人気ブログランキング |

マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
> 0e3さん コメ..
by ulyssesjoycean at 09:09
図版ではなく、文章を評価..
by 0e3 at 08:21
> 通りすがりさん ..
by ulyssesjoycean at 20:23
自分にないものを知ること..
by 通りすがり at 17:06
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


こども=「知恵の実」以前

「七歳までは神のうち」―――ものごころがつく前の子どもは「エデンの園」、しかも「知恵の実」を食べる前のアダムとイヴに等しい―――簡単に言うと、「服(ファッション)」がいらない世界の住人ということ。しかし、これではなんだか分からないから順を追って説明していこう。

 キリスト教の説明では、神が最初の人間アダムを創(つく)り、その肋骨からイヴを創った。その二人が住んでいた楽園が「エデンの園」。ここでは二人とも働かなくていいし、食べ物もあった。それをサタンがそそのかして「知恵の実」を食べさせ、二人は知恵がつき、イチヂクの葉で局部を覆った。それを見た神はお怒りになって二人を追放し、男は労働と、女は陣痛という重荷を背負わなければいけなくなった―――これが有名な「楽園追放」のエピソードである。
d0026378_18283619.jpg

(fig. from
http://www.kitanet.ne.jp/~yeomam/04.jpg)

 このエピソード自体は非常に有名で別になんでもない話だが、この二人が身につけた「イチヂクの葉」―――これが人類最初の「服」だ、というのはルドルフスキー『みっともない人体』に教えられるまで気がつかなかった。
d0026378_1832149.jpg

(fig. from
http://www.home-takumi.com/nikki/syuukaku.jpg)

 ここから少し話は飛んで、「詐欺」について考えてみる。詐欺師に騙される人間(カモ)の特徴として「服装とそれを着ている人間をイコールだと思う」というのがある。つまり身なりが立派な人間は、人間としても立派だと思い込んでいる―――そういう人は詐欺師の「立派な身なり」にコロっと引っかかる。なるほど、頷ける話だ。

 その反対にいくら詐欺師ががんばっても引っかからないのが「子ども」である。子どもというのは詐欺師の天敵であり、立派な身なりにも決して騙されてくれない。子どもにとって「服(ファッション)」などというのは、全く眼中にない。

 ここでハタと気がつく。服が眼中にない―――つまり「服というのはあってもなくても一緒」―――そうか、子どもは知恵の実を食べる以前の存在なのだ。今まで「子ども」「詐欺」を結びつけるピースが埋まらず悩んでいたが、「神である子ども」「服」なんてものに関心がない、だからこそ、詐欺師が持つ最大の武器「見かけの立派さ」に、ことごとく打ち勝ってしまう。ようやっと合点がいった。
d0026378_18292890.jpg

by ulyssesjoycean | 2006-03-30 17:57 | 詐欺の文化史 | Comments(1)
Commented by リル at 2006-03-31 09:56 x
子供って、かわいい顔して残酷な面持ってるでしょ?そういう意味でも、私は“子供っぽい”かも。
<< からだの意識=独創的 「好き嫌い」=「なんにもない」 >>