マンガとアニメーションと人文を、脱線(Digression)でつなぐブログ。
by ulyssesjoycean
カテゴリ
全体
駄文
高山宏講演『脳にいい人文学』
佐々木果、「コマ」を語る
グルンステン×高山宏
物語の中の動物
ヴィジュアリゼイション
詐欺の文化史
探偵する小説
美しい洋書たち
翻訳小説『サンタール』
翻訳小説『七人の男(抄)』
ピコピコ武者修行
翻訳小説『不安な墓場』
シロクマの文学雑学コレクション
ネコログ
今日のなぐり書き
語学参考書
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
ライフログ
フォロー中のブログ
幻戯書房NEWS
前田真宏のINUBOE
最新のコメント
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:21
度々すいません・・訂正で..
by 右往左往 at 11:17
早速お答えいただいて有難..
by 右往左往 at 11:13
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 12:53
どうも度々お邪魔してすみ..
by 右往左往 at 12:03
>右往左往さん コ..
by ulyssesjoycean at 16:55
どうもお久しぶりですお邪..
by 右往左往 at 00:03
>mimizoさん ..
by ulyssesjoycean at 23:41
こりはまんぞくさんではな..
by mimizo0603 at 16:33
>右往左往さん コメン..
by ulyssesjoycean at 10:46
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームズの推理とアブダクション

「アフガニスタンにいらっしゃいましたね?」と、ワトソンの経歴をずばり言い当てたホームズ―――この思考法を「アブダクション」という。「帰納法(induction)」とも「演繹法(deduction)」とも違う「アブダクション(abduction)」―――どうやらC・S・パースという論理学者が打ち立てた考え方らしい。
d0026378_18421245.jpg

(チャールズ・サンダース・パース)

 帰納法は経験から原則を見つけ、演繹法は原則から事例を導き出すが、論理学のややこしい説明を抜きにして大雑把に言うと、アブダクションとは「観察した事実を説明する仮説を立てる」―――「~かもしれない」の考え方だという。

 この一番の例が、エドガー・アラン・ポオ『モルグ街の殺人』。探偵オーギュスト・デュパンが、道を歩きながら、友人のちょっとした仕草・口ぶりから、今現在この友人が考えていることに到達する―――「アフガニスタンにいらっしゃいましたね?」は、ホームズというかドイル流のオマージュだということになる。
d0026378_18425238.jpg

 ところがこういう思考法を実際にやっていた人もいて、それがドイルの恩師ジョセフ・ベル。来た患者の「外見を読んで」、その人の経歴を次々言い当てていくその様子にコナン・ドイルは度肝を抜かれたらしい。ホームズものの第一作『緋色の研究』「きみは軍隊にいたことがあるね?」という件(くだり)があるが、あれはベル先生を模したものだという。
d0026378_18423537.jpg

(ジョセフ・ベル)

 シャーロック・ホームズというのは、この「アブダクション」を延々と再生産し続ける物語。『四つの署名』の冒頭から、ワトソンの持っている時計を「読み解いて」、その経歴をズバリ言い当てる―――外形を読んで内面を知るというのは、まるっきり「観相学(フィジオノミー)」で、要するに「全ては顔に書いてある」という考え方である。

 先日密室トリックの巨匠ディクスン・カー『三つの棺』を読んでいたら、登場人物の描写があまりに「観相学」そのものなので、笑ってしまった。「こういう性格をしている」とは絶対に書かず「髪の色はこうで、瞳の色はこうで、あごの形は、ひたいは・・・」と顔の描写ばかりが続く。
d0026378_19512634.jpg

 小説ぐらいだと笑ってすむが、これを実生活でもやろうとする人間がいたりするから話はややこしくなる。血液型占い・星占いの相性診断・「なんたらの泉」―――これすべて、十九世紀を席巻した観相学、その延長線上にある考え方。「楽しいんだからいいじゃないか」と安易に言う人がいたりするが、観相学は最終的に「ナチス」に行き着いた―――ということを知って、まだ笑っていられるだろうか―――といっても、やっぱり笑ってるから困ってしまうんだよなぁ。
[PR]
by ulyssesjoycean | 2006-06-26 18:41 | 探偵する小説 | Comments(0)
<< 推理小説はいつからあるか 指紋とシャーロック・ホームズ  >>