マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

モデム交換は5月下旬

 重い腰あげて作業だー!と思ったら、先日電話で伺っていた内容とは手順が違うらしく、5月下旬に交換作業をすることになりました。

 なんだか拍子抜けな感じですが、その際はまたあらためてこちらのブログにアップしますので、どうかよろしくお願いします。
d0026378_18353182.jpg

 (ただ、震災その他の影響のため、交換するとなったら、その後のプロバイダー移行まで、2週間近い日数がかかるとのこと。予想以上に長いけれど、やらないわけにはいかないしなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-30 18:36 | 駄文 | Comments(0)

モデム交換のため

 やむにやまれぬモデム交換のため、ちょっとの間、インターネットの接続ができなくなるかと思います。

 一週間はかからないと思いますが、その間更新ができなくなりますので、なにとぞご了承ください。(管理人より)
d0026378_10155861.jpg

 (交換と再接続が完了し次第、またここにコメントを残せればと思います。ではではー)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-30 10:16 | 駄文 | Comments(0)

ヴァニダ『わたし』シリーズ

 ここ最近は少女マンガというか、女性作家の作品が読書の中心となっているので、BDでも、そうした作品に目が行く。
d0026378_9542996.jpg

 で、『季刊エス』で見て以来気になっていた、ヴァニダ(Vanyda)の『Celle que je voudrais etre』(Dargaud)が届く。いきなりシリーズの2巻から買うという無茶っぷり。

 買おうと思ってから調べてみたら、一巻では主役の女の子の髪型が違うようで、やはり自分がグッときたのは2巻だから(表紙も)、じゃ、それにしよう――と。もともとマンガの巻数を気にしたことないしなぁ。
d0026378_9545159.jpg

 で、実際に読み進めてみると、オモシロイんだけど、口語的なフランス語がかなり引っかかりますなー。文学テクストとはまた違う難しさがある。

 たとえば「Tu decooonnes? Putain, la poisse!」(p. 24)などは、なんニャー?!という感じ。調べながら読むと遅くなるので、ひとまず全部読みきってから辞書を見ることにしよう。
d0026378_1035285.jpg

 とはいえ、高校生の日常が描かれていく様子には興味津々。寂しげなアブセントカットがとても印象的。

 あとは、マンガ好きというところがはっきり物語に組み込まれていて、「Heu...Ben, j'aime bien les mangas.」(p. 17)なんていう箇所を見ると、こそばゆい気持ちになる。
d0026378_109814.jpg

 急いで読むともったいないから、時間をかけて読み進めていこう。

 でもこれ、女の子たちがなに読んでるのか気になるなー。作者コメントのところを見たら、手に持ってるのがあだち充氏の『H2』だったのでどビックリ。
d0026378_10135335.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-30 09:54 | 駄文 | Comments(0)

なぎなたマンガ『あさひなぐ』

 冬目景氏目当てでスピリッツを購入したら、やたら面白かったこざき亜衣『あさひなぐ』。これはホンモノだ!――ということで、いそいそと単行本を手にする。
d0026378_10431083.jpg

 連載開始時から気になっていたけど、見過ごしていたのはなんでだろう――というのが、この一巻を読んで分かった。ちょっと雰囲気がとげとげしい。

 現在の12話~13話には、そうした要素はチラとも見えなかったので、初連載ということで、相当に気負ってらしたのだろう。
d0026378_1047627.jpg

 とはいえ、ギャグはオモシロイし、スラーンとした長身の女の子(まだ名前おぼえてない)の立ち姿など、目を引く部分が多い。あと、ヒロインの顔がオモシロイとか(笑)。

 なぎなたという、決してメジャーとはいえない武道を取り扱いながら、単行本のドコを見ても、監修者の名前が見当たらない。
d0026378_10472714.jpg

 だとすると、こざき氏は、相当ハードになぎなたをやってらしたのだろうか。剣道・弓道をかじったことのある人より、ずっと少なくなると思うんだけどなぁ。マンガでもそういう切り口だし。

 何より、楽しみにする連載がひとつ増えたのはありがたいこと。これも実際に大会とか見たらすごいんだろうね。
d0026378_1052848.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-29 10:43 | 駄文 | Comments(0)

