マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


JSやるのに、なぜかOED引いてる回り道。でも実は近道( ´ ▽ ` )ノ

d0026378_23175481.jpg
(JS誕生の歴史も、運営元の長文資料に目を通してやっとそれなりに納得するーーが! 結局、「ザックリ見るもの」開発が関わっているとわかってしまい、そっちも調べないといけないとか、泥沼もいいところ。゚(゚´Д`゚)゚。  でも「中途半端」は結局身につかないと知ってるので、やれるとこまでやろう。それにしてもオライリーは何の本でも出してるな)

いちいち断るのも面倒になってきたイエズス会でない方のJS。誕生の背景を知るには結局運営元の正式な資料を読むしかないとわかり、「言葉」の枚数換算で英文25枚に目を通す。

でもおかけで、「そういうことか」というのは納得いった。網がだんだん広まっていく過程で、「網をザックリ見るもの」も今後はこうなるだろう、こうなってほしい、まちょと覚悟はしておけ。

ピコピコの例えに関白宣言を持ち出してダメダメにするのが、このブログの矜持だけれども(*大げさ)、要は「色んな人が使う以上、バリバリのピコピコラー以外の人が使える環境を用意しよう」と、まずそんなことだったらしい。

あとはそこに大人の事情が絡まりあって、何のかんのでJSが生まれ、また品種改良のごとくバージョンアップしながら年月と共に整理されてったそうな。

文面読む限り、JSは初期の網に関わるようなデザイナー、スクリプター(というのは多分、滝ドドド書式の設定をする人だと思うけど)、その他の「Notピコピコラー」を対象にしてる由。

それで落ち着いたかと思ったら、Notピコピコラーの人たちが専用の環境なくても「ザックリ見るもの」上で操作できるのがJSの強みとして語られてて、これ、結局「ザックリ見るもの」のこともわかってなきゃいけない雰囲気。

ピコピコラーさんたちから大変評判悪かった「網の中冒険家」も最近は「突端」と名前が変わったり、「火狐」に「量子」が付いたり、「ザックリ見るもの」界隈も色々と喧しい。

たくさんの人が使ってるのは「色」だと思うけど、自分のピコピコとは仲が良くないのと、知らないうちに新しい何かが入っていて、それで急にザックリ見るものが動かなくなったりしたので、けっこう前から火狐に完全移行。

今回、正式の資料読んではじめて知ったんだけど、「根付」の後継が「火狐」だったのね。なーんでJSの資料が「ゴジラ&モスラ」的な会社にあるのかわからなかったけど、根付の会社からの流れだったのね。根付の会社が、JSを作ってたそうだから。

*もはや暗号めいてきたけど、どのみちこれを正式に名称でやったって同じことになるので、それならもっとテキトーな名前にしちゃえスタンス(^∇^)

これまで、「ザックリ見るもの」についてはほとんど考えたことがなかった。ピコピコ本体はなんとか自分でも直せるようにと知恵もつき、動かす方のピコピコ命令文にも抵抗はだいぶ少なくなった。

ところが網を見るために使ってる「ザックリ見るもの」さんをまるで知らないのもどうなのかな、とちょっと考え始める。現金じゃないキャッシュを扱ったり、色んなことをしてるわけで。

ーーまあ、こういうことをやっていくと際限がないんだけど、ピコピコ参考書を読みはじめた頃、どれを手に取っても「基礎がない」と嘆きが共通してたんで、ひとつ、門外漢が基礎の基礎からやってやろうじゃないか!と。

なんでピコピコを相手にすると、スコットランド対イングランドみたいになるのかわからないけど(^∇^)、何事も中途半端はいちばん面白くないからなー。

前に阿佐田哲也さんの『ドサ健ばくち地獄』を読んだら、ピカレスクヒーローたるドサ健が、「オレはなんでもとことんまでやりてえんだ」と言ってて、そこに共感したからなぁ。

あとはマジメな話、もともと得意な人は苦手な人がどこに突っかかるか知りようがないので、「この辺が引っかかり」とフォローしていかないと、得意は得意、苦手は苦手だけで終わっちゃって、何一つプラスがない。

でも自分がピコピコに取り組む時に心底良かったと思えるのは、英語の資料が使えることだなー。parseIntなんて出てきてもナゾナゾでしかないけど、ちゃんとOEDで調べれば納得がいく。

ここまで書いてきて思ったけど、なにかスキルを身につけるときに大事なことって「自分が納得できるか」どうかなのかもしれない。

高山御大がよくやる「OEDで語源チェック」も、基本的なことながら「納得感」の向上にはメチャメチャ意義がある。

で、ピコピコの世界に違和感とか抵抗あったのは、たぶんこの辺に理由があるんだろう。この人、「parseInt」という命令文の「使い方」は知ってるけど、parseとIntに、「それぞれどんな意味があるか」がアヤフヤだ、なんて。

別にピコピコに限らず、どの分野でもそうなんだろうけど。前に必要に迫られてEnglish Accountingの本を読んだら、CRとDRが何なのか、尋ねてはいけないなんて書いてあった。

調べれば必ずわかることなのに、なんで調べないのかな、と思うけど、よくよく考えたら、江戸時代の本居宣長先生も「調べればすぐわかるのに、なぜ調べないのか」と怒ってらしたな(^∇^)

でも結局、調べた方が身につくし、身についた知識が長持ちするんだから、結局「ザックリ見るもの」も調べたりするんだろう。『不思議のダンジョン』的なマゾゲーと思って楽しむことにする( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
by ulyssesjoycean | 2018-02-18 12:00 | ピコピコ武者修行 | Comments(0)
<< 古代ギリシャの鉄板ネタ「昔は良... 日本思想はどうもナーだけど、中... >>