マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ナッシュ先生と『ビューティフル・マインド』

先日物故されたジョン・ナッシュ先生。以前から気になっていた『ビューティフル・マインド』が先生の伝記映画ということで、意を決して鑑賞。

なんとなく話は知ってたんだけど、ああ、これもまた『風立ちぬ』であったかと、そういう印象。

自分の中で、『アナと雪の女王』『風立ちぬ』『ビューティフル・マインド』はぜんぶ同じ映画。どこにカメラがあるかという違いだけで。

アナ雪の場合は、ノーマルな(真人間な)世界に生きてるアナ視点の映画。アナにはお姉ちゃんがこう見えてるよ、という。

で、風立ちぬは、雪の女王視点の映画。主人公の二郎さん=雪の女王なんだけど、ミュージカルじゃないから二郎さんは滔々と自分の気持ちを歌わないだけで。

じゃ今回のビューティフルはどうなの?というと、半分は二郎さん視点、もう半分は二郎さんの奥さん(菜穂子)視点の映画だと。

風立ちぬには菜穂子さん(奥さん側)視点はあまりなかったから、ビューティフルの方は、菜穂子さんから見た二郎さんの映画、という側面が強く感じられる。

あとは舞台がアメリカで主役の2人がアメリカ人だから、それにふさわしい表現がされているというーー実写なこともあって表現が生々しい。これはツライ、という面も容赦なく撮りますよ、と感じ。

それぞれに違いはあるけれど、すごい力の持ち主が、それとどう向き合ったか、という点では、3つとも同じモチーフを扱っていて、その対比が面白かったなー。

あとはビューティフル見て思ったんだけど、リーマン予想のせい、ではなかったのかな?

NHKのドキュメンタリーでは、数学の難問であるリーマン予想に突っ込んだせいで大変なことになったという話だったけど、この映画ではそれ以前から、という話だったので、あらためて確認しないといけないなー。
d0026378_14015124.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-31 18:47 | Comments(0)

『ねこあつめ』コンプリート! でも何もない!

けっこう長いこと楽しんでいるお気楽ゲームアプリの『ねこあつめ』。

先日ようやく、レアねこ、およびその「たからもの」も含めてフルコンプリート! バンザーイ\(^o^)/

パンパカパーンみたいなファンファーレでもあるのかと期待していたけど、何もないのな(^∇^)

d0026378_18231162.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-30 18:20 | Comments(0)

赤さん絵

とよ田みのるさんの『最近の赤さん』に影響を受けて、自分でも赤さん絵を描くように(^∇^)

筆ペンだとけっこう疲れずに描けるとわかったし、色鉛筆で補正を描ける程度で十分いける!という感触が。

ただ頭の中だけでベビーカーを描くのはまだムリなので、ちゃんと構造をつかみたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_10214488.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-29 18:16 | Comments(0)

月子『最果てにサーカス』

中原中也と小林秀雄の愛憎劇ーー月刊スピリッツで始まった月子さんの『最果てにサーカス』、これがすごい。

キホン、文学作品が題材になってると、原作(活字)の方でイマジネーションが膨らんでるので、マンガの方はどうも、ということがどうしても多くなってしまう。

中原中也も小林秀雄も実在の人物だけど、二人の作品を舞台にしているわけではないから、それで入りやすいのかな、とも思ったり。

ただ読んでビックリしたのは、天真爛漫な美少年・中原中也の雰囲気が、「ホントにこんな感じだったかもしれない」と思わせてくれるところ。

中也の伝記を熱心に追ってるわけじゃないけど、ランボーに心酔する天才少年は、ハタチ前、こんな感じだったんじゃないかなー。

主人公は小林秀雄の方なんだけど、天衣無縫の天才に対して、秀才の嫉妬と羨望が混ざり合った雰囲気がひしひしと感じられ、この先すごいことになりそう(^∇^)

あれだな、モーツァルトとサリエリみたいな、『アマデウス』な作品というのがわかりやすいかも。文学好きな人にもオススメ。始まったばっかだけど( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_22122118.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-28 18:01 | Comments(0)

『少しかしこくなれる単位のはなし』

こんなのあるんだ!と思わず手に取った、『少しかしこくなれる単位のはなし』。カンは正しかった、これがすこぶる面白い。

もともと、外国文学を読んでいると、いろんな単位が登場する。イギリスの小説だと、通貨のポンド、シリング、ペンスが10進法じゃないから、マジメに覚えようとすると大変なことに。

お金に限らず、重さや長さはやっかいなので、気が向いた時に調べようとは思うんだけど、日常ではメートルとグラムしか使わないのに、ポンドやヤードとなると、まるで実感ない。

