マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アホウドリ還る

 以前の『ダーウィンが来た!』で特集されていた、アホウドリの人工飼育。飛び立っていったひな鳥が成長して聟島(むこじま)に帰ってきたという。
d0026378_18181738.jpg

 なにもかも手探り状態の、しかも3年越しのプロジェクトということで、そのひな鳥が帰ってきたときの研究者氏の表情は、実に嬉しそうだったなぁ~。

 これも同じ番組だったけど、ダイオウイカ。その研究者であるクボデラ・ツネミ(漢字失念)氏が世界で初めて生きたダイオウイカの映像をおさめたときも、すばらしい顔をされていた。
d0026378_18202636.jpg

 こういう瞬間をおさめられるということは、「映像」のいいところだなぁ~と思う。

 最近つくづく感じるのは、映像の分野で関心あるのはドュメンタリーだということ。見るもんが殆どそれ。
d0026378_18252830.jpg

 『Amazing Voice 奇跡の歌声』(NHK)というのも、最初の数回はフランス編だというのでせっせと鑑賞。

 悲しいかな、パリ編の第一回はあまり聞き取れなかったけれど、第二回のブルターニュ編は、ほとんど聞き取れた。地方によって喋るスピードや語法も違うんかね。
d0026378_18253955.jpg

 *管理人よりお知らせ。一月ほど前にお伝えしていたように、5月末日でインターネット環境の変更手続きを行う関係上、10日前後、更新できなくなるかと存じます。

 定期的にチェックはするつもりですが、以前ほど頻繁にメールを確認したりはできなくなるかと思いますので、なにとぞご了承ください。
d0026378_1827241.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-30 18:20 | 駄文 | Comments(0)

良い意味の読みやすさ

 新たな楽しみとするマンガ作品を探そう!ということで、『うのはな三姉妹』を手にする。買ってから、4コママンガだということに気が付く。
d0026378_10455671.jpg

 良い意味で読みやすいマンガでしたな。4コマということで、多少食い足りない部分はあるけれど、これは同じ著者の連載作品を読めっていうことだな。

 気になってるのは『Game Over』かなぁ。ちょっと読ませてもらった限りでは
人を傷つける要素はなさそうだったので、次はこれにしようか。
d0026378_10501153.jpg

 あとは明日(30日)、『とめはねっ!』の新刊が発売! 待ってました!!

 作者の河合克敏氏も一時体調を崩されたり、その後は件のSeismeで、こっちはこっちで始終アレな感じだったから、再開した連載を『スピリッツ』で読めたときは本当に嬉しかった。
d0026378_10513918.jpg

 あとはピース(巨大犬)! 早くあのモフモフを見たい!!

 正味の話、あのピースだけで一話を作ってくれないものだろうかと切望している。そうなったらなったで、書道要素はゼロになってしまうけど(笑)。
d0026378_1053831.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-29 10:53 | 駄文 | Comments(0)

どこにも売ってねー

 「一般書店では発売しない」というのを甘く見ていた。楽しみにしていた雑誌『月刊アニメスタイル』がどこに行っても買えない(泣)。
d0026378_16573412.jpg

 小黒祐一郎氏が編集する『WEBアニメスタイル』は、アニメーター諸氏へのインタビューから、多彩なコラムなど、読み応えがあり、欠かさずチェックしていた。

 それが紙媒体で第一号を出すということで、どんなものになるのだろうか――と期待はつのるばかり。
d0026378_16593750.jpg

 三月からのドタバタで予約するのをすっかり忘れていたけれども、ツタヤや一部ショップでも店頭販売するというから、何とかなるか――と思っていたら、ならなかった(涙)。

 縁遠い(というか、あまり得意でない)ショップの類に足を伸ばすも、店員氏から「予約の時点で入荷分完売、店頭在庫はありません」というお言葉。
d0026378_1705487.jpg

 この手の分野では『季刊エス』(飛鳥新社)がズバ抜けた完成度で、それに次ぐ第二の愛読誌となるか――と思っていただけに、無念ダー。

 あとは東京の取り扱いショップで買う他ないか。6月12日近辺に出向くことになりそうだから、そこに照準を絞ろう。
d0026378_1732627.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-28 16:59 | 駄文 | Comments(0)

夏目漱石の四コマ

 うわー、こういうのが出てるんだ――と思ったのが、『先生と僕』。夏目漱石がらみのエピソードを取り集めた四コママンガですな。
d0026378_20103636.jpg

