マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雑誌の「通読」は単行本より難しい? マンガ雑誌を見て思う

d0026378_10033240.jpg
(マンガ雑誌をヒョイとしたタイミングで購入しても、そこから「定期読者」になるのは何段階かハードルある気がする。購読してる人も「通読」となると話は変わってくるだろうし。通読ということで頭に浮かんだのは技術評論社の月刊誌『Software Desin』だったりする)

たまたま気になる作品が載っていると分かりマンガ雑誌を購入するも、フリで入った読者として「通読」するのはナカナカ大変だな、と感じる。

それで思い出したんだけど、『架空』の編集後記で川勝徳重さんが「もっと雑誌はゴチャゴチャしていて欲しいのです」(同誌15号)と書いてあったのは、こういうことかと。

名前を知ってるメジャーな作品でもカラーは相当違うし、単行本単位の「時間」で向き合うと楽しめる作品も、急に寄ってみました!なノリでは、チューニングが合わないのかな。

そもそもの雑誌のターゲット層と大きく外れれば見当違いだしーーというので、若手BD作家バスティアン・ヴィヴェスさんの話を思い出した。

講演会の席で話を聞きに行ったら、質疑応答の際にターゲット読者云々という質問が出て、そうした発想は良くないとバッサリ。

質問に何も不自然なところはなかったし、「ターゲット層」という考え方にも全く違和感なかったので、返事のバッサリな勢いに何か新鮮なものを感じた次第。

それを今回マンガ雑誌を手にして久々に思い出したけど、ターゲット層を特定すればするほど、何かのタイミングでやってきた「いちげんさん」は通り過ぎるほかないのだろうか。

ウェブ上のマンガも、とよ田みのるさんの赤さんマンガとか、TOBIさんの『お前ら全員めんどくさい!』など愛読してるけど、そっから別の作品を見てみる、という流れになってないな、と。

逆に通読した雑誌なんてあるかな?と考えたら、ピコピコ系の『Software Design』かなー。

ピコピコ系の情報をフォローするのに雑誌媒体かい、というツッコミもありそうだけど、自分の場合、「ピコピコが根っから大好きです!」ではないので、「全体像をザックリおさえる」というと雑誌単位がありがたい。

マンガ雑誌から専門誌まで、お世話になる反面「雑誌ってなんだろ」というのは意識してなかったかもなー。

それも、「最初から最後まで通読する」雑誌ってなんなんだろうと。「通読」視点で雑誌を考えてみるのもオモシロイかもしれない( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
by ulyssesjoycean | 2017-09-01 12:01 | Comments(0)
<< これは名著! 服部雄樹『HTM... 法律は「集合論」? Nozic... >>