マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2012年のまとめ~

 いやぁ、今年も色々あったなぁ~ということで、なんとなく今年のまとめをしてみようかなと。
d0026378_10554685.jpg

 このブログではそうした話題はあんま出さないのですが、多くのご縁にまずは感謝。とくに海外マンガ関連では、日本・フランス・シンガポールと、雲上の書き手の皆さんにお会いすることができました。

 後はそのつながりもあるのですが、「実戦」でガシガシフランス語を使っていたら、この一年は自分的に相当フランス語力がアップ。これも嬉しい。
d0026378_10562816.jpg

 ただその反動として、英語にギアが入りにくくなったという弊害も。うまい話はないなぁ。おかげでいまだに『ダウンキャスト・アイズ』が読み終わらない。

 あとはいま関わっているVoiceLink™については、1月下旬に板倉雄一郎『社長復活』(PHP研究所)を読んでいただくのが早いだろうと思います。
d0026378_111043.jpg

 だからなんだろう、まとめてみると、それまでは「点」だった、海外マンガ、語学、人文というのがビジネスを通じて結びつき始めた感覚。

 最近夜中に香港の友人と話していて思うのは、ビジネスの世界で名を成すには、逆にそのビジネスの専門家ではいけないというジレンマがある由。要は別な世界の知識や交流が必要になってくるという。
d0026378_1174128.jpg

 だから、ビジネスが文化的な話題を無視し、学者寄りな人がビジネスなんかなんだ――という傾向は良くないなぁと。

 というわけで、そこを「つなげる」試みを行っているローカリゼーションマップ勉強会もあり――と、激動の2012年に引き続き、2013年もなんだかあわただしい年になりそうだ。
d0026378_119298.jpg

 (あとは良いマンガ作品をたくさん読めたのも大変よかった。『闇の国々』の完成度には、今更ながら圧倒される。皆様良いお年を!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-31 18:50 | 駄文 | Comments(0)

「ロシア語やらない?」

 というお誘いをいただいたので、「やりましょう!」ということに。で、2013年からは自分が音頭を取ってロシア語を始めることになった。
d0026378_16401461.jpg

 英仏独伊羅中とやっていて、この上ひとつ増えるのもふたつ増えるのも似たようなもの。ロシア語だったらNHKラジオもあるし、その意味で教材に不自由することはない。

 で、できるようになったら、ぜひゴーゴリを読んでみたいなー。何がきっかけだったか、ゴーゴリの『鼻』を読んだら、非常にユーモラスな作風で、重厚!というイメージばかりのロシア文学に、こんなのあるんだ!と驚いた。
d0026378_16402961.jpg

 また別な友人からは度々トルストイの名前を聞いていたので、これを機会に作品に触れてみるのもいいかもしれない。

 で、どうやろうかなーといろいろ調べていて残念だったのが、辞書。露和辞典はどれも使用に耐えるものではなさそうなので(活字が小さい、例文が良くない…などなど)、いきなり露露辞典になっちゃうかなー。
d0026378_16421997.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-30 18:31 | 駄文 | Comments(0)

アゴの線を修正(模写)

 先日の『マホロミ』の模写で、のどの線が輪郭にはみ出しているというご指摘あったので、そこを含め、ほんのちょっとだけ輪郭をクリンナップしたので再掲載。
d0026378_10364759.jpg

 こっちが前の。ホントにびみょ~なところなんだけど、やはりそういうところが大事な由。
d0026378_1038391.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-29 18:36 | 駄文 | Comments(0)

大賞は『ヒナまつり』に決定!

 自分の選ぶマンガ大賞ですが、今年度は大武政夫『ヒナまつり 4』(エンターブレイン)に決定! こんだけ面白ければ、もう大賞しかねぇよ!と。
d0026378_14145432.jpg

 近年激オシしている作品ですが、掲載誌ではずっとスルーしていた。本当に申し訳なし。

 キッカケはとよ田みのるさんのツイートで、へぇ、と思ってあらためて読んでみたらムチャクチャ面白かった!という流れ。
d0026378_14163798.jpg

 なのでまぁ、だまされたと思って読んでみる――ぐらいが一番いいのかも。

 1~3巻も十分面白いですが、4巻のクオリティがちょっとキテるなー。年の瀬に大変良いマンガを読めました。
d0026378_14175338.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-28 18:14 | 駄文 | Comments(2)

ちょっとアレな感じ

 どこでだったか、『紅楼夢』にはギャルゲー的な視点があって――と聞き、へぇー、中国の古典なのにそんな要素を読み取っている人もいるんだーと、長らく気になっていた。
d0026378_1452758.jpg

 で、平凡社ライブラリーで一巻を読んでみたところ、正直うーんという感じ。翻訳はすばらしいし、その点文句のつけようがないけど、いったい何がオモシロイのか…ということで、珍しく中座してしまった。

 それと同時期に手にした吉増剛造『詩学講義 無限のエコー』も、途中で読み進めるのをやめてしまった。吉増さんの本なのに!と自分でもびっくり。
d0026378_1482156.jpg

 でもこれ、吉増さんのせいじゃないような気がするんだよなー。なんか本全体が読みにくいし、装丁もデザインも安っぽいし、吉増さんの本を読んでいる気がしない。なにより「あとがき」がぜんぜんないので、そういった面でも不満が残る。

 吉増さんの詩人論で言えば、『詩をポケットに』(NHKブックス)が圧倒的な素晴らしさなので、本づくりって怖いなーとも思う。
d0026378_1491912.jpg