そんなわけで、この小冊子では色んな単位が、その発祥から使われ方まで、イラストつきで説明してくれているのでたいへんありがたい。

もちろん、小冊子だから、あっさりとした記述だけれども、とっかかりとしてはこれで十分。あと欲しいのは、軍隊の階級表だけど(これも小説で読んでいるとまことにややこしい、major, sergeant, captain, colonelなどなど)、もしかすると気の利いた人が書籍にしてたりするんかな。
d0026378_14164951.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-26 18:09 | Comments(0)

井上陽水さんからシラー詩集

みうらじゅんさんは面白いなーと以前から思っていたけど、話し相手が変わると当然なからテーマも変わり、大変興味深かった井上陽水さんのゲスト回。

で、話の途中、やおら井上陽水さんが取り出したのが、太宰治の講演録(なんだと思う)。その中にドイツの詩人・シラーが引用されていて、それが強く心に残った。

神様が地上を人間に分け与えたとき、どっかから詩人がやってきて、私の取り分はないんでしょうかと。でもお前、分けてる時にいなかったじゃないか、なんて。

神様としては、お前にやれる土地はもうないから、たまにこっちの世界に来なさいな、門はいつでも開けておくから、と、そんな内容。

これが例えば、ドイツ文学を研究していてシラーを読んだらまた違うんだろうけど、みうらじゅんさんのトークを聞いていたら、陽水さんが太宰の話をして、そこにシラーが引用されているという、その回路が面白い。

原題はTeilung der Erdeというらしい。自分のドイツ語力では、18世紀の詩文は読みこなせないので、とりあえずドイツの訳詩集にでもあたってみようと思う。

というか、シラーの本って、今あんま出てないのね( ´ ▽ ` )ノ ゲーテさんより話せる人のような気がするから、そっちを見てみることにしよう。
d0026378_18225935.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-24 18:14 | Comments(0)

このごろはブランショが気になる

最近になってから、なんとなーく気になる書き手にモーリス・ブランショがいる。

小ぶりな訳書を見てみると、けっこう面白いことを言っているし、なんとなしに共感する面がある。

だいぶ前にユリイカの編集をされていた三浦雅士さんのお話を聞ききに行った折、ヘーゲル〜ブランショ〜澁澤龍彦という流れがあるそうな。

一番有名なのは、この『文学空間』だろうけど、もはやフランス現代思想は原書でしか読まなくなった昨今、思いつきで買って読みきれるのかどうか。
d0026378_14575785.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-23 18:52 | Comments(0)

黒鉄ヒロシ『赤兵衛』のタヌキ

やっとの思いで黒鉄ヒロシ『赤兵衛』の単行本を見つけ出し、さっそくタヌキを模写ってみた。

当たり前だけど、超ムズカシイな、これ! 川勝さんの描くタヌキも線が少ないからゴマカシがきかないし、それは黒鉄さんのタヌキも同様。

なんだかすごい絵柄だけど、もともとの絵がそーなので、ご勘弁ください( ´ ▽ ` )ノ これに、「ぼでーん」という擬音がつくのが好きだった(^∇^)

*画材は何を使ってるんだろう、ペンに強弱があまりないから、ロットリングか?
d0026378_9453194.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-22 18:40 | Comments(0)

iPhoneアプリ、サワー沢口の『オロロロ伝説』

とんねるずのモノマネ番組にて、個人的に一番ハマったサワー沢口さんのネタ。

そのサワー沢口さんをテーマにしたiPhoneアプリができ、興味本位でダウンロード( ´ ▽ ` )ノ

ステキすぎるコンセプトですが、案外なことに面白いので、しばらくやってみようと思います(^∇^)

*好みの分かれるネタなので、ニガテな人はよしといた方がいいと思う( ´ ▽ ` )ノ
d0026378_19341757.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-20 19:30 | Comments(0)

石黒正数さんの『それ町』最新刊は5月30日発売!

連日タヌキの話ばかりしていたら、くだんの石黒正数さんの傑作『それでも町は廻っている』の最新刊が、5月30日に発売される由。もうすぐだなぁ。

なにがどう面白いのか説明に苦しむという、でも大人気という不思議な作品。そういえば、藤子不二雄先生はSFを「すこしふしぎ」と呼称していたから、その系統なのかもしれない。

タヌキ話ばかりしていたから、ジョセフィーヌ(*タヌキにしか見えないイヌ)が出てくるかどうか気になって仕方ない( ´ ▽ ` )ノ
d0026378_1957354.jpg

[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-05-19 18:42 | Comments(0)