マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


JS誕生は1995年! でも何キッカケで「書き換える」必要生まれたの?

d0026378_11305038.jpg

(どの参考書を選ぶかが決定的なのは、語学もピコピコもあんま変わんない大モンダイ。で、イエズス会ではないJSも、学参レベルで山ほどテキスト出てるけど、ピコピコ初心者的に使いやすいものはそんな多くないのは、これもまた語学と一緒。で、狩野祐東さんの『確かな力が身につくJavaScript「超」入門』は丁寧な作りがされていて好印象。SB Creativeから税抜き2,480円にて発売中)


イエズス会とはまるで関係のないJSを齧って少し経ったけど、結局その「歴史」が気になって進むペースがやたら遅くなる。


JSで出来ること、使い方やその思想はいいとして、「なんでそんな使い方をしなければいけなかったんだろう」と考えてしまう。


HT何とかと滝ドドド書式では、一回開いちゃった画面は動かせませんよ、もう一度読み込むなり何なりしないと変化しませんよーー


で、ページ全体を再読み込みしなくても、ザックリ見るもの上でアクティブに書き換えることができる、それがJS!


いや、それは分かった。それとは別に、「なんでザックリ見るもの上で書き換える『必要』があったのか」、それが知りたいんです。


テクノロジーは先へ先へと進みたがる要素もあるけど、一方で「使う側が慣れてしまう」という側面もある。


ドナルド・ノーマン先生のプロダクトデザイン本を読んでいて、たしかに「使いにくいけれども、使ってるうちに慣れちゃった」ものはちょいちょい見つかる。掃除機の巻き取りコードとか( ´ ▽ ` )ノ


その発想で行くと、「再度読み込まないと表示内容を変えられない」のであれば、「表示内容を変えたいときは再度読み込む」という方向で慣れる手もあったはず。


JSがオギャーと生まれたのは1995年とからしいから、「再度読み込み」では大変マズイことがあったのか、それとも別の事情があったのかどうか。


*単純に考えれば、ひっきりなしに再度読み込みされたら、その申し込みを受け付ける網受け渡し係の負担がハンパない、という物理的な要因の気がするけど


前に網受け渡し係作成の本を読んだら、網の世界は「その都度つぎたしつぎたし」で出来上がってる世界だそうな。


そのそものナントカアドレスにしても、ジャ◯ーズ事務所と全く関係のないV4でスタートしたら、あっという間に足りなくてなってきたとか。


最初は全世界で400住所だったから、「そもそもこんなに広まると思ってなかった」そう。なもんで住所の割り振りも(後から考えれば)極めて非効率的だったという。


このままじゃ住所が足りなくなる!というので、より堅実な設計思想でタレント方面とは何の関係もないV6をバッチリ整備したんだけどーーこれがさして浸透しないという。


V4を「どうにかやりくりする」方向へはグングン進むんだけど、設計的にはしっかりしてるはずのV6への移行が進まないというあたり、なんか網っぽい話だなぁと。


*そもそもの設計から効率的に作り直したのに、一番最初にV6を作った人たちはどう思ったんだろう


網はとにかく「必要に迫られる中で何とかしちゃう」スタンスで発展してきたそうだから、JSを使ってでも「何とかしなくちゃいけない」理由があったんじゃないか。


最初からピコピコいじりが好きならともかく、HT何とかと滝ドドド書式とJSが3セットみたいに語られてると、単に「役に立つから」では学習意欲に繋がらない。


またその手の人に話を聞いたら、「JSをやると紐がすごく汚くなるんだよ」という意見も。


自分のショボい紐技術でも、大文字小文字が一緒くたになった命令文とか、カッコがやたら続くとか、決して読みやすくない。


もっと言うと、JSは「HT何とかと滝ドドド書式だけではできないことをやります!」と書かれてるってことは、「HT何とかと滝ドドド書式で出来ることは、可能な限りその2つでやってしまおう!」とも読める。


実際、網遺跡を最初に作ったところ、あれ? JSというものを一回も使わないまま完成しちゃったけど、使わなくっても作れるんだ!とビックリしたから。


ドラクエで例えると、攻撃呪文のメラゾーマと回復のホイミは必須としても、補助系のボミオスとかマホトラはあんま覚える気にならない的な(^∇^)。スクルトとピオリムは欲しいけど。


JSの創始者と言われる人の名前も分かったけど、悲しいかな、バリバリのピコピコラーらしく、自著らしい自著はないのな。


ピコピコを多少なりとも使うようになるってことは「最初から得意な人」の視点だけではやってけない面あると思うけど、実際、「ピコピコ紐を教えられる人」は相当少ないそうな。


自分も超後ろ向きな理由から紐ingを始めたので、「得意でない人はこの辺がギモン!」というのをちゃんとメモっておきたいなと思う。


それもあって、「ピコピコ」「網」「受け渡し係」「紐ing」「滝ドドド書式」なんて、メンドクサイ言い回しにしてるんだけれども(^∇^)


まだ齧ってるレベルなのに、本式の言葉遣いは気恥ずかしい面がある。「お互いウインウインの関係を構築していくことがマストなストラテジーですよね」みたいな気がして^_^


[PR]
by ulyssesjoycean | 2018-02-14 12:00 | ピコピコ武者修行 | Comments(0)
<< グループ分けすると仲が悪くなる... ヴァレリーさんは辞書⁈ プレイ... >>