 詩学うんぬんで言えば、エズラ・パウンドの『詩学入門』(冨山房百科文庫)がずば抜けてオモシロイです。ただ希書なので、図書館で借りるしかないのが残念。

 一時期、この一冊を求めて古書店をさ迷い歩き、あまりに見つからないので原書を購入してしまった。いまだに欲しいなーと思う一冊。
d0026378_14122994.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-27 18:03 | 駄文 | Comments(0)

『闇の国々』買いました

 やっとというか今更というか、『闇の国々』(小学館集英社プロダクション)を購入。あらためてブツを目の前にすると、でかいなー。
d0026378_9434640.jpg

 まだ全然読めていないけど、作者のペータースさんは哲学を学ばれたということで、どうも人文的な教養に重なる部分あるみたい。

 ジョヴァンニ・バッティスタという人名を聞いたら、当然次はヴィーコと来るでしょう!みたいな。そういう人文ファン的な仕掛けがあるように思える。
d0026378_946104.jpg

 (で、デカイ本特集ということで、自分のもってる三冊を撮影してみた。美術書はそもそもデカイから、通常の本棚には入らないという罠。

 ペータースさんもそうだけど、今年はバンドデシネ関係でたくさんの海外作家さんにお会いできたのが何よりだった。自分のフランス語もどうにかなってきた自信もついたので、来年はさらにジャンプアップ!)
d0026378_9475523.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-26 18:43 | 駄文 | Comments(0)

真百合の模写(マホロミ)

 最近絵を描くと各所で評判が良いので、『マホロミ』に登場する真百合(まゆり)を模写ってみた。
d0026378_10123173.jpg

 でも自分的には、建築部品マニアの卯(あきら)を推していきたい。
d0026378_10132087.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-25 18:10 | 駄文 | Comments(0)

クリンゴン語?

 これ面白いよ!ということでオススメいただいた『宇宙人ポール』。まずこのタイトルの時点でフツーは見ないだろうというガッカリ感満載ながら、実際に見たら本当に面白かった!
d0026378_2063636.jpg

 宇宙人オタクの二人がモノホンの宇宙人と遭遇、政府を巻き込んでの珍道中――B級感あふれる映画なんだけど、エンディングのおしゃれ感がすごかった。これはズルイ!(笑)。

 本編とは全然別なところで気になるのが、主役二人の話す言語。イギリス人ということで、かなりブリティッシュな英語だけど、ときおり字幕になる箇所が。
d0026378_2083070.jpg

 当初、イギリスという連想から、ウェールズ語、ゲール語(アイルランド)かと思ったが、もしかしてこれ、クリンゴン語?

 主役の二人はUFOオタクということだから、クリンゴン語で日常会話ができてもおかしくない(笑)。あとはコミコンの話題が出てきたり、引っかけがうまいなー。
d0026378_20115295.jpg

 (あとはその主役の一人がバナナマンの日村さんにしか見えなかったのは自分だけ?)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-24 18:02 | 駄文 | Comments(0)

新人マンガ賞はこの二人!

 自分が選ぶ2012年新人マンガ賞は、水野美波『新聞部の小松さん』と山本崇一朗『からかい上手の高木さん』に決定! どっちも単行本化されてないけどな!
d0026378_1221251.jpg

 前者は『別冊マーガレット』の付録小冊子にて連載(4話完結)、後者は『ゲッサン』にて読み切り掲載、好評だったのか、『恋文』という新作も載ってたよ。

 選評(大げさ)としては、新聞部の小松さんの、ボーイッシュ女子というのが(自分の)決め手になりましたが、あれだな、こういうヒロイン像ってそもそも少女マンガであんま見なくねー?というので、とても新鮮だった。
d0026378_12245934.jpg

 山本さんの場合は、とよ田みのるさんを思わせるド直球なお話、絵柄もストーリーもすごく新しいわけではないのに、なぜかグッと来てしまう――

 西村キヌさんが言っていた「決してうまくないけど、すばらしいなというのもあるし、上手いけど一ミリも来ませんな!というのもあるし」という、アレだ。
d0026378_12251594.jpg

 でも丸みを生かした自然な絵柄はすばらしいと思う。山本さんはツイッターもやられているようで、そこにアップされた写真を拝見すると、うわっ、女の子の絵がうめぇ!

 うまい!というか、グッとくる(笑)。こういう新人さんの楽しい絵に出会うと嬉しいなー。でも海外マンガも買わないとなー。
d0026378_12274364.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-23 18:16 | 駄文 | Comments(0)

2012年度マンガセレクション

 大賞選出の前に、ひとまず1月から読んできて印象的だったもののリストを作ってみた。こういうときブログやってると便利だなー。

1月 
冬目景『マホロミ』(小学館)
d0026378_21522646.jpg

2月 
じゃんぽ~る西『パリ、愛してるぜ~』(飛鳥新社)
森薫『森薫拾遺集』(エンターブレイン)
d0026378_21524349.jpg

3月
石黒正数『木曜日のフルット 2』(秋田書店)
d0026378_21525995.jpg

4月
永田正実『好きって言わせる方法 6』(集英社)
d0026378_21531768.jpg

5月
Alison Bechdel "Are You My Mother?"(Houghton Mifflin)
d0026378_21533025.jpg

7月
石黒正数『それでも町は廻っている 10』(少年画報社)
d0026378_21534475.jpg

8月
ふみふみこ『ぼくらのへんたい』(徳間書店)
d0026378_21542394.jpg

9月
渡辺カナ『星屑クライベイビー』(集英社)
d0026378_2154359.jpg

10月
九井諒子『龍のかわいい七つの子』(エンターブレイン)
d0026378_21544376.jpg

11月
室井大資『秋津』(エンターブレイン)
d0026378_21545417.jpg

12月
大武政夫『ヒナまつり 4』(エンターブレイン)
d0026378_2155282.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2012-12-22 18:49 | 駄文 | Comments(0)