マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ノンセンスの領域(高山宏セレクション)

 白水社からのシリーズ化されている高山宏セレクションの第二弾、エリザベス・シューエル『ノンセンスの領域』がもう発売されているようです。
d0026378_1015089.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-27 10:01 | 駄文 | Comments(0)

田巻さんがフビン

 このところマンガについては少女マンガ志向が一層鮮明になり、愛読する雑誌も『別冊マーガレット』になってしまった。
d0026378_14253323.jpg

 その中で楽しみにしているのが、永田正実『好きって言わせる方法』。かっとんだ性格のヒロインと、それに振り回される周囲のキャラクターたちがなんともおかしい。

 ヒロインではないものの、印象的な脇役として登場する女子・田巻さんは、今月号でこれはフビン!という展開になり、さすがに同情する。
d0026378_1427148.jpg

 なんというのか、読んでない人のために説明すると、あれだ、『攻殻機動隊』のバトーみたいな役どころ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-26 18:21 | 駄文 | Comments(0)

『追想 芥川龍之介』

 気合の入った古本屋で入手した芥川文『追想 芥川龍之介』(中公文庫)
d0026378_14155715.jpg

 芥川夫人の聞き書きという体裁で、夫・龍之介の日常や晩年の様子を中心につづったもの。

 芥川が心身ともに参っているとき、そのそばにいるのも大変だろうし、それとは別に、身辺にまつわることで、当時の奥様の心情はいかばありであったろうと察されるような記述もちらほら。
d0026378_14183646.jpg

 それでいて嫌味さのかけらもないのがすごい。年月が経過したというのはあるにしても、これはやはり文夫人の生来の気質と育ちの良さのたまものであろう。

 読んでいておかしかったのが、羊羹の話。芥川が手紙の中に「羊羹と書くと毛が生えているみたいだ」という記述あり、たしかにそうだと、移動中の電車で読んでいて吹き出してしまった。
d0026378_14194552.jpg

 (早いとこ全集で手紙だけそろえておきたいなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-25 18:11 | 駄文 | Comments(0)

街で会ったネコ

 街中のネコ。ロックオン、ジャンプ、一連の流れをお楽しみください。
d0026378_1405734.jpg

d0026378_1411115.jpg

d0026378_1412420.jpg

d0026378_1413839.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-22 18:59 | ネコログ | Comments(0)

東北大のネコ

 雨宿りしながら、みゃーみゃー鳴いていました。
d0026378_13463511.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-21 18:45 | ネコログ | Comments(0)

芥川は鰤が好き

 本日の収穫。ウィニコットは用語も統一されていないので(*もちろん、然るべき理由あってだけど)、ぜひとも確認したかった一冊。
d0026378_13452515.jpg

 もう一冊は、芥川の奥様・文さんの聞き書き。芥川が鰤の照り焼きが好物ということで、そういうちょっとしたエピソードが楽しい。漱石と芥川については、人間として関心あるので、ついこういう周辺資料を見つけると買ってしまう。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-21 13:45 | 駄文 | Comments(0)

九井諒子作品集

 エンターブレインから発売された九井諒子さんの新刊『竜のかわいい七つの子』をひとまず読了。デビュー単行本はいまになってもフォローできていないけど(申し訳なし)、こっちを買ったから許してもらおう。
d0026378_2001644.jpg

 均質な描線や絵柄の印象もあるけど、この人は全体にニヒリズムな作品なんだぁな――とまず感じる。

 ニヒリズムには虚無主義というすごい訳語があるけど、そうでなくて、「ニヒル(Nihil)=無」という言葉そのものの意味。「なんにもない」がお話の出発点。
d0026378_2025711.jpg

 「なんにもなくてもとっこだ」という、色川武大さん的なさっぱりとした印象がずっとあって、だから読後感に一切湿っぽさがない。かといってポジティブというんでもないし。すごいあっけらかーんとした雰囲気。

 それにはたぶん、一切無駄のない均質な描線で描かれる独特の絵柄も関係してるのかと思う。これ、ボールペンで描いてるのかな? 自分でもボールペン使うから特にそう思うのかもしれない。
d0026378_2024541.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-18 20:02 | 駄文 | Comments(0)

祝!『秋津』コミックス発売!

 『コミックビームFellows』で連載されている、室井大資(だいすけ)『秋津』が、このたびめでたく単行本化された由。良かった良かった。
d0026378_12304862.jpg

 これも広義の「マンガ家マンガ」になるのかな? 困ったマンガ家・秋津と、それに翻弄される息子・いらかの壮絶なバトル。

 ネガティブ路線は苦手なんだけど、このヒネた笑いと世界観にはやられてます。でもこれ、いらか君が真人間だからこそ楽しんで読めるのかも。
d0026378_12323270.jpg

 (以前、あんまり気に入ったのでボールペンでちゃちゃっと模写したもの)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-15 18:27 | 駄文 | Comments(0)

『幻想文学講義』

 久々に書店をうろうろしていておもしろそうだった、東雅夫編『幻想文学講義』(国書刊行会)。大冊のインタビュー集ですな。
d0026378_2116363.jpg

 当然、高山宏御大をはじめ、タネムラ・シブタツがあり、由良君美もあったりして、ぜひじっくり読んでみたいところ。

 あとは待望のとよ田みのる『ラブロマ』新装版が出たので、これを支えに生きていきます。もう何十回も読んでるんだけど(笑)。
d0026378_21173937.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-12 21:17 | 駄文 | Comments(0)

やっぱ『ダウンキャストアイズ』はすばらしい!

 時間の関係できちんと読み切れなかった『ダウンキャスト・アイズ』、やっぱすごいわー。
d0026378_22162696.jpg

 ギリシャ思想から始まって、当初、目に見えるということがどれだけ哲学・思想において重要だったのが、20世紀フランス現代思想になって、それが迫害されていくというプロセスをたどるというもの。

 英語は難しい部分もあるけど、「見る」の語源を挟んだ展開など、読んでいて飽きさせない。あとは翻訳がいつ出るのだろうか。
d0026378_22195477.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-10-09 22:19 | 駄文 | Comments(0)