マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


グループ分けすると仲が悪くなる? 文系理系のなんだかなー話

d0026378_17393519.jpg
(「好奇心」がテーマの『子どもは40000回質問する』。いまだにちょいちょい思い出すことあるので、その意味でも良い本だったと思う。光文社から税込1,944円にて発売中)

このところ文系・理系の分断というか反目関連の話が目につくので、なんだかなー!と阿藤快ばりに思ったりする。


一方で、それも致し方ないという気分も。苦手意識あった数学&ピコピコ方面をこの1〜2年でみっちりやってみた結果、アプローチがまるで違うんだもの。


新しいものを追加するんじゃなくて、今までの自分のやり方を一度「解体」しないと、ニガテ方面の内容が摂取できないという。


*あくまで個人の感想です。なんかサプリメントのCMみたいだけど(^∇^)


「今日から左手にハシを持ってご飯を食べる」感覚なので、これ、「そうせざるを得ない事情」がない限り、そりゃやらないだろうと。


たぶんこれ、語学がニガテな人は自分が数学のメチャメチャ細かいところに突っかかるように、小さいことが気になって仕方ないんだろうなー。


実際問題として、ニガテ分野は「自分の得意な考え方を崩す」ところからスタートなので、学習コストはバカでかい。そのあたりで互いに分断が生じるのは仕方がないのかな、という気も。


それとは別なところで言うと、文系理系に限らず、何らかのクラス分けがされた瞬間から反目は始まってしまうそう。それこそ1組と2組でも、2年生と3年生でも、犬派猫派でも何でもそうらしい。


『子どもは40000回質問する』に書いてあったと記憶するけど、グループを2組に分けた段階から双方に良くない意味での対抗意識が生まれてしまい、実験を指揮した心理学者がたいへん困った由。


実験後も仲違いしたままではマズイ、というところから、打開策として「両グループが協働で取り組む課題」に取り組んだところ、もとのグループの親和性が回復されたそうな。よかったよかった。


そうしてみると、文系理系が阿藤快状態なのは、「両グループが協働で取り組む課題」が見つからないあたりにその原因があるのかな。


「あとはそっちでイイ感じにやっておいて」という、そりゃないよフレーズがあるけど、アダム・スミス先生言うところの分業が、心理的には大変なマイナス効果。


それでいて、手ごろな「両グループが協働で取り組む課題」がカンタンには見つからないのだから困る。


自分の経験から言うと、案外デザインの分野と数学が相性いいので、ほう!と思ったりする。


限られた画面サイズの中に、決まった要素を効果的に配置していこうとすると、どうやったって規則的に分割することになる。


そういうとき、画面の大きさが〇〇ピクセルで、これを3分割して、余白は✖️✖️あればいいから、1つの要素は△△ピクセルだ!なんて。


やっぱり最終的には「ビジュアル」が共通解になるのかね。


言葉はコミュニケーションの大事なものではあるけど、使う人の記憶と経験が加味されてるから、ヒドイ時には単語と表現は同じなのに、AさんとBさんが反対のことを言ってたりする。


言葉のそういう側面につくづくゲンナリした結果、「これからは絵をやろう」とスタフォード先生について行って、はやくも干支も一回り。


今になってみると、絵の方が評判良かったりして、最初に言ってたのとは違う意味で阿藤快のナンダカナーになったりする( ´ ▽ ` )ノ


少なくとも、超ニガテ分野を覚えるより、絵を描くのを覚える方がずっと抵抗は少ない(*と思う)ので、「ビジュアルコミュニケーション」がもっと広まるといいんだけど。


一時期「写真」でもいいのでは?と思ったんだけど、ある時、「あっ! 絵は『そこにない』ものも描けるけど、写真は『ないもの』を手軽に撮影できないぞ」と気付いたりして。


あと自分的に絵を学んで良かったことは「描かなくても描けるようになる」ということだな(^∇^)。


名アニメーターの湖川さんがおっしゃってたのを読んで、こりゃいいやと。


花を見る時、それまでは漠然と「花」として見てたけど、「花びらが何枚あるか」と気にして観察すれば、あとは描けるようになったものな。


実は書き文字よりも絵の方がずっと歴史は長いらしく、だってアルタミラとかラスコーの洞窟に「壁画」が描いてあるでしょ、と。なるほどなぁ。


そんな次第でいつもの話に戻るのだけど、ビジュアルは描けるようになるとたいへん結構なものだと、スタフォード先生にはあらためて感謝。


もっとも「スタフォード読んで絵を描き始めた人なんていないですよ」と至極もっともな意見ももらったけれども( ´ ▽ ` )ノ



[PR]
by ulyssesjoycean | 2018-02-16 18:00 | Comments(0)
<< 日本思想はどうもナーだけど、中... JS誕生は1995年! でも何... >>