出てくるからといって、それが必ずしも「女の子」向けなのかどうか、またその逆もしかり――ということで、性別でメディアが分かれていると。

 それをいったん「自己投影モデル」「欲望対象モデル」という風に、キレイに分かれるわけではないけれど、いったんそういう見方をしたらどうだろうと、そういう提起のされ方をしていたな。
d0026378_915317.jpg

 これについては佐々木氏自身が模式図を描かれていたので、次回はそれを参照するところからはじめたいと思う。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-25 08:50 | 佐々木果、「コマ」を語る | Comments(0)

佐々木果、「萌え」と「BL」を読む(2)

 佐々木果氏の講演二日目――遅ればせながら『「美少女」の現代史』(講談社現代新書)を読みきったところ。
d0026378_20171584.jpg

 読了してみると、講演内容と重複する箇所も多いので、このブログでは、「それ以外」の部分に目を向けてささっとまとめてみたい。

 昨日言っていた模式図というのはコレ。例によって当日のメモから抜粋してるから、かなり粗雑だけれども。
d0026378_2017483.jpg

 要は、佐々木氏言うところの「欲望対象モデル」の延長線上に、互いの「自己投影モデル」が見えてくるという仕組み。

 じゃあ昔はどうだったのか――ということで、歴史的なチャートを見ていくことになるのだけれど、’70年代の、具体的にいうと『キャンディキャンディ』まで、カッコイイ男の子が出てこなかったという驚き。
d0026378_20294463.jpg

 そしてまた、「男装」という意匠――これは何だと。

 王様になれるのは男だけで、それは現在も制度的に大して変わっていないというところから、そもそもの法律が出来た明治時代はどうだったのか――と。
d0026378_20301054.jpg

 個人的にはこの明治時代の法律が一番興味を引かれて、以下にきっちりとメモしてみよう。
 学制公布 (1872 M5)→学校へ行く
 子供雑誌創刊 (1877 M10)
 教育令公布 (1879 M12)→男女別学化
 高等女学校令 (1886 M32)
 少女雑誌創刊 (1902 M35)
 少女マンガは、少女雑誌から出発したなど、女学生の文化と密接不可分の関係にある由。
d0026378_20401050.jpg

 ここでチラッと、「世間体」という言葉が出てきたけれど、ここはやっぱり、阿部謹也氏に多大な影響を受けたものとしては、無視できないところ。

 「社会」「世間」という言葉を自分たちはうまいこと使い分けているけれど、それこそ少女マンガ研究も、その概念に踏み込まないといけないのではないか――と、そのとき感じたな。
d0026378_20404735.jpg

 佐々木氏の講演でも、その先、日本の「家(イエ)」と社会、家父長制、「女子供」という言葉の意味するところ――などに触れていたのだから、これはやっぱりという感じ。

 それ以降の補足点についてはまた次回に。これは未見なのだけれど、『新現実』(角川書店)という雑誌の第二号に佐々木氏が文章を書いていて、それもまた今回の講演の骨子になっているそうな。
d0026378_20442930.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-25 08:49 | 佐々木果、「コマ」を語る | Comments(0)

佐々木果、「萌え」と「BL」を読む(3)

 『「美少女」の現代史』とカブらないところだけ――と思いつつ、でもやっぱりこれだけは――というのが、宮崎駿氏の作品。
d0026378_9213354.jpg

 言われて気づいたんだけども、氏の監督作では、男キャラにみんな呪いがかかっている由。

 『紅の豚』では豚になってるし、『もののけ姫』ではアシタカが呪われ、『ハウルの動く城』はゴミ屋敷という――これは聞いていて、「なるほど!」と思ったところ。『千と千尋』のハクも、がんじがらめ状態だよね。
d0026378_99547.jpg

 講演録としては、その後、「本当の私」という内面性のところから、エマニュエル・レヴィナスの「倫理学」につながるという。

 悪いのは自分だ――というので、ここからそうした主題がノベル系のギャルゲーに出てくるそうですな。
d0026378_9265518.jpg

 「葉鍵(はかぎ)系」と言われる、KeyとかLeafの作品で、みんな泣きながらマウスをクリックしたという(笑)。この「泣きながらマウスをクリック」は佐々木氏の名セリフですな。額に飾りたいぐらい。爆笑。

 シンジ君的な「いじけ」を経由して、さて現在はどうなってるだろうか――というと、錯雑混淆とした様相を呈するようになったと。
d0026378_9293199.jpg

 パソゲー『Air』の女性人気、または志村貴子氏の「女の子になってしまう」作品とかね。とにかくサイクルが早くなっているらしい。

 『セーラームーン』も、ちょっとあのデザインはどうかな――なんて思っていたら、ストレートにカッコイイ!ということで、女性視聴層にも大ウケだったとか。汎ヨーロッパな人気もあると聞く。
d0026378_9315094.jpg

 こちらも、『ひぐらしのなく頃に』の話をされて、ビックリしたことがあったな。えっ、あれってそーいう路線のPCゲームなんじゃないの?と。聞いたら、色々のバージョンがあるんだとか。

 ここで冒頭の模式図に戻って、なるほどこれで話がつながる。あの図があることで、ギャルゲーやBL系作品の向こうにそれぞれの「自己投影」が見えてくるという。
d0026378_9345983.jpg

 それで最後の締めくくりとしては、本当にやらなければいけないのは「少年論」の方でないか――という。「少年マンガ」の方が、むしろ特殊な存在なんだと。

 橋本治氏が、その辺を手がけて、結果、上巻だけで終わってしまったそうだけれども、なるほどそれは盲点だった――という感じ。
d0026378_9383850.jpg

 残念、こっちは同氏のあまり良い読み手とはいえなくて、今回の講演の参考図書とされていた『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』も、途中で挫折。

 「萌え」「BL」という、あまり得意でない路線の作品や流れを一通り聞くことができたのは有難かったな。それで結果、いきつくところは「少年」をやるべきなんだ――というんだから。
d0026378_9451158.jpg

 (あとは、「泣きながらマウスをクリック」話があまりにもオモシロかったので、どうにかこの『新現実』も確認したいところ。

 こっちは佐々木氏、フルスロットルらしいから・笑、いつか読んでみたいなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2010-03-25 08:49 | 佐々木果、「コマ」を語る | Comments(0)