マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2013年は『風立ちぬ』と『ちはやふる』

 今年もいろんなことがありましたが、やはりダントツは『風立ちぬ』。映画館に通い、絵コンテを速攻で入手し、ロマンアルバムまで購入するということで、只事でないハマリかた。
d0026378_10263028.jpg

 アニメーションという枠を超えて、一番好きな映画作品になった次第。映画観たあと半日はその衝撃で陶然とするなんていうのは今までなかったからなー。

 あとは月に一度の楽しみとしていたのが、『ちはやふる』の第二期のDVD。これがもう毎話毎話、涙なしには見れないという。友人が「2010年代の最高傑作」と言っていたけど、まさにそう。
d0026378_1026596.jpg

 くだんの友人は真島くんのファンで、こっちはクイーンの若宮詩暢への思い入れがハンパない、など、焼き鳥をつつきながらそんな話を延々と(笑)。

 マンガの世界では応援している新人作家さんの作品が単行本にまとめられたのが何よりうれしい。菊池まりこさんの『カプチーノ』は女性版ラブロマという感じで、毎回爆笑アンド感動。
d0026378_10272483.jpg

 年明け10日には、激オシしている新人作家の山本崇一朗さんの初単行本『ふだつきのキョーコちゃん』が出るなど、ぜひこの機会におすすめしたい。

 人文書では今和泉隆行『みんなの空想地図』(白水社)がぶっちぎりのヘンさで、久々に読んだ和書としてその作り込みに感動、そして何より笑えるのが大きかった。マジなのか狙いなのかわかんないところがすごい(笑)。
d0026378_1028991.jpg

 フランス語では、友人からの勧めで手にしたアンドレ・モーロワがメチャメチャすばらしい。フランス語を読んでいて号泣することは初めてだったし、なにより文章が自分にフィットするのか、やっとお手本にするフランス語が見つかった。

 ビックリしたのは、その大号泣をした後のページで「Il faut tenter de vivre」と、『風立ちぬ』の冒頭にぐるっとつながったこと。すごい! こんなことあるんだ!!と思ったけど、やはり今年は『風立ちぬ』一色なことをあらためて痛感。
d0026378_1030518.jpg

 (というわけで、こんな色々な話が節操なくブログを読んでくださった皆様にもあらためて感謝です。年明けからも続けていきますので、横目で眺める感じで楽しんでいただければ幸甚です。どうか良いお年を!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-31 10:32 | 駄文 | Comments(0)

ドラクエとかわいらしさと

 ちょこちょこやっているアプリ版『ドラクエ8』、以前一回クリアしているはずなのに、ビックリするほど内容を覚えておらず、ほとんど初見のようなプレー環境なので、いろいろと思いつく。
d0026378_17335196.jpg

 一番熱心にゲームをやっていた頃はファイナルファンタジー派で、長くドラクエの良さが分からなかったけど、いまになってやり直してみると、案外、ドラクエの持っているひょうきんさ、愛嬌の部分がとても心地よく感じる。

 「ぼくわるいスライムじゃないよ」とか、セリフだけでなくスライムの造形とか、あとはモンスターがいちいちユーモラスなところあるのが、愛されている理由の大きな点かなぁとすら思う。
d0026378_17341533.jpg

 ファイナルファンタジーも、チョコボ・デブチョコボなど、それらしいキャラクターはいるけれど、全体の雰囲気は硬派だから――というので思い出したけど、初期シリーズは天野喜孝さんがデザイナーだったな。

 以前ゲーム好きなところで話が出たとき、やはり天野さんがシリーズから離れてからは違うものになった、という趣旨の話あったので、絵柄というものは想像以上に大きいんだなぁ。
d0026378_1739567.jpg

 一方のドラクエは鳥山明さんが一貫してデザインされているから、かわいさには鳥山さんの持ち味が出てるんだろうなぁー。

 スライムの絵なんて、こんなシンプルな造形なのに、似せて描くのは本当に大変。スライム好きとしてはいつかちゃんと書けるようになりたいのだけど。
d0026378_17412966.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-30 18:26 | 駄文 | Comments(0)

年越しはエイリアン+プロメテウス

 以前から気になってたリドリー・スコット監督の『プロメテウス』、初代『エイリアン』とセットになっているそうだから、というのでそちらも借りてきた。
d0026378_17403189.jpg

