マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


芳川泰久さんの新訳で『ボヴァリー夫人』に再挑戦

d0026378_18184685.jpg
(文学史的に大事とは分かってるんだけど、いまだに身近に感じられないフロベール。だったら放っておけばいいんだけど、ちょいちょい色んなところで出くわした結果、気になって素通りできない、といった雰囲気。ボヴァリー夫人も、芳川泰久さんによる新訳でチャレンジすることにした) 

日本だと二葉亭四迷がドーンと言文一致を打ち出して、どうも大変なことをやったらしいという知識はあるんだけど、やたら名前を聞く『浮雲』は手に取ったことないなぁ、という。

二葉亭さんに似たような立ち位置として、フランス文学のギュスターヴ・フロベールが思い浮かぶ。文学史的に大事なのはわかるけど、愛読というと違うしなぁ、と。

それが最近、ジョイスさんが一部を焼き捨ててしまったという『若き日の芸術家の肖像』の草稿を読んでたら(ややこしいな)、編者の紹介文中に「エンマ」という名前が出てくる。

おお、こりゃーフロベールさんの『ボヴァリー夫人』のことだろう!と。夫人はたしかエンマ・ボヴァリーと言うんじゃなかったか。

トロント大学のヒュー・ケナー先生もフロベールからジョイスの系譜を『ストイックなコメディアンたち』で追ってらしたけど、自分の場合はジョイスからフロベールに遡った形。

実際、若き日の〜は、フロベールの『感情教育』が元ネタらしく、後年、フロベールさんの原文に目を通したら、非常に似た雰囲気を感じる。競馬のシーンとか出てくるし。

それで愛読することになればいいんだけど、ジョイスさんほど軽快な感じがしないのがのめり込まない原因なのかなー。ジョイスさんはいつでもどこかしらコミカルな要素を感じるけど、フロベールさんにはそれを感じない。

だからこそジョイスさんはコミカルにやったのかわからないんだけど。近年、芳川泰久さんが新潮文庫から新訳を出していて、これはっ!と思うところがあったからチョコチョコ読み進めてる次第。

それはいいんだけど、むかーし持ってたボヴァリー夫人の原文で「そんなのあったっけ?」という出だしだったので面食らった。フランス語がわからないなりに、結婚式のご馳走がなんか美味しそうだな、というのは覚えてたんだけど。

変な話、先に日本語に目を通しておけば、なんだか遠い親戚のおじさんくらいの感覚しかないフロベールさんも多少は身近になるかな、という狙いもあったりする。

そういえば、フロベールさんの文章をすごい、これは革新的だ!と激賞してた人に、プルーストさんがいると、くだんの芳川さんの訳者あとがきに教えられる。

サント・ブーヴに反論する、とかいう一文は有名で、実際、サント・ブーヴさんが作家本人の生活や行状から作品の評価を引き出すのは宜しくないと、口調自体はやんわりなんだけど、コテンパンにしていたのがプルーストさん。

たしかにその通りだなぁ、またそうした生活や行状から評価されなかったボードレールさんは大変に不憫であるなぁとも思ったけど、フロベールの話なんてあったっけ?と。

だからなんというか、フロベールさんは要所要所に顔を出す要石みたいなもんか。20世紀の経済学を追っていくと、ここぞ!というところにケインズが出てくるみたいに。

ケインズさんもケインズさんで、やたら持って回った言い方ばかりするので、書き物の方を愛読する形にならないのは申し訳ない。

「この人がいないと歴史がうまくまとまらない!」みたいな重要人物がいるんだろうと思う。何にしてもピコピコ系の四角四面な世界にくたびれもしたので、フロベールさんの生真面目な文章にチャレンジしてみたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
by ulyssesjoycean | 2017-10-10 18:18 | Comments(0)
<< デザインがフツーになったら、ラ... 土地と場所と空き家と『池の水抜... >>