マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

室井大資『エバタのロック』

 なんでもありのマンガ雑誌『スピリッツ』にて不定期掲載されている、室井大資『エバタのロック』(小学館)、そうかー、単行本化されたかー。
d0026378_15402527.jpg

 室井さんの印象はというと、当初ハードコアなバイオレンスマンガを描いていて、絵に凄味があるせいかあまりちゃんと読んでいなかったのが、ダメマンガ家マンガ『秋津』で、「あっ、この人のギャグってこんな面白かったのか!」と。

 同じことを思った編集者がスピリッツにいたのかどうか、今度はかっとんだロックスターを立ててギャグマンガを描いてみませんか――なんてやり取りがあったのではないかと想像する。
d0026378_15404777.jpg

 『とめはねっ!』『団地ともお』『あさひなぐ』と、チェックするマンガがあるのでスピリッツはちょいちょい見てたんだけど、おおっ、週刊誌に来たか! スゲー!!と興奮したのを覚えている。

 『秋津』の方がマンガ家マンガだけあって切実なものがあるぶん大いに笑えるけど、エバタ~も良いです。絵というよりセリフ一発のインパクトが楽しい。ぜひ確認したい。
d0026378_15432420.jpg

 (『団地ともお』も4月からアニメ家だそうですよ。暴力的なケリ子が好き。どうなるのか
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-31 18:36 | 駄文 | Comments(0)

高校時代にもっとやっておけば…(古文)

 このところ日本の古典、それも平安とかそっちの時代の文学に心惹かれていて、日本語を鍛えるというためにも今後は定期的に読んでいこう!と思ったものの、悲しいかな、古文の学力がない。
d0026378_13145318.jpg

 高校の頃にもっとちゃんと勉強しておけば…とは思ったものの、あのころは読みたいものもないのに勉強から入っているからそりゃ学ぶ気にもなれないわなー。

 英語が苦手だという人の話をよく聞くけど、結局そういうことではないだろうか。自分は好きな音楽が英語の歌だったので、そっちを分かるために英語を勉強したという順序だったから。
d0026378_13153170.jpg

 長じてジョイスに親しむようになり、また信頼する翻訳が出てないもんだからそれで結果的に英語を覚えたわけだし。

 人間、何を始めるにも遅すぎるということはない、勉強したいと思った時が勉強するときだという格言もあることだし、ぜひこれからは古文も勉強してみよう。
d0026378_1316921.jpg

 ただあれだなー、英語など語学の参考書は山のようにあるのに、日本語の古文を「外国語として」学ぶための参考書って見かけないよね。

 明治・大正あたりだと今の日本語と地続きだから割と気楽に読めるし、愛読している作家も多いけど(芥川・百閒・斎藤緑雨などなど)、これが近世以前となるとどーんとハードルが上がる。でも日本語鍛えたいし。
d0026378_13174891.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-30 18:10 | 駄文 | Comments(0)

ロシア語に疲れたのでヴォルテール

 いよいよロシア語も疲れてきた感じがあるので、しばらくほったらかし期間を設けようと思う。
d0026378_2016417.jpg

 英仏独伊羅中露と節操なくやっているけど、不思議なもので、必死こいてインプットしつづけているとできるようになるものでもないらしく、インプットした情報を整理するための休息期間が必要な気がする。

 人間、寝ている間に見る「夢」というのが、その日あったことを整理する大事な時間らしいけど、やはり語学についても同様のことが言えるのではないか。こりゃ語学に限らないな。
d0026378_2016233.jpg

 さりとてフランス語も猛烈にインプットしてるから、ちょっと日本語に戻りたいと思う。んで、ずっと前から気になったいたヴォルテール『カンディード』(岩波文庫)を読むことにした。

 英文学でもなんでも、一番オモシロイのは18世紀という確信あるので、その意味でまさに18世紀を代表する作家(哲学者)ヴォルテール。推理小説のハシリだともいうし、楽しく読むことにしよう。
d0026378_20183068.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-29 20:18 | 駄文 | Comments(0)

やっぱ卯(あきら)は良いわー

 冬目景さんの建築マンガ『マホロミ』に登場する卯(あきら)はやはり良いですなー。いまは『スピリッツ』(小学館)で連続掲載されているのでぜひ!
d0026378_18381041.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-28 18:38 | 駄文 | Comments(0)

エリオット・ポール『最後に見たパリ』

 吉田健一が自著の中で再三再四名前をあげていたエリオット・ポール『最後に見たパリ』(河出書房新社)が、ご息女・暁子さんの訳書として発売されていた。
d0026378_1311551.jpg

 大雪ですっかり失念していたけど、ポールの本は何冊も読んでいるので、これもぜひチェックしたい。『最後に~』なんか、原書で二冊持ってるからなぁ。

 あとは『ルーヴル美術館のごたごた(Hugger-Mugger in the Louvre)』だけは、原書で買っておきたい。読む時間あんのかとは自問するんだけど。
d0026378_13134013.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-27 18:08 | 駄文 | Comments(0)