 ただこっちは、本当に疲れてくるとエイリアンに追っかけられる夢を見るくらいなので、どういうタイミングで観賞しようか、と呻吟中。

 じゃあキライなんですか、というと、たぶん相当好きなのであろう。怖いけど好きだし、好きだけど怖い、というので、メカニックに影響を受けた『エイリアン2』など、ガクブル状態になりながら、結局観てしまうという。
d0026378_17413925.jpg

 ある種、お歳とり~正月のおとそ気分の勢いで見るしかないのかな。「おとそ気分でエイリアン」というのも、すごい話だけれども(笑)。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-29 18:12 | 駄文 | Comments(0)

紺先輩のキライなもの

 年に一回、正確には10か月に一回のペースで楽しみにする、石黒正数『それでも町は廻っている』(少年画報社)、最新12巻がついに発売!!
d0026378_18592626.jpg

 文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞のオビもしっかりついていて、その作業にあたられた編集サイドのご苦労がしのばれます。はたた。

 本編の面白さは言わずもがなだけれど、一番好きだったのは、おまけページで紺先輩がキライなものを列挙しているシーン。「普段からあまり食べないからな」というセリフありましたが、あれは偏食のせいだったのか…
d0026378_18595417.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-27 18:59 | 駄文 | Comments(0)

『かぐや姫の物語』

 もうここで行かないと観るタイミングないよ!ということで、無理やり劇場に行ってきましたが、最高の技術とバジェットで作られた超豪華版「まんが日本むかし話」という印象。
d0026378_22294466.jpg

 とにかく画力が圧倒的で、まずはそのことに大感動。だから前半のなんでもないシーンの方でうるっときたり。あれはやっぱり絵の力だなー。

 本編とは全然関係ないながら、かぐや姫の侍女のキャラクターがコミカルでとてもよかった。思わずほのぼのと笑ってしまう、まさにコメディーリリーフ。
d0026378_22315128.jpg

 内容についてはまんま「かぐや姫」なのでネタバレも何もないけど、先日の勉強会で、友人から「かぐや姫の罪と罰」の元ネタを伺い、ええっ、そんなエピソードが「かぐや姫」にあったの?!とびっくり仰天。

 原本の『竹取物語』にはそんな描写があったっけ、なかった気がするけど、もともとはそういう理由で地球にやってきたんだよ、というのはぜひとも突き止めてみたい。できるかどうかはともかく。
d0026378_22321258.jpg

 古典の話が出たのでついでに言うと、古文を勉強し始めた自分からすると、平安の暮らしや衣服がこれ以上ないくらい具体的にフォローされていて、これはまさに映像の力だなー。

 高畑監督はその点の考証で手抜きをする方ではないだろうから、庶民・貴族・帝の服装の違いなどは感涙もの。フィクションの部分もあるだろうけど、徹底して調べた上に手を加えるのだろうから、大体はあっているのでしょう。
d0026378_22333055.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-26 18:23 | 駄文 | Comments(0)

ロザリー・コリーとモンテーニュ

 ロザリー・コリーの『パラドクシア・エピデミカ』(白水社)を読み進めていると、メインの人名とはちょっと違うところで、やたらモンテーニュの名前が出てくる。
d0026378_10512283.jpg

 自分の学力ではラブレーはつらいけれど、モンテーニュは以前温泉旅行記(というか湯治)を読んでいて、それでずっと関心あった。

 モンテーニュさん、石持ちでずいぶん大変だったらしく、それで各地の療養地に行っていたらしい。日記にもそうした描写が多々あり、あまりキレイな話でないので引用はしないけれど、非常に人間らしい記録だった。
d0026378_10531949.jpg

 別なところで、ラテン語・ギリシャ語の先生から、モンテーニュは生まれたとき、教育熱心な父親の方針のもと、ずっとラテン語で育てられ、成人してからはフランス語をしゃべったが、怒ったときなどはとっさにラテン語が口をついて出たという。

 だから、モンテーニュにとってはフランス語が外国語だった、だからフランス語としてみると不自然な表現がある、など、そんな話を講義で聴いた覚えがある。
d0026378_10542764.jpg

 旅日記以外の作品は読んだことなかったけど、関根秀雄さんのものが有名で、新訳も出ているけど、中公クラシックスの大ファンとしては、このバージョンで読んでみようと思う。
 
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-23 18:46 | 駄文 | Comments(0)

最高のネコマンガ!「東伍郎とまろすけ」

冬目景さんの「マホロミ」目当てに購入し続けるスピリッツ、今回から新連載の、長月キュー「東伍郎とまろすけ」がすばらしすぎる!!!

