マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「とりあえずやってみよう」の精神、『フランス人ママ記者、東京で子育てする』

旦那さんであるじゃんぽ〜る西さんの育児マンガ『モンプチ 嫁はフランス人』が大変面白かったので、奥様が書いた『フランス人ママ記者、東京で子育てする』も購入。

日本で働き、日本に暮らすことを決めたフランス人女性の視点から、日本とフランスとの子育て観についてのエッセイーーまとめるとそうなんだけど、それ以外の部分も大変面白かった。

夫となった西さんへのストレートな愛情については、ノロケ、とは全然ちがう感動がある。立ち読みしていて泣きそうになったので、購入を決めた、という理由もあるけれど(^∇^)

あとは何より、著者のカリンさんが「とりあえず、やってみよう」というチャレンジ精神の持ち主なので、日本やフランスの制度の違いについて述べていても、イヤな印象がない。

上司も含め、恵まれた職場環境で働いているように見えるけれども、それはこの人のチャレンジ精神の結果のように思える。たまたま良い職場に当たったのではなく、結果の積み重ねでそういうところにたどり着いた感じ。

で、もちろん大変なことは山ほどあるけれども、それを「面白がる」スタンスが徹底していて、最後まで楽しく読めた次第。

育児がテーマでもあるので、離乳食など、赤さんの食べものについても話が出る中、フランスではおなじみだという、「アッシュ・パルマンティエ」がものすごく美味しそう!

じゃがいもと牛挽肉を使ったグラタン風の料理の由。この説明を聞いただけでうまいに決まってる!と思ったな( ´ ▽ ` )ノ あとで調べてみよ。

d0026378_17145502.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-30 18:58 | Comments(2)

マジシャンと文化史『プレステージ』

時代背景とタカヤマ文化史になんか接点ありそうな、『プレステージ』。マジシャンの映画みたい。

ちらっと確認して、気になるものあったので調べてみたら、監督はノーラン・ライアン! なぜ気になったのか、納得。

マジシャンと文化史といえば、フーディニを思いだすけど、その映画なのかなぁ。確認しよ( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_10173081.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-29 18:13 | Comments(0)

ねこあつめ、その後

ねこを集める人気アプリ、ねこあつめ。比較的早い頃から始めたせいか、現段階で、オールねこコンプリート、たからものもコンプリート。

かといってやめてしまうのもな、ということで続けていたら、にぼし(ねこあつめ内の通過みたいなもの)がいよいよおかしなことになってきた( ´ ▽ ` )ノ

この後も、新ねこ追加とかあるのかなー。

d0026378_11444189.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-23 18:41 | Comments(0)

清水書院のセンチュリーブックス/ベンヤミン

ちょっと前に哲学者カントの人となりを知りたくて、教えてもらったのがこのセンチュリーブックス。

以前からこの新書版は知っていたけど、どうも装丁がピンと来ず、長いことスルーしてしまっていた。

それが小牧治さんのカントを読んだら、これがメチャクチャ面白い。面白い上にわかりやすい。そうやって眺めていくと、作家・思想家の伝記としては大変に優れたシリーズとわかる。

今まで読んでなくてスミマセン、という気持ちになったけれど、実際、書き手の伝記を読むことで、はじめてナルホド!と納得することも多いので、今は愛読している次第。

先日もこのベンヤミンの一冊を読んだら、めっぽう面白い。以前は何言ってるのかよくわからないと思っていたけど、プルーストへの共感など、背景がわかると非常に読みやすい。

いまは赤基調に装丁もアップデートされているようなので、ちょっとオススメ( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_12440016.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-22 18:37 | Comments(0)

山本崇一朗さんのラクガキがまとめページに!

『からかい上手の高木さん』『ふだつきのキョーコちゃん』を連載する、マンガ家の山本崇一朗さん。

マンガはもちろん素晴らしいけれど、自身のツイッターで発表(?)されるラクガキがまた良い。

いつかまとまらないかなーと思っていたら、tumblarにご本人によるまとめページが! これを待っていた!!という内容(^∇^)

http://udon0531.tumblr.com

山本崇一朗さんのマンガをまだ読んだことがない、という人は、このページから絵柄や雰囲気を確認するのが良いかもしれない。当分はこれを眺めていこうと思います( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_17444871.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-17 18:40 | Comments(0)