ページを切ってないのが届いた

 とにかく洋書資料が手元にないので、もうこうなったらフランスに直接注文しちゃえ!ということで、いよいよそのブツが届く。ジョゼ・コルティ2冊、バンドデシネ1冊。
d0026378_1844874.jpg

 最近はすっかり目標を見失ってげんなりしていたけど、嬉しいな――と思うのもつかの間、頼んでいた一冊がちょっとびっくりするつくり。ページが切ってないよ。

 むかしのフランス語の本はそうだったと聞いていたんだけど、要するに、二つ折りにした紙をページ数の分だけくっつけてとめてるわけで、カッターナイフで切り開かないと読み進めることができない。
d0026378_18473072.jpg

 1965年初版で、88年の第二版を頼んだのにこの体裁ですか!と腰を抜かす。同じ版元の89年の本はパリッとしてるから、なんなんだろうと余計に思っちゃう。

 当面はこの、エレーヌ・テュゼ『宇宙と想像力』(ジョゼ・コルティ)で勉強することになるのだろう。幸い、フランス語は読みやすくてほっとする。
d0026378_18492926.jpg

 そういえば、同時に頼んだバンドデシネは、口語が中心となってるから、んん~?という表現にたくさんぶつかる。「Putain!」とか。

 まあ、文脈からこうであろう――というのは分かるんだけど、そうかー、いまはこういうフランス語でみんな喋ってるんだな――と、感慨深いものがある。
d0026378_18523463.jpg

 (そういえば、現地校に小~中と行かれていた方のフランス語を聞く機会あったけど、口語だとかなりの部分を省略して話すのね。なんかそれを思い出したな。

 あとは日本マンガ好きの女の子が出てきたりして。これからじっくり時間をかけ読み込んでいこう)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-28 18:44 | 駄文 | Comments(2)

『もしドラ』はダレ向け?

 色々あったけれど、いよいよ放送となった『もしドラ』のアニメーション。
d0026378_18301578.jpg

 ヒット作には学ぶところがあるはずと思いながら、ドラッカーに興味はあるものの、どうにも文章的に入っていけなかった。

 それを「もと」にしたアニメーションだったら、換骨奪胎されていて、見やすいかな――と思ったんだけど、ふっと、これは誰向けに作られたものなのだろうかということが頭をよぎる。
d0026378_1831570.jpg

 見ている限りは、これといった作画的な見せ場も見当たらないし、かなり淡々とした丁寧なつくり。やっぱりドラッカーの言ったことを伝えるという姿勢なのかな。

 いくら2010年度のベストセラーといっても、それだけで押すのはキツイところなのか、野球部男子がイケメン揃い(笑)。
d0026378_18342631.jpg

 最近の事情については疎いところなのでなんともいえないけれど、野球部のキャストは、相当人気のある人たちなのだろう。

 番組終わりに、「私とドラッカー」という解説篇(?)がついているけれど、できることなら、この番組それ自体の解説篇があって欲しいなぁ。
d0026378_18373912.jpg

 「もしプロダクションIGが『もしドラ』のアニメーションを制作したら」というような。もしかすると、DVDにはそうした特典がつくかもしれないけど。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-27 18:34 | 駄文 | Comments(0)

ウェブでも文語訳で読めるのか

 最近、「空(くう)の空なるかなすべて空なり」というフレーズをよく思い出すので、どれどれということで、その出典である「コヘレトの言葉」を覗く。
d0026378_1901220.jpg

 聖書は資料として持ってるだけで、さらに言えば旧約の詩篇やその周辺となると、ほとんど目を通していない。

 今回初めて読み通してみて、うわー、良いこと書いてあるなぁ――と、気分がシンクロしてるせいか、けっこうな感銘を受ける。宮崎駿氏経由で知ったけれど、これは読んでよかった。
d0026378_1904168.jpg

 ただ残念なのは、自分の持ってる版は口語訳聖書だから、いまひとつ文章としての格調に欠ける。文語訳も揃えておきたいけれど、案外なことに古書店でも目にしないんだよなー。

 そう思ったら、ウィキソースなるもので、聖書の文語訳も覗けるの分かった。ありがたいと思う反面、ルビがついていないと、かなり読みづらいですな。ぬー。
d0026378_1912079.jpg

