マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

やっとフロベールに開眼!『感情教育』

 周囲にフロベールをやってた人多く、また文学史的にも大事な書き手だというのは分かるんだけど、いま一つピンとこないなーという印象だった。
d0026378_12522781.jpg

 ボヴァリー夫人の原書もとうに手元にないし、他の作品も翻訳でひとつふたつ目を通したものの、ヌー、という感じ。

 それが今回、買ったものの積読になっていた『L'éducation Sentimantale』(GF)を読み始めて、途中から急に面白くなった。
d0026378_12432284.jpg

 ビルドゥングスロマンではないけど、青年期の葛藤や課題が正面切って描かれていて、当時の学生たちの雰囲気を感じ取るという意味でも、こちらの琴線に触れるものがある。

 やはりスッと入っていける作品に出遭うと、それ以外にも興味湧いて、以前、ペンギン版の英訳のあまりのひどさに激怒して投げ捨てた『三つの話』も、今度はフランス語で読んでみようかな。
d0026378_12464099.jpg

 (現状、積読本がたまる一方なので、他に手を出していーんかな、とも思うけど、今回の感情~のように、持ってると読む時期が自然来るとわかったので)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-30 18:36 | 駄文 | Comments(0)

脇明子『読む力は生きる力』

 岩波文庫のブックレットにて、脇明子さんの文章を目にし、あまりに本を読まない若者たちに接し続けたことで、そんなに嫌がる人に読ませるだけの意味が本にあるのかどうか――と、そういう疑問を感じたらしい。
d0026378_12335190.jpg

 自分の周囲にも、物おじせずに本を読まない、読書は嫌いだと言ってはばからない知人たちがおり、それはそれでビックリするけど、じゃあ本を読むことってそんなにいいことなのかな――という思いあり、それが頭を離れない。

 友人知人にもその話題を持ちかけるのだけど、いろんな意見を聞いても、自信を持ってこうです!とは言いづらい。自分は本好きだからそれを読んでいるのであって、その行為を定義づけること自体が「ためにする」気がしてならない。
d0026378_12335964.jpg

 本を持ち上げる方の意見も、落としどころは「テレビ、マンガ、ゲームが悪い」というありきたりなもので、そういう主張の著作を何冊か目にして、映画が悪い!という人はいないな、と気づいたりもしたけど、どのみち感情論を出ない雰囲気。

 そういう悶々とした想いを抱えていたので、脇明子さんの問題意識は自分と通じるところがある!と、大変に興奮した次第。ちらっと見ると、テレビやマンガ云々のくだりもあるけど、これは注視したいところ。
d0026378_12344172.jpg

 (自分はゲーム好きなので、それこそ「やりもしない批判」では、ちょっとマズイんじゃないの、という思いある。

 またそれとは別に、自分たちが抱える問題を等閑視したまま、外の世界に敵を作ってそっちが悪い!と言い募るやり方はそもそもあまりエレガントでないと思うので、その意味でも抵抗したいなぁ)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-29 12:36 | 駄文 | Comments(0)

変なポーズのネコ

なんだろう、これ( ´ ▽ ` )ノ
d0026378_22122836.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-26 22:12 | Comments(0)

ドイツ語オモシロイわー

 このところ首をひねるようなイベント多いので、色川武大さんの言葉に従い、自分にとってうんと簡単なことに戻る――というのを、ドイツ語学習という形で実施。そしたらこれがまーオモシロイ。
d0026378_8213786.jpg

 オモシロイというか、以前とは比べ物にならないくらいスラスラと理解できるので、自分でビックリ。もちろん、間違える問題はいっぱいあるんだけど、めちゃめちゃリラックスして取り組める。

 映画『風立ちぬ』で久々にドイツ語を耳にし、あの歌のシーンで歌詞の内容をわかって涙するということがあり、そのあたりから「もう一度ドイツ語」という思いあったけっど、今がちょうどその時なんかねー。
d0026378_822330.jpg

 ドイツ語でも読みたい作品はいっぱいあって、とよ田みのるさんの『友達100人できるかな』(講談社)に教えられたプロイスラーの『クラバート』とか。

 もともと、ミヒャエル・エンデの作品に仰天して本腰を入れたドイツ語だからな。基本が終わったら、児童文学から再入門してみようかと思う。
d0026378_8233954.jpg

 (これもどういう理屈なんだか分からないけど、日本のAmazonではドイツ語本の方が買いやすいので、その点も大きい。フランス書とは取り扱ってる規模が違うみたいで)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-25 18:17 | 駄文 | Comments(0)

この表紙は良いぞ!『お前ら全員めんどくさい!』

 先日ご紹介したTOBIさんの『お前ら全員めんどくさい!』(メテオコミックス)、書影が上がってたけど、うわー、これはすばらしい!!
d0026378_942657.jpg

