マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『それ町』新刊は8月31日

 いまイチオシのマンガ、石黒正数『それでも町は廻っている』(少年画報社)、掲載誌を見たら、第九巻の発売日は8月31日だって。
d0026378_2372764.jpg

 今回の連載もすばらしく、これは買ってでも読みたい!と思うのだけど、雑誌全体として、他に楽しみにする作品が見当たらず、結局購入は見送ってしまう。

 ここ三ヶ月くらい、同じ行動を繰り返しているけれど、さすがに一作品のために雑誌を購入するというのはなかなか・・・
d0026378_2392911.jpg

 そういえば最近の話題作だというので、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(長いよ!)を鑑賞。

 人間関係のドロドロしている部分をフィクションで描くという、自分的には一番苦手な作風で、これは久々につらかった。
d0026378_2312336.jpg

 近年のヒット作は、みな学校と上手くやっていけない人たちが主役になってる――と言ってきたけど、この作品では、ついにスクールエスケーパーが主人公。

 来るとこまで来ちゃったなぁ――と思いつつ、この先の物語ではどんな人が主人公になるのかと考える。
d0026378_2315438.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-30 23:13 | 駄文 | Comments(0)

ごま蜜団子はごま摺り団子

 話題沸騰の『ジョジョリオン』(ジョジョの奇妙な冒険・第八部)、舞台は杜王町ということで、現実にリンクしたお話作りのせいか、ちょっとした小道具に見覚えがあるものが(笑)。
d0026378_824187.jpg

 今回出てきた「ごま蜜団子」というのはアレ、岩手の銘菓『ごま摺り団子』(松栄堂)でありましょう

 ツイッターで「あれが食べたい」というのを何度か見かけたので、フォローしてみました。一口で食べるようにしないと大変というのは、まさにごま摺り団子!
d0026378_8254922.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-30 08:26 | 駄文 | Comments(0)

『よみとく文法』

 最近は人文の勉強というより、フランス語関連の書籍を手にすることが多い。敬愛する西村牧夫先生の『よみとく文法』(白水社)もそのひとつ。
d0026378_847483.jpg

 中級・上級の内容を原理的に把握するというか、文法書としてもかなり込み入ったつくりで、読むこちらとしても気合が入る。

 ただそういう難しい内容ながら、パズル感覚で楽しく読めたのは、やはり「実例主義」であろう。出てくる例文が全て実例。
d0026378_8475862.jpg

 そしてそれに付けられる日本語訳がまた実に自然なので、読み通すことができる。中でも条件法の説明は、ひざを打つことが多く、そこだけでも一読をオススメしたい。

 あとはフランス語関連では、最近無沙汰が続いているフランス図書[西新宿にあるフランス語専門の洋書店]から、やたら分厚い封筒が届く。
d0026378_8524071.jpg

 なんだろう?と思ったら、バンドデシネ関連の著作を275点目録にしたのでご覧下さいということだった。

 まずはその分量に驚いたものの、目を通してみると、「JPY(日本円)」のところに「おしぇー!」というような数字が書いてある。
d0026378_8543685.jpg

 ご厚意はありがたいながら、これではやっぱりアマゾン・フランスに直接頼んじゃうなーと思っちゃう。まったく申し訳ない。

 あ、でも店頭で直接購入すると割引が色々つくので、東京にお住まいの方は行かれると良いかと。自分もフォリオ(ペーパーバック)をよく買いました。
d0026378_8594599.jpg

 (フランス図書のHPにも書いてあったけど、BDコレクションとして邦訳された作品はすべて、オリジナルを入荷してるそうなので、ちょっと見てみたい。クレシーもあるそうな)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-29 08:54 | 駄文 | Comments(0)

いたるところでブラックスワン

 マンガ雑誌を読むときの楽しみのひとつとして、巻末のコメントがある。そこで最近、やたらと『ブラックスワン』の文字を目にする。
d0026378_18414066.jpg

 ひどいときには、三人ぐらいの作者氏がブラックスワンに言及してらして、これはただ事でないと感じた。

 件のラジオ番組でも取り上げられてたし、夏目房之介氏のブログにも内容紹介の文章が。
d0026378_18445627.jpg

 ちょっと危うい世界に踏み込む話だと聞いているから、劇場に行くのは二の足踏んじゃうなー。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-28 18:41 | 駄文 | Comments(0)

四夜連続「芸術家と猫」

 昨日から四夜連続の集中放送となる「おまえなしでは生きていけない~猫を愛した芸術家の物語」(NHKBSプレミアム)。今日は内田百閒の由。
d0026378_9102927.jpg

 猫好き・絵好き・文学好きの三点わしづかみの名企画(笑)。第一話のレオナール・フジタのものがえらくオモシロかったので、これは楽しみダー。

 なので、急ぎメモだけ。放送は午後8時からです。
d0026378_9111531.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-28 09:11 | 駄文 | Comments(0)

ヒットの秘訣は夢中になったもの?

