マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

【高山学派の集い】はこんなでした

 自分としても念願の開催だった【高山学派の集い】(2012・4・28)、友人の名仕切りもあって、実に楽しい二時間だった。
d0026378_2123459.jpg

 話題も学派の二人だけに、濃かったなー。どの著作からファンになったかに始まり、美術史から文学、ヴィスコンティの映画、パラダイムの転換に、伊集院光の言う昔のパ・リーグとか、もうムチャクチャ。

 画面中央の「Like」ボタンでゲストの方も意志表示が出来るので、ちょいちょい質問を挟んだりしたのだけど、上記の話題にLikeの数が上がる上がる(笑)。ご参加・ご協力くださった皆様、ありがとうございます。
d0026378_21251461.jpg

 あとは自分の持ちネタである「細かすぎて伝わらない高山宏モノマネ」も初めて披露。そこそこ「いい線いってる」そうなので、さらに芸に磨きをかけたいと思います。努力の方向が間違ってる気がするものの。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-29 21:25 | 駄文 | Comments(4)

【高山学派の集い】入室OKです!

 【高山学派の集い】の第一回、その開催場所となる部屋を開きました。現在スタンバイ状態ですが、23:00~スタートとなります!

 https://www.vlvlv.jp/#!/room1693

d0026378_21545142.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-28 21:55 | 駄文 | Comments(1)

【再掲】『高山学派の集い 第一回』

*いよいよ今日(4月28日)、第一回の開催となりますので、あらためてアップします。指定アドレスをクリック一発で参加となりますので、みなさま振るってのご参加を!

 ――表題にあるように、友人との共同開催で、『高山学派の集い』(4月28日[土]、22:00~24:00)をやることになりました。
d0026378_2282488.jpg

 といって、あまりガチガチの内容にせず、「高山学派とは何ぞや?」というところから、みなさんに楽しんでいただける放送にしたいと。

 ということで、司会進行は友人の杉岡氏にお願いし、私は「本棚スライドショー」を担当します。各種タカヤマ本をサカナに、ワイワイ盛り上がれればと思っています。
d0026378_2295243.jpg

 開催場所は、例によってVoiceLink(ボイスリンク)。こちらのアドレスを上記開催時間にクリックいただければ、即、参加いただけます。

 https://www.vlvlv.jp/#!/room1693
d0026378_22113496.jpg

 開催日時が近づきましたら、あらためて番組告知をいたしますが、タカヤマ学を愛する方にご参加いただければ、こんな嬉しいことはありません。

 「タカヤマ話に興味はあるけど、ボイスリンクって何?」という方がいらっしゃいましたら、20:00~24:00の時間帯に、http://www.vlvlv.jp/にアクセス! 百聞は一見に如かず、「こういうものか!」とお分かりいただけると思います。
d0026378_22212849.jpg

 (みなさまのご参加をお待ちしております!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-28 10:18 | 駄文 | Comments(0)

巽孝之が語る「ポー」

 【高山学派の集い】に向け、色々と準備していたら、タカヤマ氏の盟友というのか、巽孝之氏がNHKラジオ第二で「エドガー・アラン・ポー」について語るのだそうな。
d0026378_1535586.jpg

 毎週木曜の20:30~21:00までで、シリーズものの由。巽氏の名前はよく聞くんだけど、どうも米文学に明るくないせいか縁遠くなっていたので、これは良い機会かと思う。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-26 18:33 | 駄文 | Comments(0)

『高山学派の集い』第一回

 ――表題にあるように、友人との共同開催で、『高山学派の集い』(4月28日[土]、22:00~24:00)をやることになりました。
d0026378_2282488.jpg

 といって、あまりガチガチの内容にせず、「高山学派とは何ぞや?」というところから、みなさんに楽しんでいただける放送にしたいと。

 ということで、司会進行は友人の杉岡氏にお願いし、私は「本棚スライドショー」を担当します。各種タカヤマ本をサカナに、ワイワイ盛り上がれればと思っています。
d0026378_2295243.jpg

