マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

古文ドリルはじめました

 「冷やし中華はじめました」感覚で言ってみましたが、やってみるとなかなか良いもんですなー。古文のドリル。
d0026378_15214272.jpg

 自分の場合、古文の基礎概念→文法のニュアンス→助動詞の活用がキモだと分かる→結局活用変化をやらなくてはいけない、という順序だったので、それが良かったのかもしれない。

 好きな作品もなく、助動詞がどうして重要なのかとかを「分からないまま」、ただ活用変化の丸暗記をしようとしてもはかどらない気がする。
d0026378_1522265.jpg

 (真剣に勉強して分かったのは、日本語は大事なことが文の最後に来るから、そこの助動詞の使い方で多様なニュアンスが生まれてくる。

 だから「助動詞」の活用が大事なので――と分かったけど、こんな古文の説明、学生時代には聞いたことないなぁ)
d0026378_15231118.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-31 18:20 | Comments(0)

『とめはねっ!』と『ちはやふる』

 書道マンガ『とめはねっ!』(小学館)の最新11巻が発売!! おお、表紙絵にちょっとイジワルな宮田さんがフィーチャーされている。お気に入りのキャラだけに嬉しい(笑)。
d0026378_15544678.jpg

 最近見ている『ちはやふる』でも和歌(百人一首)がテーマになっているけど、考えてみれば、この二作品は重なり合うところがとても多いな。

 また自分がグッとくるキャラクターの配置も似ていて、最年少クイーンの若宮詩暢(わかみや・しのぶ)のイヤミっぷりが、違うなんだけど、上記の宮田さんと少し被る印象。
d0026378_1555665.jpg

 (古文こそ勉強するようになったけど、正直まだ和歌にはあまり心惹かれない。万葉集はすばらしいと思うけど、古今・新古今はどうも…という感じなので)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-30 18:49 | 駄文 | Comments(0)

いよいよ古文ドリル!

 参考書も読んだ、原文にも親しんだ、でもこまごまとした文法をおさえないとやっぱダメだ!!という思いから、いよいよ古典文法のドリルをやることにした。
d0026378_11374762.jpg

 英語は、良くも悪くも中高と6年間で一通りの文法と活用変化を砂を噛むようにしてやってきているので、そのアドバンテージがすごい。

 よく大学に上がってからの第二・第三外国語が大変だというのも、そこをすっ飛ばして考えるからではないだろうか。
d0026378_11375695.jpg

 というわけで、やっぱ楽して古文が読めるようになる方法はないなという諦めもあり、古文のドリルをやって覚えたいと思います。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-29 18:34 | 駄文 | Comments(0)

とてもエドマンド・ウィルソンが読みたい

 『To the Finland Station』を読み終わってないのに何を言っているのかと自分でも思うけど、ウィルソンの本がほしーなー。
d0026378_1883332.jpg

 その文章に感銘、またある程度英語が読めるようになったとき、「アッ! この人の文章が読めるようになったぞ!!」という意味でも強烈に記憶に残っている。

 ただ困ったことに著作が多いのでそうそう気軽に次から次へというわけにいかないし、勉強するものはほかにもあるし――と、うんうんうなり中。
d0026378_1811235.jpg

 (そして気が付けば、ユリイカの山口昌男特集号が出ていた。高山宏御大の対談も載っているし、うーん、購入すべきか)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-28 18:55 | 駄文 | Comments(0)

『神様降臨』

 先日発売となったマルク・アントワーヌ・マチュー『神様降臨』(小学館集英社プロダクション)が激賞されているようだ。
d0026378_21102873.jpg

 神様がやってきての珍騒動というと、アプトン・シンクレア『人、我を大工と呼ぶ(They Call Me a Carpenter)』が思い浮かぶ。

 それにしても名著好著がたくさん出ているのに、全然確認できていないこのふがいなさ… うう、『闇の国々』の続刊も早く確認したいのに!!
d0026378_21145550.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-27 18:07 | 駄文 | Comments(0)

『直球表題ロボットアニメ』

 動物と子供の出てくる作品しか見向きもしなくなった現在、声優の荒川美穂さんがこれに出ていますよ――ということで、ちょっと変わったロボットアニメをお教えいただく。それが『直球表題ロボットアニメ』
d0026378_1933826.jpg

 (なんかそうとう変わった作品みたい。動画でちらっと確認したら、なんか初音ミクっぽい喋り方だったし)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-26 19:03 | 駄文 | Comments(0)

『物くさ太郎』がものぐさすぎる!

