マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

丹波庭『トクサツガガガ』が面白い

『東伍郎とまろすけ』に惹かれて久々にスピリッツを購入すると、丹波庭(たんば・にわ)さんの『トクサツガガガ』が大変面白い。

特撮大好きな妙齢の女性が、周囲をなだめすかしつつ、好きなものに驀進する姿がとても良い。ころっとした絵柄もナイス!

それにしても、トクサツガガガが面白いって言うと、がが4連続する(^∇^)。トクサツガガガがガチ面白い!と言えば、5連続だ( ´ ▽ ` )ノ

*翻訳家の柳瀬尚紀さんは、三々五々午後ご到着と、ごが5連続する訳文を拵えてた記憶が
d0026378_20172794.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-29 20:11 | Comments(0)

棚橋弘季さんの対談?!/デザインの深い森

 周辺のタカヤマ学派の友人知人の間で、「タカヤマヒロシもすごいけれど、その影響を受けたタナハシヒロキという人もタダモノでない」と、興奮が高まっている。
d0026378_10572187.jpg

 『デザイン思考の仕事術』(日本実業出版社)でも、タカヤマ学の精髄を、アクチュアルな関心として読み解き、ビジネスの現場に実践しているというのは、これはすごい! 棚橋弘季さんはめちゃくちゃ知性的な人だぞ!!と。

 で、その人が『デザインの深い森』として全6回の対談を行うとなれば、これはもう行かない選択がない! 行くしかない!! 次回は無理でも、必ず参加したい!!!
d0026378_1111894.jpg

 でもまぁ、こうした時期に限って、やたらと動かなければいけない計画が多数持ち上がっており、ショボーンな感じ。でも残り5回はあるんだから何とかなるでしょう! いや、せねばなるまい!!
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-27 11:02 | 駄文 | Comments(0)

斎藤緑雨全集が来た!

明治の文士を熱心に追っていた頃、一番共感し、また面白い!と思っていたのが斎藤緑雨。

全集が欲しいナーと、足を棒にして神田と早稲田を歩いたのがもう何年前になるか分かりませんが、ひょいとネットで検索したら信じられないような安価で売り出されており、一も二もなく飛びついた次第。

全巻揃いでないけど、それにしたってこれはいい買い物だ、ということで、どおーんと瀟洒な大冊が並ぶ。あとはゆっくりゆっくり楽しむことにしよう( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_1413231.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-26 18:08 | Comments(2)

『書を知る2』ムックが良さそうだ

このところ書道展にも行けてないので寂しく思っていたところ、『書を知る2』というこのムックが素晴らしく充実したつくり。

夏目漱石や明治の文人の書画もならび、更には道具特集が組まれているのも初心者としては嬉しい。今度購入してじっくり眺めることにしよう。

d0026378_202936.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-23 20:00 | Comments(0)

森薫『シャーリー』の模写

穏やかな暮らしが描かれる『シャーリー』か大変素晴らしかったので、思わず模写。久々に全身を入れて描けました。

でもこうしてみると、イスに座る絵をやたら描いているな。自分でもそのことに気がついてびっくり。

d0026378_915783.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-20 12:00 | Comments(0)

10年ぶりの第二巻『シャーリー』

メイドさえ描いていれば元気!という森薫さんのメイドマンガ『シャーリー』(エンターブレイン)、それが10年ぶりに第二巻が発売!

シャーリーの目を通じて描かれるほのぼのーっとした日常が何ともすばらしい。20世紀初頭が舞台だけに、小物への愛が溢れ作品。

森薫さんはマンガ界随一の知性の持ち主と思うけど、こうした落ち着いた内容だと、余計にその知性的な部分が伝わってくるなー。

寝る前の読書にオススメ( ´ ▽ ` )ノ。シャーリーもよく寝てます。

d0026378_10164163.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-17 18:12 | Comments(0)

このところはヒューム

哲学・思想系の作品も、(一部例外はあるものの)翻訳で読みさえしなければわかりやすいと判明し、このところはヒュームさんを読み始めた。

以前、マクロ経済学の誕生を謳った本を読んでいたら、著者のAntoin Murphyさんがヒュームには別格と言っていいほどの共感を示しており、スコットランドと金融思想のつながりという意味でも興味あった。

それが最近、カントについて調べていたら、この人もまたヒュームによって目が覚めたということを言っており、内容の斬新さだけでなく、文章家としても破格の敬意を述べている。

これは只事でない、というわけで、ヒュームの散文が収められているエッセイ集を買ったけれども、これは確かに面白い。何が、と言われると困るけれど、オーウェルに通じるなんてことない話を面白く読ませるイギリスの血脈だなー。オススメ。
d0026378_15475894.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-14 15:41 | Comments(0)

『それ町』最新巻は9月30日!

「それ町」こと石黒正数さんの『それでも町は廻っている』(少年画報社)、最新の13巻が、9月30日に発売!

今月はフルットもあったし、石黒月間だなー。このところやるべきことに追われているので、のんびりした「それ町」の世界に浸ろう。

あ、『季刊エス』(飛鳥新社)も買わなくちゃ( ´ ▽ ` )ノ。

d0026378_14225219.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-12 18:19 | Comments(0)

カントと格律

先日まで小牧治さんのカント入門を読んでいて、これがまた大変に面白かったこともあり、どれどれというので翻訳本を確認することに。

ページを開いてびっくり、くだんの小牧さんの本では「格律」という見慣れない用語が出てきたけど、これ、原文ではMaximeなのね。

カントさんに限らないけど、哲学関連の用語は、原文ではびっくりするほど簡単な言葉だったりするので、これもまた原著を確認したい気分になるなぁ。そう簡単ではないけど。

d0026378_202342.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-09 20:18 | Comments(0)

明日はフルット第四巻!

明日9月8日は『木曜日のフルット 4』(秋田書店)の発売日だー! 最近、石黒正数ファンにポツポツと出くわすので大変に嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ
d0026378_85037100.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-09-07 08:47 | Comments(0)