マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

赤さんの絵

赤さん。んー、でも1〜2歳の子も赤さんの範疇に入れて良いものか( ´ ▽ ` )ノ。
d0026378_13112935.jpg

(最近ようやく、記憶力だけで描けるようになってきました)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-31 18:18 | Comments(0)

ラテン語熱再発! 何度目の正直?!

 買ったものの長らくほったらかしになっていた、ルイーズ・ラべのペーパーバックを読み始めたら、最初に見たときと違って、中世の文章だけど、けっこう読めるじゃん!
d0026378_12464457.jpg

 そしたらマズイことに、その中にオウィディウスへの言及が頻繁にあって、先日読んだモンテーニュもラテン語の引用多いし(モンテーニュさんの場合、父親の方針で、母語がラテン語だったから多少別にしても)、やっぱラテン語ちゃんと覚えたいなーと。

 恩師に尋ねたことでは、ラテン語のむずかしさというのは、レトリックの難しさであり、いくらちゃんと勉強しても、実際の作品を読むとなると、その凝りに凝った修辞法に足を引っ張られるという。
d0026378_12471270.jpg

 一方、同じく古典語として名高いギリシャ語は、覚えてしまえばホメロスなど描写が簡潔なので、かなりのスピードで読み取れるようになるという――そういったところがラテン語とは違う由。

 でもなぁ、やっぱりなぁ、ラテン語覚えたいなぁ、と思っていたら、山下太郎さんの『しっかり学ぶ初級ラテン語』(ベレ出版)が素晴らしい出来で、これをとっかかりにすればいけるんじゃないかと。
d0026378_12474593.jpg

 (なんにしても、ヨーロッパ言語をやっていてラテン語をやらないというのは問題外なので、せっかくやるんなら読めるとこまで行きたいよね、と。

 裏の事情としては、スラヴ系で全く系統の異なるロシア語学習にへこたれたという一面も大きかったりして・笑 今まで覚えた単語が何のヒントにもならないので、これはツライ)
d0026378_12494450.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-30 19:35 | 駄文 | Comments(0)

記録と記憶 『アニメのかたろぐ 1990-1999』

 お手伝い――どころか、結果的には相当踏み込んで参加させてもらった、佐野亨『アニメのかたろぐ 1990-1999』(河出書房新社)が無事発売されましたー!
d0026378_11175414.jpg

 ガッツリ関わったといっても、全編に、という意味ではもちろんないのですが、自分自身が書いたことより、この人の文章を読みたい!と前々から考えていた方に執筆依頼できたのが、何よりの達成だと思っています。

 あとは山川賢一さんのエヴァ論を読んだら、当時は日本の各地で同じことをしていたんだな、と、共通点がポコポコ出てくるのが、面白くもあり、不思議な印象でした。
d0026378_11182591.jpg

 自分でも、今回のテーマとして、「記録ではなく記憶」があり、当時見ていた人はこんな風に感じていた、というリアルタイム性を大事にしました。今はググれば何でも出てきちゃうので、島本和彦『アオイホノオ』を参考にしたというか。

 あとは『ロードス島戦記』のコラムにて、ディード!ディード!と連呼されているのがおかしかったです(笑)。すごい気持ちが分かります(笑)。
d0026378_11203617.jpg

 (で、試みにYoutubeでDeedlitと入れて検索すると、まー動画が出てくるわ出てくるわ。海外の方へのディードリッド人気もすさまじいみたい)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-29 18:11 | 駄文 | Comments(0)

水彩の妖精、『フラワーフェアリーズ』豪華本

 調べもののついでに目に留まった、シシリー・メアリー・パーカー『フラワーフェアリーズ デラックスブック』(グラフィック社)。水彩でいろどられた妖精と植物のあしらいが素晴らしく、眺めて飽きない楽しい一冊。
d0026378_13465783.jpg