 先日、『ファミ通』の記事にて、レベルファイブの日野晃博氏が「ヒットの秘訣は小さい頃に夢中になったものを再現すること」ではないか――と発言してらした。
d0026378_1427353.jpg

 『魔方陣グルグル』の話をしたついでなので、そんな話をひとつ。

 必要に迫られてまた本棚の片付けをしていたら、マンガを読み始めた頃に好きだった作品が色々と出てきたな。
d0026378_1428810.jpg

 『スプリガン』『キャプテンキッド』『YAIBA』『南国少年パプワ君』『MADARA』など。頻繁に行う蔵書整理でも、なぜかこの5作品だけはきちんと残っていた。

 で、あらためて読み返してみると、当時こういうところが好きだったんだな――という記憶が、それこそ「ビデオを再生するように」よみがえって来て、それが新鮮。
d0026378_14294495.jpg

 全部の話をしてみても仕方がないから絞りこむけど、『スプリガン』では、このシャープなまなざしにやられていたんだなと気づく。

 模写してみて気づいたのは、男性キャラクターにも丁寧に睫毛が描いてあるのね。『ジョジョの奇妙な冒険』といい、こういう切れ長な瞳が当時のツボなんだろうなぁ。
d0026378_1431599.jpg

 で、シャープかつクールなバトル路線と、こういうヌケた動物もの(笑)。『パプワ君』は全巻を通じても、このトンコツ丸が一番気に入っていたということが分かる。

 『MADARA』の表紙は当時からスゴイ!と思っていたけど、いま見ても十分インパクトがある。その後の田島昭宇氏の活躍は世間周知だけれど、この頃の、まだマンガっぽいところが良かったんだよね。
d0026378_14365863.jpg

 奥付を見ていて面白かったのは、こうした作品が、どれも91~93年の刊行だったこと。

 だから、このぐらいの年代に集中して資料を集めたりすると、原体験というか、自分の嗜好の骨格が見えてくるんじゃないだろうか。
d0026378_14415088.jpg

 (惜しいことに、その当時好きだった活字本はほとんど図書館で読んでいたものだったから、参照しようにもその資料がない。

 こういうのは学校に問い合わせたら図書室とか見せてもらえるのかね。いや、調べるだけ調べて日野氏になるわけじゃないんだけれども)
d0026378_14474454.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-26 14:33 | 駄文 | Comments(0)

グルグルってそんな人気だったんだ

 先日発売となった『コミックビームFellows』にて、テキストフェローズと題し、掲載作家の対談・鼎談が収録されていた。
d0026378_10585940.jpg

 当然、影響を受けたマンガの話になったりするのだけど、『魔方陣グルグル』への言及が多くてビックリ。自分も好きだったけれど、そんな人気だったんだー!

 以前、『となりの怪物くん』の作者ろびこ氏も同様の発言をしていたように思うし、男女を問わず人気の作品だったんだね。
d0026378_1131168.jpg

 製作スタジオの日本アニメーションが第一話の動画を丸々公開してくれていて(すごい時代だ)、さっそく確認すると、今見てもちゃんとオモシロイ。

 何より、丸みを活かしたデザインが見ていてとっても気持ちがいい。鳥山明氏の流れもあるんだろうか。これは良い絵ですな。
d0026378_11172937.jpg

 ルパンの第一期を監督したおおすみ正秋氏もそう言ってらしたけど、子供たちに向けて作った作品は、15年・20年後にしか反応が聞けないという。

 『グルグル』自体は1994年の作品だから、オンタイムでは見ていたものの、後年マンガ家になる人たちに、こんな影響を与えてる作品だったとは、それこそ今にならないと分からないよね。
d0026378_11244140.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-26 11:03 | 駄文 | Comments(0)

ついに出た『パラドクシア・エピデミカ』

 高山先生がやるやるといっていた『パラドクシア・エピデミカ』(白水社)がついに発売となりましたな。まずはその質量に腰を抜かす。でけー。
d0026378_1014889.jpg

 原書でチェックはしていたので、まずは訳者あとがきに目を通す。コリーさんがどういう人かこっちはまったく知らなかったので、これは貴重な資料。

 その中で、「ジェネレーションがひとつかふたつ前の時代の名作」ということをおっしゃっていた。たしかに、こっちの興味関心がヴィジュアルに移ってしまったのもあるけど、ガチのルネサンス研究はちょっとしんどいかも。
d0026378_10192448.jpg

 とはいえ、高山先生が長らく言及されていた書物なので、なんとかしてじっくり読み込む機会をつくりたい。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-25 10:15 | 駄文 | Comments(0)

やっと終わったー!! 更新作業!!

 6月の10日ぐらいには使えてるかな~なんて思っていた新システムですが、結局使えるようになるまで、一月弱かかったな。
d0026378_8491984.jpg

 でも設定もうまくいって、これからまたブログも更新していけそうです。良かったー。

 おまけ:久々にアコニーを模写したら、顔だけは似てるようになった。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-24 08:51 | 駄文 | Comments(0)

新システムまであとちょっと!

 以外に時間がかかっているシステムの切り替えですが、さらに時間がかかることがわかりましたー(泣)。

 とはいえ、あとは機材到着を待つばかりなので、あと一週間から十日ほどだそうです。つーことはこれ、6月中は使えなかったということだな。

 話には聞いていましたが、やはり更新作業は時間がかかるもんなんですね。次にこういう機会あったときどうすべきか、代替手段を模索しておこうと思います。

 最近のスマッシュヒット作ということなので、「侵略!イカ娘」を見ております。語尾が「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という無理やりすぎる展開ながら、なぜかオモシロイ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2011-06-15 13:54 | 駄文 | Comments(0)