 夏目房之介氏の帯につられて(笑)中身を見ると、おおっ、かなり資料に忠実。あんなエピソードこんなエピソードがマンガになっている。

 それにしても、『先生と〇〇』というのは、ヒットする作品名なのかね。ジブリ作品では必ずタイトルに「~の~」と入れるみたいな。
d0026378_20125179.jpg

 四方田犬彦『先生とわたし』、ほり恵利織『先生とワタシ。』、探してみるとまだまだ色々ありそうだなぁ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-27 20:14 | 駄文 | Comments(0)

うのはな三姉妹

 最近ちょこちょことその名前を耳にする水谷フーカ氏。『うのはな三姉妹』という作品を見ると、実に表紙がキレイ。
d0026378_1828371.jpg

 ほのぼのとしたお話のようだから、今度チェックしてみようかな。「まんがタイムコミックス」となってるから、探すのが、もしかしたら大変かもしれない。

 気になるということで言えば、新訳が進行中のトマス・ピンチョン。『スローラーナー』(新潮社)を手に取ってみたんだけど、あまり乗っかれず。
d0026378_18244269.jpg

 ピンチョンに限らず、どうにもアメリカ文学とは相性が良くない。古いところではメルヴィルとポーも、資料として所有してるだけで、愛読という感じでないしなぁ。

 そういう、自分の関心といまひとつかみ合わなかったといえば、アンガス・フレッチャーの『アレゴリー』(コーネル大学出版局)
d0026378_18264541.jpg

 アウエルバッハの『ミメーシス』と同系統の著作と感じたけれど、申し訳ないことに、言及される作品群がまったく自分の関心とかすらない。

 アレゴリーっていうのは、抽象的な概念を擬人化して表現することをいうらしい。そういう観点から文学史をさらっていく試みだったけど、前述の理由から、あまりリキが入らなかった。
d0026378_18331672.jpg

 最近つくづくと思うんだけど、こうした批評・評論系の著作でも、ヴィジュアルが主体になってるものでないと気合が入らなくなってる。

 先日一気に読了した『Children's Literature』でも、これはファイルしておかなきゃ!というのが、みーんな図版のページ。うーん。
d0026378_18383296.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-26 18:26 | 駄文 | Comments(0)

ヌーヴィエム・アール

 古永真一氏の『BD―第九の芸術』(未知谷)で言及されていた雑誌『ヌーヴィエム・アール』。どんなもんなんだろう――と興味があった。
d0026378_1917471.jpg

 BDの世界に触れる際、自分が知りたいのは概観だ――どんな作品がどんな風に出ていて、どんな人がどんな風に読んでいるのか――と思ったので、こうした雑誌には目を通しておきたい。

 幸い、すぐにHPが見つかったものの、最近は雑誌として刊行されてないみたい。「migre」という見慣れない言葉を調べると、どうもウェブに「移行」したということらしい。
d0026378_1921955.jpg

 そういえば、先日話題にした『クリティカル・インクワイアリー』の論文、ちょっと目を通してみたら、なにより英語がムツカシイ。こりゃ腰をすえて読まないとわかんないや。

 『Representations』とかにもマンガ関係の論文が載ったりするんだろうか。だとしたら、きちんと目を通しておきたいのだけれど。
d0026378_19291299.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-25 19:18 | 駄文 | Comments(0)

団地なともお

 『あさひなぐ』『とめはねっ!』目当てに読み続ける『スピリッツ』にて、最近ミョ~に気になるのが、小田扉『団地ともお』
d0026378_1954665.jpg

 どこまでシリアスなのか分からない独特の世界観、時にヒネリの効いた風刺が入ったりして、短いページ数ながら、やたら引っかかる。

 調べてみたら、単行本は現在17巻まで出ているということで、けっこうな長期連載。ということはまた、人気もあるのだろうなぁ。
d0026378_19542183.jpg

 あと今回の『スピリッツ』で嬉しかったのは、作者コメント欄でこざき亜衣氏が、「単行本の感想など貰えて嬉しいです。生きてて良かったー!」とおっしゃってること。

 こういうのを見ると、感想を出したり出されたりということは、思っている以上に大事なことなのではないか――という気がする。
d0026378_19544411.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-24 19:54 | 駄文 | Comments(0)