 このところ、殺伐とした作風のものは、それがどんなに面白くても受け付けないようになってきているので(というか、あまり必要としなくなったのだろう)、こういう、子供と植物が並んでいるものの方が心地いいなー。

 文庫本サイズのものもあったけど、大判を購入した方が模写しやすいから。でもあれだな、チャレンジしてみたけど、絵を描くモードに入っていないから、全くペンが進まない。
d0026378_13484729.jpg

 (『電脳コイル』の模写を通じて子供は得意な方だと思っていただけに、ちゃんと描けなかったのがショック!)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-27 18:41 | 駄文 | Comments(0)

テプフェールとドレとグランヴィルと

野村正人『風刺画家グランヴィル』(水声社)の訳者あとがきに、Philippe Kaenelという、なんと発音していいか分からないフランスの学者を教えてもらう。
*ケネルと読むそうです

マンガ史のキモであるテプフェールと、敬愛してやまぬドレと、その画力にひっくり返ったグランヴィルがまとめて紹介されているようなので、これは確認しないといけないか。
d0026378_188254.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-25 18:03 | Comments(0)

ハムスターのおしり写真集!?『ハムケツ』

ハムをカツにしたものがハムカツ、ハムスターのおしりを写したからハムケツという、なんともすごいコンセプトの写真集。

海外の知人から教えられましたが、なんだろう、フランス経由で入ってくる日本のハムスター情報とは( ´ ▽ ` )ノ。
d0026378_15472020.jpg

(まずこの表紙の時点で勝負あった。もう買うしかないなという)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-23 18:43 | Comments(0)

これはズルイ!『かわいい江戸絵画』

 もうこの表紙の時点でズルい!と思いましたが(笑)、かわいいなー、この犬。
d0026378_19105242.jpg

 若冲展などの日本画でも、まー動物たちの愛らしい様子にすっかりやられていたところ、もうそこだけを狙ったような企画展に脱帽。

 あとこっちは洋画だけど、子供と草花の水彩がすばらしいなー。落ち着いたらこれを模写しよう。
d0026378_1912864.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-21 19:12 | 駄文 | Comments(0)

『風刺画家グランヴィル』

 以前、上野にある国立西洋美術館でゴヤ展があったとき、そのあまりの混雑に息も切れ切れになって、親切な学芸員の方から「常設展も同じチケットで入れますよ」と言われたのが、風刺画家への見方を変えるきっかけになった。
d0026378_8372628.jpg

 そこに飾られていたギュスターヴ・ドレの『シェスタ』には全身が震える心地し、でもドレってカリカチュア描いてた人じゃなかったっけ?――と。

 その後縁あってドーミエの版画を調べたりもしたけど、その時に見たグランヴィルの一枚がまーすごかった。
d0026378_8392963.jpg

 画力はすごいし、現代のマンガ表現に通じる線画だよこれ!という直感働くほど、モダンな一枚。ロートレックの鉛筆画を見たときも同じような感激あったなー。 

 前置きばかりが長くなったけど、そのグランヴィルに迫った労作、野村正人『風刺画家グランヴィル―テクストとイメージの19世紀』(水声社)が出たようなので、これはぜひとも確認したい。
d0026378_8394715.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-20 18:31 | 駄文 | Comments(0)

学魔・高山宏御大はいまいづこ

明治大学を去られる旨、中沢新一さんとの対談集にも書いてありましたが、現在は大妻女子大にいらっしゃるようです。なんとなんと。
d0026378_22101390.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-18 22:05 | Comments(0)

冬目景『イエスタデイをうたって』

 冬目景さんの代表作『イエスタデイをうたって』(集英社)の第十巻が、明日5月19日に発売の由。

 ただ連載で確認していると、自分の苦手なハードにこじれたアレやコレが中心で、正直購入したものか思案中… 絵柄は全肯定なんだけど、やっぱドロドロなエピソードはちょっと…
d0026378_20392896.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-05-17 20:40 | 駄文 | Comments(0)