これは要注目!『フランス人ママ記者、東京で子育てする』

マンガ家じゃんぽ〜る西さんの育児マンガ『モンプチ 嫁はフランス人』がたいへん面白く、何度となく読み返している。

モンプチ〜は育児マンガであると同時に、フランス人の奥様とのやり取りも、感激する面がある。

で、今度はその奥様(作中ではカレンさん)が、『フランス人ママ記者、東京で子育てする』という育児エッセイを出される由。

こちらはマンガではなく、エッセイみたい。もちろん、旦那様がイラストは寄稿されてる様子。

JRのエレベーターや、日本のトイレに設置されているおむつ交換台がいかに貴重か、モンプチの中にも度々書かれていたけど、フランスとどう違うのか、楽しみだ。

発売は、7月26日( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_18120310.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-15 18:51 | Comments(0)

ヴァレリー全集のよこしま読み

作家としても著名なブノワ・ペータースさんのヴァレリー論を読んでいたら、「ネタに困った時はヴァレリーの散文を読め」と、物書きとして大変に正直な話をされていたので印象に残った。

なんかその言葉が引っかかっていたので、そうしたヨコシマな視点からヴァレリー全集を開くと、あ、なるほど!と。はじめてヴァレリーさんはエライ人だったんだなーと気づく。

正直、これまでヴァレリーさんには良い印象なく、散文は読みにくいし、詩はよくわからないし、なんだかなーと。ファンの方には大変申し訳ないながら、そう思っていた。

それだけに、ちょっと視点を変えて眺めただけで、こんなに印象ちがうのか!とビックリした次第。なんというか、あるテーマについて、こんな取り上げ方があるよ、と教えてくれるような。

ペータースさんも、そういう「手つき」が参考になったのかな、なんて。パクるとかそんな話ではなく、「この手があったか!」みたいな感動なんだろう。

というわけで、長らくおっぽりっぱなしだったヴァレリー全集をパラパラ眺めている(^∇^) やはりいいなーと思うのも、ある種のタイミングがあるんだなー。
d0026378_17022867.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-13 18:45 | Comments(0)

ブレーデカンプ先生のご本

高山宏御大が紹介された、ホルスト・ブレーデカンプ。ドイツのバーバラ・スタフォードみたいな人らしい。

最近、シカゴ大学出版曲から『The Technical Image』という編著を出したみたい。

ドイツ語文献では、ワールブルクやカッシーラー、アインシュタインをまとめた共著も出ているよと教えられたものの、今の自分のドイツ語力で読めるんかな。

ただでさえ積ん読の山になりつつあるので、ちょっと悩み中。それにしても最近、自然科学系のビジュアルを読み解くものが増えてるなー。

d0026378_16471475.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-12 18:42 | Comments(0)

これは良い!じゃんぽ〜る西『モンプチ 嫁はフランス人』

独特のフランス滞在記をマンガにしてきたじゃんぽ〜る西さん、今回はフランス人の奥様と、ご長男の育児がテーマ。

オビには「爆笑!」と書いてあって、事実笑えるものの、自分にとっては感動作という雰囲気。

ご家族への、またご家族からの愛情がサラッと書いてあって、それは読んでいるとやっぱりグッとくる。

お子さんの成長関連でいえば、「お返事」というエピソードがとても良い。ちとウルっとくるなー。そういう話が随所に。

今まではとよ田みのるさんの『最近の赤さん』が、これはすごい!という感じだったけど、この西さんの新著もすばらしいなー。

とよ田みのるさんの方が正式に単行本化されたら、一緒にフェアとかやってほしいくらい( ´ ▽ ` )ノ 読んでよかったです。

d0026378_13211431.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-11 18:10 | Comments(0)

キテるゾンビもの『Z NATION』

ゾンビものはもうお腹いっぱいだよ!というところへ、ちょっとキテるゾンビはいかがですか?というのが、『Z NATION』らしい。

海外の連続テレビシリーズは面白いけれど、あまりの緊張感に見ているとくたびれ果ててしまうので、Sherlock以外にまで手を伸ばす気力がない。

そこへ伊集院光さんのラジオで聞いたZ NATIONは、所々にバカっぽいノリが入るということで、それだったら見られるかもしれないと。

ウォーキング・デッドもすごかったけど、凄すぎて見続けられないので、このぐらい肩の力の抜けたやつであれば、大丈夫かなー。

ウォーキング・デッドをもじった、イウォーキング・デッドのイラストも見たことあるな、そういや(^∇^)

d0026378_14045601.jpg


[PR]
by ulyssesjoycean | 2015-07-08 18:39 | Comments(0)