 最近は遅々たる歩みで古文の勉強をしているせいか、古書店に行って岩波の黄版を見るのがブームとなったけど、今日購入した『お伽草紙』が大ヒット。
d0026378_18571972.jpg

 その中に収録されている『物くさ太郎』がとにかくすごい。江戸時代にこうしたナンセンス文学が成立していることに感激する。

 もともと、前田真宏(まひろ)さんがご自身のブログにてさらっとものぐさ太郎をネタにしたマンガを描いてらして、それがずーっと印象に残っていたんだけど、いやー、原文の面白さは想像以上ですなー。
d0026378_185757100.jpg

 なにもしたくないものぐさ太郎がなんのかんので都に上り、いよいよ帰る段になって嫁さんがいないのは何とも寂しい、どうにか娶る方法はないかというので、それなら辻取(つじ)という方法があるよと宿屋の主人に教えられる。

 それで街道に立って嫁取りをするのだけど、寝転がるばかりのものぐさ太郎はろくすっぽ風呂にも入ってないから汚いのなんの、みんなよけて通るところ、ひとりの女房と下女が現れる。
d0026378_1904659.jpg

 
女房是を御覧じて、供の下女を近づけて、「あれは何ぞ」と問ひ給へば、「人にて候」と申しければ、あな恐ろしや、あのあたりをば、いかにして通るべきぞとて、よけ道して通りける。

 (同上、p. 211)
 これはもう『ドン・キホーテ』の世界だ!と嬉しくなってしまう。まだ読み進めているところだけれども、これからどんな展開が待っているのか、他のお話も含め、すっげー楽しみ。
d0026378_1914183.jpg

 (やっぱ新しい分野の勉強はするもんだねぇ。じゃなきゃお伽草紙を読んでみようと、まず思わないもの)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-25 18:58 | 駄文 | Comments(0)

温泉のイメージが違う!!(日本ラー)

 シンガポールのマンガ家・Foo Swee Chin(フー・スィ・チン)さんの四コマブログ『日本ラー』、毎回激オシしていますが、今回の温泉話がおかしかったなー。
d0026378_12291113.jpg

 日本のアニメーションやマンガに親しんでいると、それこそ鉄板のネタとして「温泉」が出てくるので、やった! 憧れの温泉だ!!という思いも束の間、「えっ、ハダカで入るの?!」という驚きがおかしい。

 海外ではハダカで入浴する文化はないと聞いていたので(e.g.ヤマザキマリ『モーレツ!イタリア家族』)、でも入りたくない理由ということで、お腹の肉をつまんでいるのがすばらしすぎる(笑)。
d0026378_12294932.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-24 18:22 | 駄文 | Comments(0)

アニメ版『ちはやふる』がキテる!!

 今更ながら、『ちはやふる』のアニメを見始める。どうやら第二期がいま放送中らしく、そっちをではないんだけど、まずは1巻から。
d0026378_1817486.jpg

 VoiceLink™友達が激オシしていて、そんなにか、というので確認したら、ホントだった、そんな感じ。

 オープニングのスタッフロールで、制作・マッドハウス、監督・浅香守生ということで、おお! これは『カードキャプターさくら』のタッグでないですか!と。
d0026378_18173558.jpg

 あれもやたらクオリティ高かったからなー、と思って一話を見始めると、おおー、すごいレイアウトの完成度!! レイアウト(画面構成)がピシッとしてると、もうそれだけでテンションあがります。

 ヒット作だし名前は入ってきていたんだけど、原作マンガの作者さんにあまりポジティブな印象なく、それは今更あらためて蒸し返す話題でもないのでいいんだけど、一回そういうギアに入ってしまうと、なっかなか手に取りづらい。
d0026378_1821488.jpg

 あとは、目を通すのが『別冊マーガレット』が中心なので、連載誌自体をスルーしていたきらいがある。でも心を入れ替えて、これからはちゃんと見ようと思います。

 ただ第二期まで出てるから、すごいDVDの本数だな。これでオーディオコメンタリーがレンタル版にもついてるのかどうか…
d0026378_18224225.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-23 18:52 | 駄文 | Comments(0)

いよいよロシア語格変化

 4月から始めたNHKラジオまいにちロシア語も二か月目になり、いよいよ本格的に格変化をし始めた。
d0026378_16374372.jpg

 まぁ、し始めたのはいいんだけど、ドイツ語でもやってるし、ところがその変化の仕方がドイツ語やフランス語の性・数の一致とはビミョ~に違う。

 一番違うのは所有格の複数形で、(所有格)+(複数名詞)の場合、フランス語だと、後ろの名詞が女性なら前の所有格も女性形になるし、男性なら男性で統一する。中性のあるドイツ語もこの点一緒。
d0026378_1638396.jpg

 ところがロシア語の場合、「誰々の」という方が拘束力が強いらしく、後ろの名詞が女性形であっても、「誰々の」という方が生きるみたい。複数形は複数形で勝手に存在するというか。

 全然違うならそういうものとして覚えるけれど、ちょっとずつ違うというのがややこしい。でもキリル文字の読み方もあまり戸惑わなくなってきたし、もうちょっと辛抱してついていこう。
d0026378_16385946.jpg

 (でも明らかに、参考書片手に完全な独学でやるより、こうしたラジオで一日15分とかのペースでやってる方が覚えやすい。

 たぶん、一人でやっていると、「まぁ、まけておけ」という風に、無意識に面倒なところを飛ばしてるんだろうね。じゃないと形容詞の変化とかやりたくないもの・笑)
d0026378_1639443.jpg

 (それでいうと、ラジオでまいにち古文教室とかあってほしいなぁ。絶対やるんだけどなぁ。独学だと四段活用とかをやるのがマジ面倒なので)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-05-22 18:32 | 駄文 | Comments(0)