マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バスティアン・ヴィヴェス『詩的表現の実験』

 大雪でふらっふらになりながらの参加ということで、体力的にはヨレヨレだったものの、せっかくだからとバスティアン・ヴィヴェス、すがやみつる両氏の対談『詩的表現の実験』を聞いてきた。

d0026378_19483040.jpg

 同時通訳つきだったけれど、その音が通訳者ブースから漏れ聞こえてくるのか(でもマイクを通したような声だった気が)、ヴィヴェスさんのフランス語に集中していると、それにちょっと遅れて内容を伝える日本語が聞こえてくる――

 なもんで、脳みそがメチャクチャ混乱し、正直、会話の中身が全く頭に入ってこなかった。体力的な問題はともかく、あらためて語学のむずかしさを痛感した次第。フランス語が全く分からなければ、そういうことにはならなかっただろうから。
d0026378_19525781.jpg

 ただそんな中でも、後半の質疑応答時には、読者の問題ということがあり、誰それ向けということについては、ヴィヴェスさんも相当に言葉を選びつつ、そうした傾向には「stupide」という形容詞を使っていて非常にびっくりした。

 自分の言いたいことは何で、そしてそれを誰に伝えていくか、ということはプロ(=お金をもらう)であれば考えることだと思うけど、それとは違う立ち位置、というので驚いた次第。
d0026378_2005717.jpg

 そういえば前に、インディペンデント系のBD作家さん(フランス人)の話を聞いたときも、「自分はこうしたい!ということを主張すると、日本では『わがまま』『自分勝手』と捉えられがちだが、そういうことではないんです」とおっしゃっていたけど、それを想起させた。

 なので、通訳をはさんでということもあるし、言葉だけを額面通りに受け取るとヴィヴェスさんの意図とは異なってしまうかもしれず、このあたりは慎重にならないととは思うけど、またフランス作家さんの意識を垣間見た思い。
d0026378_201195.jpg

 (近年、フランスの作家さんを招いての交流も多くなったけど、今はお互いにこうした「違い」をガシガシ言っていく時期だとも思うし、またそこは遠慮せずドシドシ言うべきとも思う。

 あとは前述のように、会話の中身がほとんどアタマに入らなかったため、遠目からヴィヴェスさんのスケッチ[↑]をして過ごした。いつも思うけど、フランスの作家さんは下書きしないねー。それは日本マンガで育った身からすると大ショック)
[PR]
by ulyssesjoycean | 2014-02-10 21:29 | 駄文 | Comments(0)
<< 『私がモテてどうすんだ』の第二巻が! 『古文解釈の完成』が届きました >>