剣豪のおじさんとネコがもふもふし続けるという、ネコ好きにはたまらない作品。顔はマンガっぽいけど、しぐさやポーズがリアルなので、違和感なく楽しめます。サイコー\(^o^)/
d0026378_2141178.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-21 21:00 | Comments(5)

シロクマはレベル3にあがった!

UI研究という大義名分(自分への言い訳とも言う)のもと、アプリ版ドラクエ8を落としてみた。
d0026378_14553727.jpg

ドラクエ1の時には使いにくかった十字キーは、良くも悪くもそのまんまという印象。やはりこうした操作性は今後の課題だなぁ、と思う。

一方で、キャラクターや調べられる場所に吹き出しが出て、それをタップすれば近くまで行かなくていい、というのは大変ありがたい。
d0026378_14553874.jpg

iPhoneでは最新機種の5S、また5に最適化されているということなので、4Sでやっていると、やはり処理はモッサリしてるかな。

あとは小さなことながら、移動方式をオートに設定していると、前述の吹き出しをタップできないなど、改善点も見受けられた。
d0026378_14553931.jpg

それにしても、プレステ2のスペックで動いていたゲームが、いまやスマートフォンで遊べるのだから、隔世の感があるなぁ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-20 18:45 | Comments(0)

『東インド会社とアジアの海』

 世界初の会社は東インド会社なんだって!ということを知り、世界史で名前しか知らなかった東インド会社に興味がわいた。
d0026378_2226471.jpg

 そこまでは良かったのだけれど、どうも関連書籍にめぼしいものなく、書き手がみな「会社なんてあって当たり前」という意識のせいか、心に訴えるものがない。

 それが今回、ローカリゼーションマップ勉強会のつながりで『興亡の世界史15 東インド会社とアジアの海』(講談社)という書名が目に入り、思わず手に取った次第。
d0026378_22263255.jpg

 中身をぱらぱらめくると、選ばれた図版もセンスよく、これは!という期待感が高まる。

 最近は文化史関係でもビジネスの話題に関心あり、コンビニでピザまんを買うなどお金のやり取りは日常欠かせない行為だから、それを考えると、衣食住と同じくらい文化史的なトピックだと思うのです。
d0026378_22265411.jpg

 (縁あって『パラドクシア・エピデミカ』もいま手元にあるのだけど、なかなか読み進められていないです。ごめんなさい)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-19 22:27 | 駄文 | Comments(0)

やっと! 『パシフィック・リム』

 周りの映画好きで話題になっていた巨大ロボットVS怪獣映画、『パシフィック・リム』、DVDレンタルが解禁になったのでいそいそと観賞しましたが、まー凄かった。
d0026378_23394367.jpg

 そもそもの怪獣が「カイジュー」とハリウッド映画内で呼称されているくらいだから、もう日本のアニメーションに対する熱いオマージュが全編にあふれていて、なんだかこそばゆい気持ちすらするくらい。

 シンクロ率100%というセリフが本編に出てきたり、どう見ても草薙素子なビジュアルのヒロインがいたり、こっちは特撮モノに詳しくないのでそっちはわからないけど、きっとわかる人が見たら爆笑大会なんだろうなぁー。
d0026378_23401861.jpg

 一方で、巨大ロボットと巨大怪獣の戦闘シーンは鳥肌もの。前にラジオで島本和彦先生がおっしゃってたけど、「大きいものが大きいものを壊す、その絵の感覚ってものがある」、まさにそのツボをおさえまくり。

 うわぁー、これは劇場で3Dで観たらすごい迫力だったろうなぁ――と思うものの、生まれついて乗り物酔いがひどいため、3D映画は怖くて劇場で見られないんだよね。サワー沢口になっちゃったらまずいでしょう、さすがに(笑)。
d0026378_23412728.jpg

 (それもあって、良いという評判は聞いていたんだけど、映画館に行くとどうしても『風立ちぬ』観ちゃうんだよね。なんとか『かぐや姫』も早く見てきたいなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2013-12-18 23:42 | 駄文 | Comments(5)