渡辺カナ『花と落雷』

 激オシしている少女マンガ家・渡辺カナさんの『花と落雷』(集英社)がついに発売! めでたい!!
d0026378_1423995.jpg

 この表紙でお分かりの通り、華やいだ雰囲気がすばらしい。それでいて要所要所で犬のお面をかぶったり、変顔になったり・・・ 緩急が読んでいて楽しい。

 有言実行委員会の名のもとに、会長(というか唯一の会員)に巻き込まれ、引っ込み思案な性格を何とかしようとするヒロインの奮闘ぶりが楽しい。
d0026378_1423244.jpg

 以前、別作品の模写を試みたことがあったけど、まるで似ても似つかぬものが出来上がった。そう簡単には似せられないんだよなー。

 ということで、久々に少女マンガらしい絵柄を持った少女マンガということで、オススメです。
d0026378_14263990.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-26 18:20 | 駄文 | Comments(0)

板倉雄一郎『社長復活』

 このブログとしては珍しい感じですが、今日25日は板倉雄一郎『社長復活』(PHP研究所)の発売日! 
d0026378_1044113.jpg

 本好きとして、前著『社長失格』(日経BP)はなんとな~く書名を知っている感じでしたが、縁は異なもの、なんだかんだと学者系のつながりばかりだったのが、2012年から板倉さんを通じてビジネス系のご縁がどどどぉ~っと広がった次第。

 で、ちょこちょこと投稿するVoiceLink™(ボイスリンク)というものが何だかよくわからない――とお思いの方も多いはず。なので、これを読んでみて下さい!と言えるようになって良かったなと(笑)。
d0026378_10452543.jpg

 ビジネス関連のつながりが増えたと書いたけど、スタートアップの時点から集まってくる人ばかりなので、とにかく関心の幅が広く、ぶっ飛んだところも含めてオモシロイ人がごろごろいる。

 自分も含めて、みな紆余曲折や挫折を経た人たちばかりなので、そういった意味でも魅力的な方々にお会いできて、あらためて2012年は自分にとって激動の一年であったなぁと。おかげでフランス語力が5倍くらいになったし(笑)。
d0026378_10492585.jpg

 (ただAmazonで予約していたのに、到着が明日[26日]ってどうなのよ…)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-25 22:00 | 駄文 | Comments(0)

さきくさのカニのへんたい

 押見修造さんと違って、これはこれでまたどうかしているマンガ家のふみふみこさん。このところ新刊が立て続けに出ていて、封入ペーパーにそのタイトルをまとめた「さきくさのカニのへんたい」というミニマンガが(笑)。
d0026378_22492576.jpg

 『さきくさの咲く頃』(太田出版)『ぼくらのへんたい 2』(徳間書店)ともに面白かったけど、どこがどう面白いのか伝えるのにすごく苦労する。

 全体の雰囲気が――としか言えないので、しいて言えば詩的なお話づくりだろうか。ぶっ飛んではいるんだけれども。
d0026378_22504256.jpg

 そういう点で、西村ツチカ・田中相・九井諒子などの一連の作家陣と同じく、やっぱり「かえってきたニューウェーブ」ということなのかなぁ。

 そういや『さきくさ~』を読んでいてビックリしたんだけど、巻末の協力者欄に、「パロウ」の文字が。『ぼくらの~』に主要人物として思いっきり登場してるんですけど、元ネタの人ってこと?!
d0026378_22532725.jpg

 (別な主要キャラは、連載誌の編集長の名前から来ているということだし・笑)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-24 18:46 | 駄文 | Comments(0)

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 ネガティブな内容のものは本当に受け付けなくなっている昨今、絶対苦手なはずなのにどうしても気になるのが、押見修造さんの作品。で、今回連載を読んでいた『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(太田書店)を手にする。
d0026378_22404827.jpg

 タイトルにあるように、自分の名前を言うことができないヒロインが、同級生とぎこちない交流をしていくというもの。

 いろいろ「すごいな!」と思う部分はあるんだけど、一番びっくりしたのが、学校が嫌いな人に見えている学校風景の描き方。うわー、まさにこれだー!!という感じ。
d0026378_224224.jpg

 こういうあたりをガッツリ掴まれているからこそ、嫌だなぁと内心思いつつも、ついつい読んでしまうのだろうと思う。

 あと絵柄に清潔感があるので、それで読めるというのもあるなぁ。でもさすがに『ぼくは麻理の中』はキツクて読めなかった。
d0026378_22451722.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-23 18:38 | 駄文 | Comments(0)

となりの怪物くんが見れない…

 『となりの怪物くん』のアニメ版、二巻が発売してからだいぶ経つというのに、タイミング合わずまだ見ることができない…
d0026378_1251284.jpg

 夏目さん(↑)のキテる演技が見たかったんだけど。あと大島さんの暴言が早く聞きたい。

 夏目さんのキテる感じは、特設サイト『ゴルベーザあさこの教えてア・ゲ・ル』にてご確認ください。ゴルベーザって、FF4のボスキャラだよね…
d0026378_12103267.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-01-22 18:03 | 駄文 | Comments(0)