 開催場所は、例によってVoiceLink(ボイスリンク)。こちらのアドレスを上記開催時間にクリックいただければ、即、参加いただけます。

 https://www.vlvlv.jp/#!/room1693
d0026378_22113496.jpg

 開催日時が近づきましたら、あらためて番組告知をいたしますが、タカヤマ学を愛する方にご参加いただければ、こんな嬉しいことはありません。

 「タカヤマ話に興味はあるけど、ボイスリンクって何?」という方がいらっしゃいましたら、20:00~24:00の時間帯に、http://www.vlvlv.jp/にアクセス! 百聞は一見に如かず、「こういうものか!」とお分かりいただけると思います。
d0026378_22212849.jpg

 (みなさまのご参加をお待ちしております!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-23 22:17 | 駄文 | Comments(0)

芥川の書簡が岩波に入っていたのか

 今日初めて気づいたけど、『芥川龍之介書簡集』というのが、岩波文庫で入っていたのね。
d0026378_2154866.jpg

 手紙を書き始めるようになった頃だから、結構前の話で、その時いろいろな作家の書簡を読んで、一番参考にしたのが芥川だった。

 「拝復」とか、そういう表現は、芥川を読んで初めて知ったので、いつか書簡集を手元に置いておきたい――と思ったけど、全集でそういう買い方ができるのか分からなかった。
d0026378_21543884.jpg

 それが今回、現代かな遣いとはいえ、芥川の書簡が選集になっているということで、枕元においておく一冊として、今度購入しようかと思う。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-21 21:55 | 駄文 | Comments(0)

移動中にバートルビー

 高山先生が一種異様な入れ込み方をされた、ハーマン・メルヴィル(というか、その『白鯨』)。最近移動中にアメリカの短編集を読んでいるけど、その中に『バートルビー』が入っていた。
d0026378_22153017.jpg

 どうも「筆耕」という仕事をテーマにしたものらしい。変わった作品だなぁ~と思いつつ、でも読み進めてしまうから、そこはメルヴィルさんの力であろう。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-18 22:15 | 駄文 | Comments(0)

『花もて』に芥川!

 唯一無二の朗読マンガ『花もて語れ』に、ついに芥川龍之介作品が登場! これは芥川ファンとしてかなり盛り上がった。
d0026378_20363367.jpg

 内容もすばらしい。三巻はうわーんと大泣きする内容だったけれど、四巻では感動の種類が違って、じわっと涙がにじむ雰囲気。

 朗読作品として選ばれていたのが、『トロッコ』。芥川は全集で読んだけど、割合後期の作品のせいか、おぼえてないなぁ。
d0026378_2038866.jpg

 (童話から小説へと来て、これはそのうち前衛詩、吉増剛造とかもあるかも?!と期待してしまう)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-17 20:38 | 駄文 | Comments(0)

永田正実『好きって言わせる方法』

 いままで蓄積した知識を吐き出す時期とはいえ、ちょこちょことマンガ本は読んでおります。永田正実『好きって言わせる方法』(集英社)
d0026378_12501292.jpg

 第六巻から購入するという無軌道ぶりながら、前知識がなくても十分オモシロイ。――というか、『別冊マーガレット』の連載を読んで、これは単行本を買わなくては!と決意したんだけど。

 モテ技クイーン(*実際にこう書いてある)のヒロイン・菜乃花と、パティシエを目指す男子・ハルが主役――で、このヒロインがちょっとキテる(笑)。
d0026378_12503253.jpg

 絵柄は少女マンガの正統を継ぐ感じの華やかさで、ギャグはキレッキレというギャップがツボにはまった次第。

 同時期に掲載されていた中原アヤ『純情ドロップ』は単行本化されないんだろうか。自分としてはすごく良かったんだけど、4話で終わってしまったので(泣)
d0026378_12534375.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-16 12:50 | 駄文 | Comments(0)

『雑誌記者』はすばらしかった

 どうやら今は、溜め込んできた情報を吐き出す時期に来たようで、そうすると自然、本を読む量も減ってしまったけど、この『雑誌記者』(中公文庫)は本当にすばらしかったなー。
d0026378_2221132.jpg

 (久々の一気読みという感じ。吉田健一ほか、「文士」たちとの交遊録としても貴重な一冊)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-04-10 22:02 | 駄文 | Comments(0)