 (文語訳では、コヘレトでなく、伝道の書となってるのね。特殊な読みをする漢字が多いから、ルビなしではかなりきつい。やっぱり紙媒体で一冊はもってないといかんか)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-26 19:01 | 駄文 | Comments(0)

メガネなヒロインの二作品

 少年誌・青年誌は、どうも自分の欲するところと、雑誌としてのターゲットがかみ合わないようで、たまに眺めるぐらいだったのだけれど、目についた二作品がどっちもメガネ。
d0026378_18334432.jpg

 先日話題にしたなぎなたマンガの『あさひなぐ』も、いま流行りのスクウェアフレームとは違う、メガネ女子が主人公。

 そのときたまたま面白かった――というのでなく、あっ、この人の実力は本物だ!と確信することができたので、もうすぐ発売だという単行本で精読しよう。
d0026378_18335510.jpg

 もうひとつのメガネっこものが、『ヤンキー君とメガネちゃん』(講談社)。そのまんまですな。

 割合に最近の掲載誌に目を通すことができたので確認すると、その一回だけではなんともいえないけれど、清潔感のあるヒロイン像がとても印象的。
d0026378_18365465.jpg

 作者名から推して(こざき亜衣・吉河美希)、上記二作品は、ともに女性の書き手なのだろうか。(「みき」という男性名もないこたないけど)

 だとすっと、自分が無意識に好感を持つ作品は、ほぼすべてが女性作家のものだということになるなぁ。知らないで見ていて、あとからそうだと気づくケースがやたら多い。
d0026378_18392841.jpg

 (ロシアの画家だというジナイーダ・セレブリャコワもそうだし。ヴィジェ・ルブランもそうだった)

 だからどうするということもないんだけれども(笑)。マンガで持っているものはその傾向があまりに強いので、ちょっと自分でも驚いた次第。
d0026378_1846744.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-25 18:34 | 駄文 | Comments(0)

原画プレゼント企画だって

 惜しまれながら(*自分的に)連載が終了してしまった『友達100人できるかな』(講談社)。先日その最終巻が発売に。
d0026378_11295656.jpg

 ここ一二年、心の支えという感じで愛読してきたマンガなだけに終わってしまうのは信じられなかったけど、そこはそれ、良い作品を送り出してくださったことに感謝。

 作者・とよ田みのる氏のHPでは、作画環境の変更に伴い、生原画プレゼント企画(!)を実施中。さっそく応募してみたよ。
d0026378_11303690.jpg

 以前聴いた話では、マンガの原画が持っている美しさは、連載や単行本とは比べ物にならなというけれど、ぜひ一度みてみたいもの。

 来月12日発売の『ゲッサン』(小学館)には、『素敵な面倒さん』を執筆される由。次号予告でみたら、すごく大きく取り上げられているのでびっくり。
d0026378_11351649.jpg

 連載陣を見てみると、やっぱり少女マンガ的な作風のものが少ないので、それで縁遠くなってしまったのかもしれない。島本先生すみません。

 でもこれで久々に「少年誌」を読むことになるかな。それはそれで楽しみなんだけれども。
d0026378_11375493.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-24 11:30 | 駄文 | Comments(0)

140時間って

 テレビを見ない分、楽しみにするラジオ番組のテープはオモシロイ回を何度も聞き返す。
d0026378_16313973.jpg

 当然、それ用のカセットテープ(いまだにかよ)が増えていくのだけれど、数えてみたら今現在までで70本以上あった。

 120分テープが70本だから、合計140時間(!!)。一時期はデジタルデータにして別なメディアに保存することも考えたけれど、接続機器等々を調べたら、それもけっこうな手間がかかる。
d0026378_1632023.jpg

 それからしばらく忘れていたけれど、しかもカセットはかさばらないから数えもしなかったけれど、こうして具体的な数字に換算するとちょっと引く。

 一年二年の分量ではないとはいえ、スゴイ量だなー。もっと熱心なリスナーであれば、トークの内容いかんを問わず(何らかの形で)データにして残しているのだからもっとスゴイことになってるんだろうが。
d0026378_1635158.jpg

 (コレクション趣味はない――と思っていたけれど、自然あつまってくるものでも、あらためて数えてはいかんね・笑)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-04-23 16:31 | 駄文 | Comments(0)