 見た瞬間、「売れる!」と思いましたが、たぶん、書店でウロウロっとしていて、この表紙が目に入ったら間違いなく手に取るなー。

 表紙で引っ張られるということでは、菊地まりこ『カプチーノ』(エンターブレイン)もインパクト大だった。雑誌から追っかけてはいるんだけど、こりゃ買うよ!という。
d0026378_944612.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-24 18:01 | 駄文 | Comments(0)

『デッド寿司』がアレすぎる

世に不朽の名作ある一方、B級、C級映画ファンもいる中で、これはもうアレな匂いしかしないという、『デッド寿司』。

以前なにかの機会に予告編を目にしたら、『アタック・オブ・ザ・キラートマト』の寿司版としか言いようのない雰囲気。

おそらくは想像した展開通りの内容だと思うけど、アレな映画をこよなく愛する人間としてはチェックしとくべきか。
d0026378_16594915.jpg

(ゴールデンウィーク明けには、『ミスターGO』というゴリラが野球する映画もあったしなー)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-23 18:55 | Comments(0)

見たいDVDは買うしかないのか?!

 そりゃそうだろ!というツッコミが聞こえてきますが、うわー、もうやっぱ買うしかないわけ?!と悶えます。
d0026378_8161190.jpg

 いま見たい映画作品を三つあげよ!と言われれば、タルコフスキーの『ストーカー』、ポランスキーの『テス』、そしてアラン・レネの『去年マリエンバードで』になるでしょう。

 自分の中で映画は「教養」という位置づけなので、それでDVDまで買い始めると引っ込みがつかないよな、ちょっと見てみたいぐらいのテンションでも買うしかないの?と。
d0026378_8161824.jpg

 『風立ちぬ』ぐらいのハマリようであれば、DVD二枚買うのも別に惜しくはないのですが、ハリウッド映画に食傷気味の昨今、難しいところに来てしまったみたい。

 いわゆる映画マニアではない!という思いあるのだけど、なぜか映画の世界とは縁深いらしいので、これも気持ちを定めるときがきたのか…と思ったり思わなかったり。
d0026378_8202134.jpg

 (フランス語の本だったりすると、自分の主戦場という思いもあるし、また気軽に買えるのですが、映画のDVDも、洋書資料並みのものが少なくないので、やっぱ簡単には踏ん切れないっす)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-22 18:11 | 駄文 | Comments(0)

『お前ら全員めんどくさい!』が単行本化!

 ずいぶん前にコミックナタリーの紹介記事から読んでみて、おお! こりゃ面白い!!と思っていた、TOBI『お前ら全員めんどくさい! 』(ほるぷ出版)、その単行本が7月11日に発売されるらしい。
d0026378_8475063.jpg

 最近ネット連載のマンガも増えてきて、読むとオモシロイなぁと感じること多いのだけど、月に一回とかの更新をマメにチェックするのが、紙媒体に比べて大変だと思うのは自分だけなのか。

 携帯デバイスの普及あって、ネットに接続するのはこんなに簡単になったのに、ネット上に定期的に発表されるマンガを追っかけるのはどうもおっくうだ――というのは、作家さんに対して大変申し訳ない。
d0026378_848897.jpg

 週刊誌月刊誌で言うところの、何曜日発売、何日発売というのが、その作品単体だと難しいんかね。ツイッターなどで、作家さん本人をフォローしてれば、そのあたりは回避できるのかどうか。

 それでいうと、応援しているシンガポールのFoo Swee Chinさんの『日本ラー』なんかは、4コマ単位でちょこちょこと更新されるので、たまにのぞいて、おお! 新作アップされてる!!みたいなのがあって嬉しいんだけど。
d0026378_857981.jpg

 (九井諒子さんがAmazon内のマトグロッソで連載していたのも、マトグロッソへの直リンがアウトなど、色々の制約あって、そこが面倒で途中から読まなくなってしまった。

 だからなんだろう、本意気のマンガ作品をウェブで読むのは「どっこいしょ」という思いあり、KindleやiPadなどの大きさあれば、その点は違うのかな。そのあたりは今後自分でも検証してみたい)
d0026378_8592580.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-21 18:42 | 駄文 | Comments(0)

これはツライか?! 『虫ロボのぼうけん』

 疲労MAXの時には夢の中に虫が出てくるほど虫嫌いな当方ですが、周辺から聞こえてきた吉野万理子『虫ロボのぼうけん』(理論社)は、ためしに一度読んでみるか。
d0026378_828238.jpg

 とよ田みのるさんの『タケヲちゃん物怪録』(小学館)でも、不思議の国のアリスよろしく体が小さくなる回があるんだけど、そこに出てきたクモは大丈夫だったからなー(もともと、クモは割と大丈夫なんだけど)。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-20 18:23 | 駄文 | Comments(0)

『風立ちぬ』のDVD!!

届きました\(^o^)/ これでしばらくやっていけます。
d0026378_1945520.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-06-17 19:43 | Comments(0)