「兄ィ!」な世界がカッコイイ

 せっかくレンタルのクーポンをもらったのだから、普段は見ないようなやつを見よう――ということで、見逃していた『悪名』を手にする。
d0026378_1941545.jpg

 なにしろ「勝新」ファンだから、名前は聞いた事あったんだけど、〇クザの世界だから、ちょっと敬遠していた。

 それが今回はじめて見てみると、勝新よりも、その弟分・田宮二郎氏がむちゃくちゃカッコイイ。カッコイイというより、イイ顔してる!ということで、がっつりやられる。
d0026378_1944365.jpg

 立ち回りのシーン等はなかったけど、これはこれでオモシロイなぁ。『仁義なき戦い 広島死闘編』と同じく、なにを云ってるかさっぱり聞き取れないけど(笑)。

 「河内の兄ィ」という設定だから、ネイティヴの方だと聞き取れるんだろうか。先日もたまたま関西の地理の話になり、地図帳を買ったものかと思っている。
d0026378_1931503.jpg

 (いま探してみたら、なんと勝新さんの曲だけを集めたCDが出ている! 長唄の家の生まれだということあって、独特の節回しが絶品。

 「座頭市子守唄」だけはDVDから耳コピーし、ギター片手に歌えるようになったけれど、やっぱあの格好で歌ってみたい・笑)
d0026378_19342564.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-23 19:06 | 駄文 | Comments(0)

ボタン鼻と言うらしい

 よほど興が乗ったのか、『Children's Literature』は、あれからあっという間に読了。でも期待していた、日本マンガへの言及等はなかったなー。
d0026378_11302268.jpg

 でも末尾に、「Perhaps this explains the feature that contemporary Japanese anime artists find so compelling: children with overly large eyes, yet little button noses.」(p. 331.)というくだりがありましたな。

 なるほど、ちょんとだけついている鼻のことを「button nose」と言うのか――と、その表現に興味を引かれる。
d0026378_11325433.jpg

 そしたらちゃんとここには原注がついていて、Sianne Ngai, "The Cuteness of the Avant-Garde", (Critical Inquiry 31), 2005.という文章を教えてもらった。

 最近やっと外部資料が使用可能になり、こうした論文雑誌も閲覧可能になったので、今度調べてみようと思う。
d0026378_1136594.jpg

 以前、ティエリー・グルンステン氏の講演を聴きにいったときも、鼻に対する日欧の意識の違いということを言われていたので、やっぱり気になっちゃう。

 そういったことでは、最近読んでいるヴァニダ氏の作品では鼻に特化した描き方というのはないかも。日本人読者でもスーッと入っていける絵柄になってる。これは意識してそうしてるのかなー。
d0026378_11393576.jpg

 あとは、どーしても調べがつかないフランスの俗語は、ネイティヴの友人に訊いてみたよ。さすがに根掘り葉掘りというわけにはいかないけれども(笑)。

 なるほど、そういう感情がこもってるのか――と、得るものが大きかった。ただ、そのたびに尋ねるのではいくらなんでもアレだから、やっぱりリファレンス(資料)が欲しいなぁ。
d0026378_11463729.jpg

 (別な方面にもご相談していたけど、やはりネット上に何がしかのレファランスがあるはずだ――という話に。

 流行り廃りのある分野だから、それこそインターネット向きだと思うのだけど、なかなか「これだ!」という感じにならず。腰を入れて調べよう)
d0026378_11555587.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-22 11:32 | 駄文 | Comments(0)

NEOにネコ

 『サラリーマンNEO』の新シリーズ、そのオープニングにネコが出てくるよ――と教えられたので、さっそく鑑賞。
d0026378_11553342.jpg

 鏡餅よろしく、前足にみかんを載せたネコ二匹が、顔を動かす仕草にがっつりやられる(笑)。いいわー、コレ。

 せっかくだから――というので本編を見てみると、おおっ、これはオモシロイ! 「理想の会議」がかなりツボにハマッた。
d0026378_11555168.jpg

 あとは最近、『ポチたま』を見るようになっている自分がいるな。松本君(ヒト)とだいすけ君(イヌ)が街歩きをする番組。

 まとめて犬映像・猫映像に触れると、やはり自分はネコ派のようですな。あの我関せずな感じがたまらない。
d0026378_11575054.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-05-21 11:57 | 駄文 | Comments(2)